2017
05.21

セイコー サードにステンベルト サテンと鏡面の無駄なやりとり

Category: 未分類
以前、購入したセイコーサードの復刻版。

個人的にウレタンベルトがなんだかあまり好きではなかったので

ステンベルトに交換する事に。


オクにて純正品が売っていたので落札し

早速装着。

う〜む、やっぱりこっちの方が断然いいな。

となった訳である。


その間に、私のアホな所行があった訳だけれど…。



そのアホな所業というのは

ケース本体の処理について。

もともと、海外製なので、国内品と比べると

ケースの研磨や処理はあまりよくない。

このサードについては、丸い独特のラインが

多い為に、甘い処理が目立ちやすいと思う。


個体差はあると思うが、私のサードに付いては

そこがあまり良くないように思えた。


どこら辺が気になったかというと

ラグ付近の上部分。

ここら辺がなんだかでこぼこしているような感じに

見えたのが一番気になった。

まぁ、でもこういうものか…、仕方が無いか…

と思ってはいたのだが、見れば見るほどに気になって行くのが

腕時計というもの。


そこで何をおもったか私がとんでもない行動にでた。

でこぼこしてるようにみえるなら研磨しちゃえばいいじゃんと…。


ここで、サードをもっている方なら、思うはずである。

おいおい!ちょっとまてよ!そこはサテン処理されてるから

研磨したら…と。


そうなのである。

間違いなくそうなのである。

それなのに研磨しちゃったのである…。

しまくっちゃったのである。


研磨し始めて、しばらくして

あっ…ってなりました。

なりますよねそれは…。


その時の残念な画像をご覧下さい…↓

sa-dosuten-1.jpg

つるんっ!

つるんですw

なんでしょ、このやり場のない

後悔…。

泣きました…(嘘です)


結局、取りあえずすべてのサテン部を鏡面にしてみた所

あ〜ら不思議、なんとも安っぽい感じに仕上がりましたw


ほんと…、ひどいもんです…。

しかもこの部分は円形にサテン処理されているから

なんの機器も持たない自分では修復不可能…。

やっちまいました…w


ということで、このままじゃいかん!

と、取りあえずケース研磨の修理に出す事に!

ほんと無駄な時間と金をカケました…。


取りあえず、今回はタムタイムにお願いしました。

お願いをするにあたりメールで画像を送ったり

メールでやり取りを数回したのですが

その中でこんな事を…

「弊社の研磨技術者はセイコークレドールの新品研磨に
永年かかわってきたベテラン技術者です。」

おお〜っ!すごいじゃんと。

これは期待できますなw

とお願いをした次第。


結局3月終わりくらいにお願いして、当初3週間くらいで終わる予定が

5月の10日を過ぎても連絡無し…。

職人さんをせかすのは気が引けるが

取りあえず確認してみよう…とメールした所

なんか完了してたらしく慌てて、発送してくれた。

そして無駄に時間と金を掛けて戻って参りましたのがこちら↓


sa-dosuten-4.jpg
sa-dosuten-2.jpg

うんうん、文句ないっす。

元にもどりましたw

心無しか前のでこぼこ感も消えている。

良かったよかった。

sa-dosuten-3.jpg

やっぱりこれでなきゃ。

sa-dosuten-5.jpg

ステンベルトはやっぱりいいな、

sa-dosuten-6.jpg

ブラックにはこの金属感がやっぱりあっているとおもう。

最近ではルンルンで休日につけております。


今回無駄に時間と金をかけて分かった事は

「サテン部を鏡面には絶対にするな!そのサテンには意味がある!」ということでしたw

なんか非常に頭の悪い感じですねw

無駄にケース痩せさせてしまいました…。


まぁ、でもなんでも経験です!

なんだかんだで面白かったし、記事にもなったしw


一段落したのでこれからはまた

すこし、このサードを改良していきますか!

ほとんど、他のブログを書いている人にやり尽されてる感は

ありますが、やはりあとは

風防をサファイヤドーム風防に交換するのと

曜日を英語日本語に交換することですかね。

これは取りあえず7月以降になりそうです。

何故7月以降かというと


7月に私の欲しいダイバーが出るからです…。

そう…、セイコーの現代版ファースト。

sa-dosuten-8.jpg
SBDC051

うーん、いいですね〜。

でも最初みた時は、んんっ?って感じだったんですが

だんだんと欲しくなってしまいました。

SBDC053という青文字盤のものもあるのですが

それとも迷っていて、多分店頭で試着していい方を買うと思います。

楽しみ楽しみ。


なのでそれまではサードをてばなしたくないのです!


あと、このSBDC051の文字盤デザインが

インデックス台形になってる所が個人的に余り好きではないのですが

試しに、四角を小さくしたのを配置した画像を作ってみました。

sa-dosuten-9.jpg

こっちの方が私的には好きですけどね…。

まぁ、セイコーのダイバーって少し癖がある方が愛着湧くし

台形でいいのかな…ともおもっています。


あと、青文字盤でステンベルト着きのほしいなーと。

多分でないんだろうけど。

青にするとしたらまた、別途購入するんだろうなー…。

最初から選べればいいのになー。


まぁ、取りあえずは7月だ!

それまではふんばるぞ!


やっぱり腕時計っていいよね!

sa-dosuten-7.jpg

Comment:1  Trackback:0

back-to-top