2019
07.30

ヴィンテージグラスヒュッテ 浮き竜頭

Category: 未分類
梅雨も終わり、やっと晴れたと思ったら今度は

とてつもない暑さ…。

みなさまどうお過ごしでしょうか?

私は今年はついに日傘男子デビューする予定です。

無印で折りたたみ日傘買いましたw

本当に危険な暑さなので、水分補給など十分に策をこうじましょう!



ということで、久しぶりの記事更新です。

今回は、グラスヒュッテ について書きたいと思います。


数ヶ月前に某オクで落札した、GUB時代のグラスヒュッテ 。

GUBとはなんぞやとしらべてみました。

Glasshutter Uhrenbetrieb GmbH の略なんだそうで

直訳すると「グラスヒュッテ時計工場有限会社」となるそう。

ほ、ほ〜ん…と。


これは第二次大戦後の1951年に、東ドイツ体制下でグラスヒュッテ の町の時計会社が全て

グラスヒュッテ国営時計会社(GUB)に統合されたとのこと。

1990年にグラスヒュッテ 国営時計会社は民営化されて、グラスヒュッテ・オリジナルとなったらしい。

まぁ、だから今のグラスヒュッテ とは別物ってことですねw


GUB時代のグラスヒュッテ はオリジナルと違って

今でも結構安く手に入れることができる。

ドイツの時計、グラスヒュッテ 。

私はこの響きだけでなんだかほしいなぁーと手をだしてしまいましたw


ただ、なかなか気に入ったモデルがなくて

保留にすること数年。

数ヶ月前にこれだ!というものを手に入れた次第ですW


とりあえず画像↓

gurasuhyutte01.jpg
gurasuhyutte02.jpg

いわゆるクッション型というやつですね。

文字盤はリダンなのかオリジナルなのか不明ですが

いい感じに焼けています。

gurasuhyutte03.jpg

裏蓋にはGUBのマークがありますね。

文字盤もそうですが、MADE IN GDRとあります。

このGDRは(旧)東ドイツ=ドイツ民主共和国の英語表記German-Democratic-Republicの略

なんだそうです。


ケースは磨き直されているようで非常にきれいです。

gurasuhyutte04.jpg

腕につけた感じも、少し小ぶりで上品でいいです。

これくらいが日本人にはあいますね。


ちなみにこの時計。

落札した時、商品が家に届いてわかったんですが、

なんだか竜頭が浮いていたんですよね。

最後まで押し込めない…。

多分社外製の竜頭に適当にこうかんされたんだろうなぁと思います。

gurasuhyutte05.jpg

その時の写真です。

うん。浮いてるw


なので、らくさつしてからすぐに時計屋に持って行き

リューズをかえてもらいました。

今はちゃんとぴったりとあっていますw


今の時期はヴィンテージには日差しも汗も厳しいので秋頃に

つけようとおもっていますw


ちなみにこの時計は文字盤のデザインが気に入りました。

カクカクした金のアラビア数字にやられましたw

文字盤が金のインデックスなのにケースは銀

これはもしかしたら、ケースを変えたのかもしれないなとか

ちょっと思いましたけど、これはこれでかっこいいです!

まぁ、ヴィンテージはなにがあるかわかりませんが

そういうところもまた良し!

じっくり味わいましょう!


やっぱり腕時計っていいよね!
Comment:0  Trackback:0
2019
06.30

懐かしい時計

Category: 未分類
最近は雨でジトジトした日々が続き

雨が止んだかと思うと、暑かったり

会社のエアコンが効きすぎていたりと

体調を崩しがちの私です…。



相変わらずの時計病は続き

私はいつになったら満足するのだろうと

少しだけおもうのだけれど

それでもいろんな時計をしたいなーと

思うのです。



ゴールデンウィーク前の話。

スイスのヴィンテージ時計を

ebayで代行屋にて落としたわけですが

なかなか商品が届かず、

まぁ、海外からだから焦らずじっと待つか

なんて思っていたわけですが

それでもなかなか届かず

一ヶ月経った時に、代行屋に連絡して

PAYPALに色々とやってもらったわけですが

それでも商品発送の有無は確認できず

今度はエスカレート手続きへと現在至っています…。

なんだか本当に商品が到着するのだろうかと

不安になっていますが、最悪届かないということとか

返金もされないということも考えておかなければならないなぁと。

かつてこういうことはなかったので結構凹んではおりますが

勉強代ということでしょうね。



そんな中、またもや時計を手に入れる私。(懲りない)

黒文字盤の時計が欲しいと思っていて

中野なんかにちょくちょく顔を出したりしていたんですが

値段が釣り合わず渋っていたところ

某オクで、ちょうどいいのを発見し、落札にいたりました。

ということで、画像をのっけようと思いますw

5sports03.jpg

セイコーのスポーツマチック5です!

前に金色をもっていたのですが、最近状態のいい金が見つからず

黒が欲しかった時にこれをみつけたのです。

懐かしいフォルムです。

なんだかんだで、いい時計です。

この時期革はつらいので、ナイロンベルトつけましたw

カジュアルですが、悪くないです。

5sports02.jpg

革のベルトも多分いい感じで似合うことでしょう。

こげ茶とかいいですね。

日差もそこそこで問題なく稼働しているのですが、1つ2つもんだいが…w

まずは、写真を見ていただけるとわかると思うのですが

長針の位置がおかしい。

写真では23分くらいをさしているのに、長針の位置が9時ぴったり。

ずれていますね…。

5sports04.jpg

それと上の写真見ていただけるとわかると思うのですが、

ちょっと、竜頭が曲がっている…。

これも、一応ちゃんと回るので問題はないのだが気になる。

またオーバーホール&修理かな…。


前につけていたということもあって

懐かしい&落ち着く。

5sports01.jpg

やっぱりいいもんですね。

国産!

コママークがついていたり

セイコーロゴが上についていたりするものなど

スポーツマチック5にはいろんな文字盤表記があるんですが

私はこのシンプルなタイプが一番好きです。


やっぱり腕時計っていいね!
Comment:0  Trackback:0
2019
06.03

シチズン シリーズ8 801ジャン、修理完了

Category: 未分類
急に暑くなったり、朝方冷え込んだりと

寒暖差が激しい中、時々体を壊したりする私です。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。



今年の3月に、緑のあいつがなかなか修理から帰ってこない

イラつきもあり、私は1本の時計をオクで落札していました。

それはシチズンのシリーズ8です。


私は、それ以前からシリーズ8を所有していて

802と803を所有していました。

803は新品で購入。

前回参照記事

802はジャンクで購入。

前回参照記事

802はジャンクだったので、動くかどうかカケみたいな感じで格安で購入し

問題なく、稼働した。

それに味をしめた私は、803と802をもっているのだから

次は801か、などと密かに801のジャンク格安を狙ったりしていた。


しかし、801はデザイン的にもある程度人気のある

モデルなので、格安ジャンクというのはなかなか出てこなかった。

安いといっても、6万くらいの中古品が結構多い感じ。

前回802を2万で購入し、今も問題なく稼働していて仕事で使っている

私からしたら少々、高く感じてしまう。


そんな中、ベルトなしの本体のみのジャンク801が現れた!

私は初めから目をつけていたので、慎重に高くなりすぎないように入札していき

なんとか2万円くらいで落札成功!

やったー!などと浮かれていたのもつかの間…。

この801は少々問題児であった…。

この子↓

801-7.jpg

サビが結構ありました…。



家に時計が届くとすぐに汚れを落としてから、陽の光に十分に当ててやった。

すると前回同様、秒針が動き始めたではないか!

よっしゃー!と思い竜頭で針回しをしようと思ったら…。

なんとこの801竜頭がビクともしない…。

ま、まさかね…と思いつつなんども押したり引いたり回したりを

根気よく試したが一向に回る気配なし…。

こりゃ、入院だ…と意気消沈…。


早速シチズンに問い合わせ開始…。

状態が見たいとのことで、シチズンからの梱包材が届いたので

シチズンに配送した。

診断結果は、結構ひどかった。

診断結果というよりも、見積もりが結構すごかったw

まぁ、余裕で購入金額は超えていてw

う〜んとなったわけだけど、結局直さないことには使えないわけで

このまま動かないジャンクを持っていてもしょうがない!というのもあり

じゃ、じゃぁお願いします!と修理を敢行!

3ヶ月くらいかかるとのことで、その間に金の整理をつけねば!

なんてしていたら、色々と私情で金が飛んでったりしていて

ま、まだだよね?なんて思っていたら

2ヶ月も経たないうちに「なおりましたー!商品の到着いつがいいですか?」なんて

メールが…。


えっ!?緑のあいつの修理代で疲弊しているのまた?みたいな感じでしたw



まぁ、そんなこんなで今はかなりの金欠…。

でも、大きな修理は801で最後なので、やっと落ち着いた感でいっぱいです。


ということでとりあえず画像をアップさせていただきますw

801-2.jpg

ジャーン。まぁ、このシリーズのジャンクに有りがちな、ガラスの塗装ハゲはすこしありましたが

私的には全然気になりません。

竜頭の交換と、オーバーホールに加えてパッキンや、ボタンなどもろもろと交換したりなんかして…

あとベルトも、ラバーベルトですが純正のをつけてもらいましたが、

ベルトの調整の仕方がわからなかったので、とりあえずありものの革ベルトをつけてみました。

この時計に革ベルトはないだろーと思いきや、結構似合ってるw

これは、秋冬にありだなーとおもいました。

しかしながら夏につけたいので、市販の安いシリコンベルトに交換しましたw

801-3.jpg

500円で購入したにも関わらずバッチリあっていますw

素晴らしいw

オリジナルのベルトはもはや用済みですw

というかオリジナルのはラグのところにぴっちりはまるタイプなので

折りたたんで置けないんですよね。

私としては折りたたんでおきたいわけです。

こんな風に。

801-1.jpg

うんうん。やっぱりこれですw

ちなみにオリジナルのベルトはこれ。

801-5.jpg
801-6.jpg

これ、ほんとどうやって調節するの?

普通の奴は滑らせて、腕まわり小さくしたりするのに

これはエンドが、完全に行き止まりになっていて…。

もしかして切る?とか?

う〜ん謎です…。

ウェブにもそんな情報あるわけなく、量販店の時計屋に聞いてみようかとも思いましたが

もう、新しいベルトあるので、いいですw



最後についに1、2、3フィニッシュ決めた画像を載せたいと思いますw

801-4.jpg

あー、ついに完成しました。私の野望w



やっぱり腕時計っていいよね!

Comment:7  Trackback:0
2019
05.12

帰ってきた緑のアイツ Citizen 67-9151

Category: 未分類
昨日は久しぶりに下北へ行ってきた。

下北へ行くついでに、西荻窪へ寄って、

時計の修理屋さんに新たな修理をお願いしに行った。

ついでに、シチズンの緑もそろそろ出来上がって

いるのではないだろうかと思い、それも聞く予定だった。



西荻窪へ行くのは久しぶりなきがした。

もう、なんど西荻窪の土地に足を運んだだろうか。

もはや、自分のテリトリーな感じすらする。

いつも渡る交差点の角に、なにやらコッペパンに

いろんな中身を詰めた安いパンが食べられるお店が

オープンしていた。

ドートールとのコラボらしく、パンを食べながらコーヒーでも

的なかんじなんでしょう。

きになるので入ってみたかったんですが

混んでいたのでまたの機会にw


お店に着くと、修理をお願いする時計を出して

店員さんに事情を話す。

その時計は後日またブログ記事にする予定ですW

ついでに「こちらもお願いしている時計なんですが進捗状況はいかがでしょうか?」と

尋ねると、話をしていた店員さんとは違う

担当していた店員さんがお店に帰ってきて、

「ちょうど、明日にでも連絡しようと思っていたんですよー」とのこと。

そうですかーと私。

まぁ、もう預けてからかれこれ10ヶ月になるので、

今更数週間遅れても気にはしませんでしたけどw

早めに行って欲しかったなW


その預けた時計というのはシチズンのチャレンジタイマー 67-9151のことである。

この時計は前にヤフオクで一度手に入れてから売ってしまい

あとで後悔し、再び探し出してebyから手に入れたものです。

しかし、ebyでの商品説明チェック不足で、のちに文字盤がリダンであることが判明…

それでも、気に入ってつかっていたのだが、もしオリジナル文字盤を見つけたら

購入して、交換したいなーなんておもっていたら、デッドストックの

文字盤を発見してしまいW購入し、今回の文字盤交換にいたったわけですが(長いw)

ついでにOHもしとくかーなんてかんじで一緒におねがいしたら

今度は機械の方に問題があるとのことで、いろんな部品がダメになっていたらしく

ドナーが必要とか言われ、そのドナー探しに時間がかかってしまったというわけです。


前回参照記事1

前回参照記事2

前回参照記事3



出来上がった、時計がこちらです↓

kamereonsyufuku01.jpg

いやー、感無量ですw

kamereonsyufuku02.jpg

新品のよう。

kamereonsyufuku03.jpg

kamereonsyufuku04.jpg

格好いいですw

ケースは前の所有者が結構丁寧に研磨していたみたいで綺麗なので

文字盤が、綺麗だと本当に新品のようになりました。


完全復活!


いやー、長い道のりでした…。

結局、OH代もすごいことになってしまっていましたが…。

嬉しくて、下北沢のヴォルール・ドゥ・フルールという

なんだか、雰囲気のある喫茶店で写真撮影しちゃいましたw

コーヒー美味しかったですW


これにてチャレンジタイマーの緑は一旦作業終了ですねw

kamereonsyufuku05.jpg

お気に入りのチャレンジタイマー2本!

やっぱり腕時計っていいよね!

Comment:0  Trackback:0
2019
04.25

もうすぐ…

Category: 未分類
ほんとうにもうすぐだそうですw

例のシチズンの緑が帰ってくるのがw


先々週電話したら今週中には…とか言ってたのに

また全然連絡よこさなくなったw

う〜ん。去年の7月から預けること9ヶ月w

さすがにこんなに長いのは初めてです…。

今週末また電話してみようかしらん。


話は変わり

今年のバーゼルは一般庶民からしたら

本当につまらなかった。

期待していたセカンドダイバーも

なんだか高級時計として復刻されちゃったし…

プロスペックスは高級ラインばかりだして

ガンダムとコラボとかで

ホクホクしているし…。


う〜んってかんじです。


そんな中、ニュースにもプレスリリースにも乗らずに

ひっそりとスモーダイバーがリニューアルされてた。

文字盤のデザインやベゼルインサートなんかも変わっている。

一般庶民としてはこちらの方がとても興味があるW


SBDC081.jpg
SBDC081

リニューアル版は黒バーションとこのグリーンバーションがある。

私はこちらのグリーンが好みw

従来のスモーが6r15だったのに対して今回のは6r35になっており

最大巻上も50時間から70時間へと上がっている。

最初見た時、このリニューアルされたスモーをふーんって感じで見ていたんですが

なんだかよくよくみるといい感じだなぁとw



特に従来のスモーで一番気に食わなかったのがベゼルインサートの

数字が太いフォントを使っていて、なおかつブニューっと潰れていたところ。

なぜこれで良しとした?っていうくらい私的には許せないポイントでしたw

まぁ、今回も潰れてはいるものの前回のものより細いフォントをつかっているので

見苦しくはない。


文字盤はまぁ、前のでもよかった感はあるけど

前のは少し安っぽい感じにみえるから

今回のはこれはこれでいいんじゃないでしょうか。

全体的にスマートなデザインになっている気がします。



このベゼルインサート緑から黒にしたらどうなるんだろーなーと

思ってちょっとやってみました。

kurobezel01.jpg

ちょっとパチモン感がでましたけど、私は嫌いじゃないですW

海外のスモーのベゼルインサートそのまま使えるならこう言うのもありかな。

店頭で実物を見るのが少し楽しみですW



あぁ、しかしほんとにシチズンの時計早く帰ってこないかなーw
Comment:0  Trackback:0

back-to-top