2019
09.28

オリエント セミスケルトン 試着 RK-AT0106E

Category: 未分類
なんだかすっかり夕方の雰囲気も

秋っていう感じになってまいりました。

栗ご飯が恋しくなってきた今日この頃

みなさまいかがおすごしでしょうか?



前の記事で書いた、オリエントのダイバーシリーズ。

前回記事参照

先行して発売した、ダイバーの方は店頭でもう確認済みですW

ネットでみたのとあまり雰囲気も変わらず、

なんというんでしょうねプロダクトとして好きな時計でした。

欲しい感じもしました。

でも、私はもう一方のやっちゃった感のある

あのセミスケルトンダイバー風時計がきになってしょうがありませんでしたw

ということで、昨日発売していたのですが、仕事の都合で見に行けず

今日、会社帰りに見に行ってきましたw


なるほど、よくも悪くも、こちらもネットの印象とあまり変わりませんでした。

試着してみたいなーと思っていたら、偶然、近くに店員さんがいたので

試着させてもらいましたw

短いですが、動画を久しぶりにとってきましたW



試着した感想は、思ったよりもいい感じw

ベゼルが黒のせいなのか、ケースの大きさをそこまでかんじませんでした。

重さもそんなに気にならず、つけ心地はよかったです。

このあとに、ブラック文字盤のステンベルトも試しにつけさせてもらいましたが

ステンベルトも良かったですw

私は文字盤的にはこの深いブルーのが好みだったので

これにステンベルトつけてほしーなーって感じですW

見た目は、もっとキラキラしてるかなーとおもいましたが

他のオリエントのセミスケルトンのような感じではなく

これくらいのほうがおちついていていいのかな?

っていうかんじでした。

オンオフ両方でいけそうだし、これつけてる人は

いいなーってみちゃうとおもいますw

回転ベゼルはやや硬めですが、嫌な感じではなかったです。

するする回ってしまうよりはいいんじゃないかとおもいましたw

私は人より腕が細いんですが、そんな私でも

結構いい具合でつけれました。


オリエントのページをよくよくみたら

同じような色でステンベルトありましたねw

限定版か。

orilimited.jpg
RK-AT0106E

こっちのほうがやっぱり格好いいなw

これから、これが売れたらいろんなバリエーションでるのかな?

文字盤今インデックスアラビア数字になってるけどここらへんとかもうちょっと変えたのみてみたいな。

これでも十分格好いいけど。

でもこれは好み分かれるだろうなぁw

私みたいななんでもありな人間はありなんだけどw

邪道だ!っておもってる人も結構いるとおもうw

でもそういうのこそオリエントって感じですきなんですよねw

悲しきエプソンマークにもまけずこれからも頑張ってもらいたいものですw

頑張れ!オリエント!

やっぱり腕時計っていいよね!
Comment:0  Trackback:0
2019
09.09

最近気になった時計 シチズン メカニカル

Category: 未分類
仕事が早く切り上げられると、私は某量販店の

時計売り場に寄ったりする。

別に欲しい時計があるわけでもないのだけれど

私にとって憩いのスペースであるわけです。


今日も、なんとなしに時計売り場に寄って帰った。

ついにオリエントのダイバーが店頭に並んだなー、

結構いいなーなんて眺めながら、

あるショーケースの前で立ち止まる私。


あれ!?

プレザージュ新色でた?

と驚く私。

よくよく見てみると、プレザージュにそっくりな

シチズンのメカニカルであった。

家に帰ってシチズンのホームページで確認すると

ニュースにも載っていないが、メカニカルのニューモデルが

ひっそりとでていた。

それがこれ。

NK0002-14W.jpg
NK0002-14W

大きさといい見た目といいほんとプレザージュのカクテルそっくり。

リューズの形状なんて完全に真似してる感じw

プレザージュの方はケースサイズが40.5mmなのに対し

シチズンのメカニカルは41mmと0.5mmほど大きい。

機械の精度はセイコー が日差+45秒~-35秒

シチズンが日差+40秒~-20秒だからシチズンの方がいい模様。

まぁ、私のような人間にその差はほとんどわからないだろうけどW

防水は両方とも5気圧。

ガラスはセイコー がボックス型ハードレックス

シチズンがボックス型クリスタルガラスと表記してある。

耐磁性についてはセイコーはありの表記、シチズンは表記なし。


ケースサイズはセイコー が厚さ: 11.8㎜ 横: 40.5㎜ 縦: 47.5㎜ 重さ70.0g

シチズンが 厚み12.6mm ケースサイズ 41.0mm 重さ表記なし。

駆動時間(最大巻き上げ時)セイコーが約41時間持続、約60時間。

振動数は両方とも6振動。

石数、セイコー23石、シチズン21石。

両方とも秒針停止機能、カレンダー(日付)機能つき。


こうして比べてみると、ほとんど大差がないようにも思える。

しかし、シチズンの最近の機械式事情が私はうといので

実際のところどうなんだろうかと。

シチズンがメカニカル復活させ始めた頃は

デザインが気に入らず興味がなかったのだが、

なんだか最近はちょいちょい良さそうなデザインも

あるので気になってはいる。


この、グリーンのメカニカルだって、セイコーのよりは

私の好きな色合いだし、値段も2千円くらい安い。

精度も結構いいし結構気になる。

このシリーズは他に3種類のバリエーションがあった。

NK0000-95E.jpg
NK0000-95E

ブラックの文字盤にシルバーステンケースとブレス

NK0000-95L.jpg
NK0000-95L

濃紺文字盤にシルバーステンケースとブレス。
これは売れそうな気がする。

NK0000-10A.jpg
NK0000-10A

そしてスタンダードな、白文字盤に革ベルト。

うーんwなんだか見れば見るほどプレザージュだw

でも、この価格で機械式なら試してみたい人もいるんじゃないかな?ともおもう。

ずっとほっぽらかしだったメカニカルに少しバリエーションを増やしたシチズン。

やる気か?きまぐれか?w


私としては、あのグリーンの文字盤そのまんまで、

シルバーステンケースにしてもらいたいw

ちょっと画像をいじりましたw↓

sichizunpure-01.jpg

こんな感じ。いいですねー。

これなら私買いますW

shichizunpre02.jpg

革ベルトめっちゃ似合ってるw

ゴールド最近流行ってるけど、ケースサイズ大きいのにやると

やすっぽくかんじるんだよなー。

まぁ、安いんだけどw

文字盤インデックスはゴールドでもいいけど

こんな感じにケースはシルバーにしたら

ちょっと、ヴィンテージ感も出ていいんじゃないでしょうかね?

2つ買っていれかえろ?そういうことでしょうか?W

でもいいなー、このグリーン。

店頭で見たらいい感じの色合いでした。


今日の憩いの時間はとても有意義なものとなりましたw

最近気になる時計が結構あるので、また書きたいと思いますw


やっぱり腕時計っていいよね!

Comment:2  Trackback:0
2019
08.27

最近ダイバーが

Category: 未分類
やっと夏の暑さもおさまりつつある今日この頃

週末にかけてまた暑さが戻ってくるらしいと

天気予報で言っていたのを聞いて、もうやめてくれー

と心底思う私ですw



最近、セイコーやらオリエントでダイバーが続々と準備されているようで。

個人的にに気になったのがオリエントですかね。


オリエントのダイバーって、今まで欲しい!って思うものがなかったのでw

今回は、ちゃんとオリジナルでデザインしました!って感じだったのでw

orinetodaiba02.jpg
RK-AU0301B
80,000円 + 税

最初見たときに丸い針がやたたと気になったりしたのですが

これはこれでいいなと思い返しましたW

機能も200m空気潜水用防水とちゃんとダイバーです。

本体のサイズも横43.6mmとそこまで大きいわけではなく

まぁいい感じだと思います。私はこの時計好きですね。

なんていうんでしょうね、高級感とかそういうのとは無縁でしょうけど

ちゃんとした時計ってかんじで印象がいいですw


orinetodaiba01.jpg
RK-AT0102Y
90,000円 + 税


続いてこちら。

セミスケのダイバーw

なんでしょうねwとっても新鮮ですw

裏もスケルトンのようですW

もちろん20気圧でダイバーではないですが

見た目を楽しみたい人には素敵な時計だと思いますね。

これは実物をみて、つけてみないとどんな感じかわかりませんが

ある意味きになる時計ですW

ケースもラグのところが彫ってあったり、ベゼルの質感も気になります。



続きてはセイコー

seiko5spootu.jpg
SBSA001
30,000円+税


5スポーツがロゴも新たに新ダイバーに。

とはいえ、ダイバーではない。

というのも防水性のは日常生活用強化防水(10気圧)。

裏透けという代物。

ボーイベースと思われるこの5スポーツ。

ボーイ好きには結構がっかりな感じの模様。

私もブラックボーイは持っていないがすきなんですよね。

だから、ここにきてこれを出すのはちょっとさみしいですね。

セイコーも厳しいのかな…。

まぁ、でもダイバーに興味のない人にも3万で機械式ダイバー風味を

ファッション感覚でつけてもらって

ゆくゆくはちゃんとしたダイバー時計を手にしてもらいたという

考えなのかなーと、私はおもっています。

だから、これ出した後にちゃんとしたブラックボーイとかだしてもらいたいですねw


セイコーとオリエントを比べるとやっぱり

オリエントがきになりますね。

オリエントの新ダイバーは2つとも駆動時間が50時間以上と長めでいいですねw


私は結局サードの復刻しかダイバーはもっていないので

もう一本ほしいなぁとか思っちゃったりしてるんですが

なかなか、これだ!というのがないですねw

そんななかオリエントはきになっていますw

早く店頭でみたいものですw


やっぱり腕時計っていいよね!
Comment:0  Trackback:0
2019
07.30

ヴィンテージグラスヒュッテ 浮き竜頭

Category: 未分類
梅雨も終わり、やっと晴れたと思ったら今度は

とてつもない暑さ…。

みなさまどうお過ごしでしょうか?

私は今年はついに日傘男子デビューする予定です。

無印で折りたたみ日傘買いましたw

本当に危険な暑さなので、水分補給など十分に策をこうじましょう!



ということで、久しぶりの記事更新です。

今回は、グラスヒュッテ について書きたいと思います。


数ヶ月前に某オクで落札した、GUB時代のグラスヒュッテ 。

GUBとはなんぞやとしらべてみました。

Glasshutter Uhrenbetrieb GmbH の略なんだそうで

直訳すると「グラスヒュッテ時計工場有限会社」となるそう。

ほ、ほ〜ん…と。


これは第二次大戦後の1951年に、東ドイツ体制下でグラスヒュッテ の町の時計会社が全て

グラスヒュッテ国営時計会社(GUB)に統合されたとのこと。

1990年にグラスヒュッテ 国営時計会社は民営化されて、グラスヒュッテ・オリジナルとなったらしい。

まぁ、だから今のグラスヒュッテ とは別物ってことですねw


GUB時代のグラスヒュッテ はオリジナルと違って

今でも結構安く手に入れることができる。

ドイツの時計、グラスヒュッテ 。

私はこの響きだけでなんだかほしいなぁーと手をだしてしまいましたw


ただ、なかなか気に入ったモデルがなくて

保留にすること数年。

数ヶ月前にこれだ!というものを手に入れた次第ですW


とりあえず画像↓

gurasuhyutte01.jpg
gurasuhyutte02.jpg

いわゆるクッション型というやつですね。

文字盤はリダンなのかオリジナルなのか不明ですが

いい感じに焼けています。

gurasuhyutte03.jpg

裏蓋にはGUBのマークがありますね。

文字盤もそうですが、MADE IN GDRとあります。

このGDRは(旧)東ドイツ=ドイツ民主共和国の英語表記German-Democratic-Republicの略

なんだそうです。


ケースは磨き直されているようで非常にきれいです。

gurasuhyutte04.jpg

腕につけた感じも、少し小ぶりで上品でいいです。

これくらいが日本人にはあいますね。


ちなみにこの時計。

落札した時、商品が家に届いてわかったんですが、

なんだか竜頭が浮いていたんですよね。

最後まで押し込めない…。

多分社外製の竜頭に適当にこうかんされたんだろうなぁと思います。

gurasuhyutte05.jpg

その時の写真です。

うん。浮いてるw


なので、らくさつしてからすぐに時計屋に持って行き

リューズをかえてもらいました。

今はちゃんとぴったりとあっていますw


今の時期はヴィンテージには日差しも汗も厳しいので秋頃に

つけようとおもっていますw


ちなみにこの時計は文字盤のデザインが気に入りました。

カクカクした金のアラビア数字にやられましたw

文字盤が金のインデックスなのにケースは銀

これはもしかしたら、ケースを変えたのかもしれないなとか

ちょっと思いましたけど、これはこれでかっこいいです!

まぁ、ヴィンテージはなにがあるかわかりませんが

そういうところもまた良し!

じっくり味わいましょう!


やっぱり腕時計っていいよね!
Comment:0  Trackback:0
2019
06.30

懐かしい時計

Category: 未分類
最近は雨でジトジトした日々が続き

雨が止んだかと思うと、暑かったり

会社のエアコンが効きすぎていたりと

体調を崩しがちの私です…。



相変わらずの時計病は続き

私はいつになったら満足するのだろうと

少しだけおもうのだけれど

それでもいろんな時計をしたいなーと

思うのです。



ゴールデンウィーク前の話。

スイスのヴィンテージ時計を

ebayで代行屋にて落としたわけですが

なかなか商品が届かず、

まぁ、海外からだから焦らずじっと待つか

なんて思っていたわけですが

それでもなかなか届かず

一ヶ月経った時に、代行屋に連絡して

PAYPALに色々とやってもらったわけですが

それでも商品発送の有無は確認できず

今度はエスカレート手続きへと現在至っています…。

なんだか本当に商品が到着するのだろうかと

不安になっていますが、最悪届かないということとか

返金もされないということも考えておかなければならないなぁと。

かつてこういうことはなかったので結構凹んではおりますが

勉強代ということでしょうね。



そんな中、またもや時計を手に入れる私。(懲りない)

黒文字盤の時計が欲しいと思っていて

中野なんかにちょくちょく顔を出したりしていたんですが

値段が釣り合わず渋っていたところ

某オクで、ちょうどいいのを発見し、落札にいたりました。

ということで、画像をのっけようと思いますw

5sports03.jpg

セイコーのスポーツマチック5です!

前に金色をもっていたのですが、最近状態のいい金が見つからず

黒が欲しかった時にこれをみつけたのです。

懐かしいフォルムです。

なんだかんだで、いい時計です。

この時期革はつらいので、ナイロンベルトつけましたw

カジュアルですが、悪くないです。

5sports02.jpg

革のベルトも多分いい感じで似合うことでしょう。

こげ茶とかいいですね。

日差もそこそこで問題なく稼働しているのですが、1つ2つもんだいが…w

まずは、写真を見ていただけるとわかると思うのですが

長針の位置がおかしい。

写真では23分くらいをさしているのに、長針の位置が9時ぴったり。

ずれていますね…。

5sports04.jpg

それと上の写真見ていただけるとわかると思うのですが、

ちょっと、竜頭が曲がっている…。

これも、一応ちゃんと回るので問題はないのだが気になる。

またオーバーホール&修理かな…。


前につけていたということもあって

懐かしい&落ち着く。

5sports01.jpg

やっぱりいいもんですね。

国産!

コママークがついていたり

セイコーロゴが上についていたりするものなど

スポーツマチック5にはいろんな文字盤表記があるんですが

私はこのシンプルなタイプが一番好きです。


やっぱり腕時計っていいね!
Comment:0  Trackback:0

back-to-top