2013
09.28

ポートワインラベル作成編 有頂天家族(アニメ)

Category: アニメ
先週に引き続きで申し訳ありませんがまたアニメの話しです…w

ニセ電気ブランに続き、折角やる気になったので

今度はポートワインのラベル制作をしました。


アニメの中では、ニセ電気ブラン以上に登場するこのポートワイン

akadama01.jpg

akadama02.jpg

これも、現実にそんざいするワインをモチーフにしています。

pootowain01.jpg

↑こちらがそのワイン。「赤玉スイートワイン」です。

名前をみてなるほどと思いました。

このワインをアニメの中で良く飲んでいる天狗のおじいさんですが、

弟子の矢三郎に「赤玉先生」とよく呼ばれているのです。

天狗の本当の名前は「如意ヶ嶽薬師坊」というので何故だろうと思っていました。

「赤玉」という名は「赤玉ポートワイン」を好んで飲んでいることに由来する

ニックネームみたいなものなんですねw


今回のラベル制作はそんなに難しくなかったです。

オープニングででかでかと写ってますしw

イラストも簡単だし。

唯一時間をかけたのが「ポートワイン」の字。

適当にやると雑な感じになってしまうので…。

pootowain02.jpg

こんな感じになりました。

やっぱりプリンタの色合わせには苦労しました…。

今回は裏のラベルも作りましたw

pootowain03.jpg


という事で、出来上がりまでは大した時間もかからず

あっという間に出来てしまいましたw

pootowain00.jpg

あまり普段から酒を飲む方ではないので、いきなりボトル2本もたまってしまって

少し焦っていますw

今度、またグラスなど用意して飲んでみたいと思います!w
Comment:0  Trackback:0
2013
09.24

ニセ(偽)電気ブラン作成 有頂天家族(アニメ) セイコーラベルも印刷編

Category: アニメ
今回は、全く腕時計と関係無いのですが…

載せる所が無かったのでこちらに載せたいと思います…。(すみません…)



私は腕時計が好きなのはもとより、アニメも大好きなのですw(実は隠れヲタですw)

毎週やっているアニメで気になる物はチェックして片っ端からみるという有様…(暇だな…)

そんな私がイチ押しの今期のアニメが「有頂天家族」であります。はい。


原作は「四畳半神話体系」などでも知られる「森見登美彦」氏であります。

私は「四畳半神話体系」でハマって、森見氏の本は何冊か読んでおり

その独特の世界感と、セリフ回しなどに魅了されました。

ですから、そんな森見氏原作のアニメという事で「有頂天家族」は

はじめからチェックしていました。

正直、はじめはピンとこなかったんですが、回をかさねる度に

深みが増すというか良さがどんどん出て来て、綺麗な背景描写や、キャラクターの人間味や(たぬきのお話ですがw)

個性等、音楽もそうですが、完成度の高さに驚かされていきました。

個人的に今期のアニメでトップの名作だと思っています。


原作の森見氏の書く小説の中には度々「偽電気ブラン」なる酒が登場します。

今回アニメの有頂天家族ではその「ニセ電気ブラン」の描写が多く出てきます。





元々「電気ブラン」というお酒は存在しており、今でも普通に手に入ります。

小説の中では「ニセ電気ブラン」として「電気ブラン」に似せた偽物のお酒として元々

登場するのです。小説の描写がうまいので、読みながらその

「ニセ電気ブラン」なるものを飲んでみたいなぁ、などと年甲斐もなく子どものように思ったりしたものです。


有頂天家族は主に狸のお話なんですが、話しの中でその「ニセ電気ブラン」を製造している工場とかが

出て来たりしてますw

「ニセ電気ブラン」を大量生産ですw

アニメという事で、しっかりと現物の描写もあり、最近(10話だったかな?)で、

ボトルのアップがうつるシーンがあり、なんか一人ジーンとしてましたw


そして、暇過ぎる連休最終日を利用して「ニセ電気ブラン」の製造に(ラベルのねw)取りかかる事にしました!(ほんと暇だな…w)

nisedenkibran01.jpg

とりあえずは「電気ブラン」の本物をw手に入れますw

今では家電量販店なんかでもおいてあるんですねぇ…。

もともとついているラベルを剥がす為に、温水をバケツに入れてその中に瓶を浸します。

時間がかかると思ったのですが、20分ほどして見に行くと、キレイにあっさりとはがれていました。

あとあと、飾り罫などを参考にさせてもらう為に、このラベルも水気をタオルでしっかりと取って

かわかしておきます。


「偽電気ブラン」のラベルはさきほど言った回のアップ画像を参考に

して、それを下敷きにイラレでトレースしていきます。

狸のマークでしょうか?案外ごちゃごちゃしてるので手間がかかりましたが

丸みを意識しつつ、トレースしました。

「ニセ」や英語でかいてある「電気ブラン」の文字などは本物のラベルから

しっかりとトレースする事も出来たのですが

アニメ画像から適当にトレースした方が「ニセ」感がでるかなと思ってあえて適当にやりました。

飾り罫だけはアニメの中できっちりとうつる事はなかったのですが

引きの画像で見る限り、本物とかわらない部分だと判断し、

先ほど、乾かしておいた、本物ラベルを参考にしました。


トレース自体は案外面倒でしたが、楽しみながら出来ましたw

取りあえずラベル自体は出来上がったので、プリントしてみようと思い立ったのですが

プリンタのカラーインクが切れている事に気付き

ヨドBSカメラに買いに行きましたw

nisedenkibran02.jpg

インクを買うついでに、用紙も購入。

元々、ついていた本物のラベルは和紙っぽい感じの紙でした。

なので、「ニセ電気ブラン」もと思い生成和紙を購入してみました。


帰って、本物のラベルと見比べてみましたが、かなりいい具合に質感が似ていました。

取りあえず試しに印刷してみるか…と一枚プリントしてみました。

大体、データをPC画面で見てるうちは良く出来たと思っても

プリントアウトとしてみてがっかりってよくあるので

あまり期待してなかったのですが、和紙の効果もあってか

一枚目からかなり、いい具合にプリントできました。

nisedenkibran03.jpg

トレースに関して気になる所はほとんどなく

あとは色合いだなと。

若干薄く感じたり色見が違うなどがあったので、そこは調節しながら

何枚かプリント合うとしながら追い込んでみる事に。

nisedenkibran04.jpg

しかしながら、なかなか上手く行かず、気が付けばココは「ニセ電気ブラン」製造所か?

といわんばかりの有様にw

ある所までやってから、家庭用プリンタの限界を感じて

色見等はある程度似てる所で妥協しましたw

それでも十分満足の行く結果は出せました。

nisedenkibran05.jpg

早速切って貼付けようと焦った結果、刃先が錆びているカッターを使用してしまい

思いっきりビリビリに切れてしまい、再度プリントアウトするハメに…(急いては事を仕損じるですね…)

結局、そこらに転がっていたカミソリの方がよく切れたという…。

nisedenkibran06.jpg

無事に切り終わり、裏面に両面テープをはりつけ準備万端!

もっとどこかで手こずるかと思いきや

あっさりと完成です!

nisedenkibran00.jpg

う〜む、アホらしいが満足の出来ばえw

これも阿呆の血のしからしむる所である。

もとい、暇なおっさんの血のしからしむる所であるw



ついでに、結構前にセイコーのシールを作ったのだけれど

プリンタのインクがな〜い!と言って

画像合成で済ませていたのをプリントする事にw

seikostekka01.jpg

seikostekka02.jpg

今回は合成画像じゃないですよw

暇なおっさんは無駄にいろいろしますw

完全な自己満ですがw

Comment:11  Trackback:0

back-to-top