2012
06.18

セイコー フェアウェイ Fairway 防水ゆえに

Category: 腕時計
今日、紹介する時計は、最近私が気になっている

セイコーのこの時計です。

fea01.jpg

セイコーのフェアウェイです。

1962年発売で当時価格で8500円だとか。

当時の8000円ってどんなもんだったんだろう…。

手巻きで金メッキとステンレスメッキの2種類だった様です。

よくよく考えると私の好きになる時計は

60年代の時計が多いな…。

好きな要素が揃ってるからだろうな。

シンプルな文字盤とアップライトなバーインデックにドルフィン針、軽過ぎず、重過ぎない

付けたとき腕にしっくり馴染むケース。

いいですねぇ…w


私もつい最近までこの時計の存在をしらなかったんですが

あるオークションサイトでたまたまみつけて気になってしまった次第ですw

調べてみると、なんとこの時計が国産初のワンピース手巻きとか。

前にキングセイコーの時に説明したと思いますが、

ワンピースというのはボディと裏蓋が一体化したケースの事です。

裏蓋が無い分耐水性にすぐれているとか。


国産初という事もあってか、当時はこれで完全防水を目指していたようです。

実際の所どれくらいたえられる物なんでしょうね…?

面白い当時の広告を発見しました。

fea02.jpg

防水ということもあり腕にはめているのは海軍のおかたでしょうか?

きになったので調べてみたら、海軍の正装みたいですね。

腕の線の数が4本というのは無かったですが、少なくとも中佐以上という事でしょうか?

う〜む、なんとも味わい深い広告です。

海軍の偉い方が身につけても良いくらいの防水の信頼度と時計自体の品格、格好よさを感じさせます。

写真や文字のレイアウトはなんとも言いがたいですが

当時としては十分に訴求率のある広告だったのでしょうね。


生産は1962年から1964年ころまでの短期間だったらしく

現存数もそんなに多くない様です。

まぁ、知る人ぞ知るって感じの腕時計だったようです。

そんな、時計の事を知る事ができて幸せwと思ってしまうにわかオタな私w


貴重と言えば貴重ですが、そういうのってあんまり

関係ない(私の中では)かっこいいから好き!っていうのが一番。

オークションではそれほど高値で取引されてはいない見たいですが

なかなか、状態のいい物を見つけるのは難しい感じの様です。


まぁ、発売当時、防水を全面に出して売り出した訳ですから

買った人も「これ防水なんだぜ〜!お〜うりゃ!」なんて

海に飛び込んだりしていたんでしょうか?w(勝手な思い込みw)

特にケースが傷だらけだったりメッキはげのものが多いですね。

腕の当たる裏蓋部の綺麗なものは滅多にないです。

防水ゆえに…ということでしょうか…。

それでも、肝心の防水が効いたのでしょうか、文字盤は比較的綺麗なものが

多いんですよね(さすが?なのか…不思議)


話しは変わりますが、最近はもう梅雨入りですね。

そういうこともあって時計バックは紫陽花なんかを入れてみたりしましたw

そう言えば、先週でしたか?

6月10日は時の記念日でしたね。

毎年この日の前後にはシチズンやセイコーなんかは新聞なんかに広告を出すらしいです。

たまたま新聞見てたら、この日の前後何日かにセイコーの広告を発見しましたが

時の記念日をうたっているわけでもありませんでした。

しかし、今の広告はつまらない…。

レイアウトとか綺麗さ、シンプルさとかばっかりに気を使って

全然面白くない。

コピーもつまらない。

売る気があるのだろうか?と感じるくらいだ。

それに比べたら、50年前のこっちの広告の方が全然面白い。

いろいろ想像しちゃう。

時計に関しても、やっぱり良いものってのは

マイナーでも数が少なくても残っていくんだなぁと思いますね。
Comment:0  Trackback:0
2012
06.12

オリンピア オリエント OLYMPIA ORIENT たまたまの出会い

Category: 腕時計
オークションサイトで、ぼけーっとオリエントの時計を物色していたら

見たことの無い時計を発見した。

オリンピア オリエント?

なんだろう…。

大きな狂いも無く動くというのにジャンク扱いで安く出されていた物を思わず拾う。

ori01.jpg

私は、どんなに安くて珍しくても、自分が気に入った物しか買わない。

逆に言うとどんなに価値があっても気に入らなかったら買わない。

まぁ、当たり前の話しですけど。

そのあたり、この時計はなにかビビっときたんでしょうね。

面構えがいいというかwそんなふうに感じました。


調べてみるとオリエントが、1960年から70年くらいにかけて製造していたものだと言うことがわかりました。

初期の方はロゴが筆記体になってるらしいから、これは比較的後の方だと思う。デイデイト機能がついており

おまけにスイマーだというw

防水が少しは効くのかな?分からないけどこのくらいの年代の防水は絶対に当てにならないwと

個人的に思っているw

まぁ、きっちり手入れしてオーバーホールしてればべつなのかな?分からないけどやっぱり恐いですわw

ori02.jpg

裏蓋にはサメマークがありました。

何故サメ?w無駄に強そうですw

ダイバーモデルのオリンピアもありましたけど、そっちはなんか人が潜水してるような図柄だったな。

私がいろいろ見た限りではこのオリンピアモデル、当時オリエントは結構頑張って売り出してたようですな。

初期のものでGRAND PRIXを冠したものもあったし、オリンピアオリエントスペシャルなんてものもあった。

それなのに、この知名度の無さw

知らなかったの私だけ?w

それにしても多分知るひとぞ知るところの時計でしょうね…。


手巻きの21石ということもあり作りは結構しっかりしてました。

特に、見た目で印象的だったのはボディの厚みですかね。

セイコーやシチズンの当時の時計と比べても非常に厚みのある時計でした。

スイマーだったからなのかな?わかりませんが

風防もこれでもか!っていうくらい、もっこりと盛り上がっていましたw

あとは、日付と曜日があるんですが

曜日表示が日付と一緒になっておらず、6時位置に曲線状に切り抜かれた所に表示されてるのが

なんとも今の時計にない古い味を醸し出しています。


私個人としてはあまり日付とか曜日表示とか好きじゃないんですね。基本的に。

時間機能だけでいいやと思っているので。ノーデイト希望なんですけど

ついてるならついてるで、曜日表示はせめて漢字表示!っていうのが鉄則ですねw

あっ、これいいなぁと思った時計で曜日が付いててみたら「MON」とかなってると

テンションが一気に下がりますw

しかし、私の持ってたオリンピアはそこらへんはクリアしてましたw

漢字がいきていて非常に味のある表示になってましたね。

それにアップライトなロゴとインデックスが貫禄を漂わせています。


ロゴも大事ですよねぇ。

古いものなら筆記体も素敵なんですけど、筆記体でびしっと決まってるのって

なかなか少ない。

かといってアップライトにするとごつごつしすぎるというものもある。

ここら辺の全体的な雰囲気が大切な気がします。


オリエントのロゴって今では、あの例の獅子?マークが基本になってますが

あれって個人的にどうなんだろう?wっておもっちゃってますw

裏蓋専用で使ったらいいのでは?とおもうくらい

悪い意味でいうと目立ち過ぎというか…。

なんでこのオリンピアみたいなアップライトのロゴってなんか

オリエントなのに英字だけだよ、と新鮮な感じがします。

まぁ、上位機種には使われてないけど…、どうもあのマークは安っぽくみえてしまうんだよなぁ…。


オリンピアという名を聞いてもピント来なかった私ですが

調べてみると、あのオリエントフラッシュをオリンピアの名で出していたらしいです。

オリエントフラッシュというのは最近になってオリエントが復刻した昔の時計ですが

竜頭の上についてるボタンを押すと、豆電球が点灯してキレイにカットされた風防外周に反射して

文字盤全体が光る所謂、特殊時計のことです。

とってもキレイです。

あれが、オリンピアだったそうです。


オリエントは昔の復刻を良くだしますが、いっそこういうシンプルな

オリンピアの腕時計も復刻してみたらどうでしょうね?w

個人的な願望ですがw

キングダイバーとか万年カレンダーとかフラッシュとか

個性的なものばかり復刻してるイメージがありますが。

それでも昔の復刻を忠実に再現して積極的に出してるあたりは非常に好感をもちますけどね。

頑張れ!オリエント!w
Comment:0  Trackback:0
2012
06.09

シチズン (続)オキシー 液晶部の修理 失敗〜成功

Category: 腕時計
先日、記事を書いた通り、私最近シチズンのオキシーという時計を手に入れて

ボディやら風防やら磨いてウホウホ言ってたわけですけど

よくよく液晶部を眺めてみると内側に浸水?なんでしょうか

よくわかりませんが確実に水分が入って液晶の一部にびたーっとなってました。

なっていたときの写真を撮り忘れたので、通常の画面を加工した写真をアップします。

ox00.jpg

加工写真ですが、まさにこんな感じ、とっても気になります…。

別にドットがかけてるわけでもないんで、通常使用に問題はないんですが…。

気になる…。

という事で、素人の癖に、恐れも顧みずにパンドラの箱を開ける事に…。


「分解しよっ♪」という極めてお気楽な感じで作業に取りかかりましたw

それでも、携帯でシャメ撮りながら戻せなくならない様に慎重に作業しましたが。

部品の数はそんなに多くはありません。

まずは、電池を外して、液晶と機械のボードをくっつけている金属を

一番小さいマイナスドライバーを使ってこじ開けていきます。

すると、液晶部とボード部が分離されました。

ボードは非常に繊細な物なので慎重に取り扱いました。

途中でなにやらわからない部品がいくつかポトリ…w

まぁ、後で確認したら結構大事な部分だった…w


結局液晶だけになった所で、やっとこ目的の作業開始。

ぶらすチックの枠で固定された液晶部は2層になっていました。

ox01.jpg

一層目を取り外した所がこれ。この段階で水が入り込んでいるとおもっていたんですが違いました。

もう一層目の液晶を外してみた所がこれ。

ox02.jpg

ありました。

2層目と下の台紙の間に水?が入りこんでいました。

しかし、この液晶独特のピンク色が単に最下層に入っているただの台紙だったとは…。

2層目の液晶したと台紙に付いた水分をキレイにふきとります。

拭き取ってる時に気付いたんですが、これはただの水じゃないな!と。

なんというか、ジェル?のようなビタビタした感じがありました。

はたまた海水とか?よくわかりませんが、台紙についた水分はドライヤーで乾かしても

とれずにダメか…と諦めていたんですが、カメラのレンズなんかを拭くキメの細かい布で拭いてあげたら

キレイにとれてゆきました。


しかし、ホッと胸をなでおろしたのもつかの間…。

組み立て直す時に、液晶部とボードを繋いでいたゴム製のぶひんのさきっちょを

微妙に破損!

ゴムの上の方が何かの拍子でそげ落ちた!

恐怖に身を震わせながら、大丈夫だいじょう!と言い聞かせ

全てを組み終えて、本体ボディに戻す。


電池を入れたあとは、一回リセットするためにボタン全押しする模様。

説明書がなかったのでわからなかったが、適当に全押ししたら液晶がついた!

しかし次の瞬間、恐れていた事が…。

液晶のドットがかけて、ちゃんと表示されない…。

やっぱり…、あれ…か…。

とガクッと方を落とす私。


何度か、試しに組み立て直して再リセットを試みるもダメ…。

こりゃ、部品取りで別のやつ買うしかないなぁ…と。

このタイプの腕時計で色違いのダッサイ色の海外版を最近オークションサイトで見かけて

確か500円だったのを思い出した。

仕方が無いので購入…。

まぁ、500円だしねぇ…と自分を納得させながら商品の到着を待つ。


そんで、今日届いた訳で、早速作業に取りかかることに。

届いた海外のモデルは、本体との配色も兼ねてか液晶の色居合いが灰色だった。

あのピンクの台紙の所が灰色の台紙というわけだ。

という事は、二つの時計を分解して、液晶部最下層に眠る台紙をすり替えなければいけないということ…。

機械自体を取っ替えるだけなら楽何だけど、これはリスクが高い。

ヘタしたら、両方とも使えなくなる可能性も…。

そんなハードなミッションだ…。

そもそも、素人が簡単に手をだすから…ということか…。


しかし、今更引き返すわけにもいかず気持ちを落ち着かせる為に取りあえず

机の上の邪魔な物をどけて、ホコリが入り込まない様にダスキンモップでフキフキ。

いよいよだ!

と。

取りあえず、使えなくなった方の機械を台紙を撮る為にばらしにかかる。

液晶部に入ってるんだから液晶部だけ分解すればいいとおもいきや

上手い事、取り出す為にはボード部の方も分解しなきゃいけない。

結局、全分解。

ox03.jpg

ピンクの台紙を無事救出。

悔しくて何度も分解組み立てを繰り返した甲斐もあり、作業は順調に進んだ。

続いては、海外版モデル。

ox04.jpg

部品は問題なく同じもの。

ちょっと面白かったのが、電池を取リ出した時に、シチズンの腕時計だというのにリチウム電池がセイコーだったw

まぁ、そんな事に気を取られている場合でもないので、少しほくそ笑むとまた緊張感を取り戻し

作業をテキパキとこなす。

分解はあっというまに終わった。


そしてついにトラウマであるゴム付きの液晶部…。

深呼吸…。

慎重に取り出し最下層部へ…。

灰色の台紙を取り出し、ピンクの台紙に入れ替える。

ゴム部を破損させない様に慎重にもとに戻す…。

完了…。


因に、破損した時の部分の画像がこちら

ox05.jpg

1層目と2層目それぞれの上下についているのだが、1層目の上の方を破壊してしまった…。

ピンセットでつまむとこの大きさ…。

ox06.jpg

最初は破損した事にすら気付かなかった…。

オーコワっ!


結局差し替える時にこの部分を破損したらジ・エンドという事。

取りあえず、慎重にやった甲斐もあり、破損せずに分解組み立て出来た。

しかし、これからが問題…。

電池を入れてリセットボタンを押してちゃんと表示されるか…。

神様っ!


と別に手を合わせる訳でもなくなんとなく緊張した面持ちで

全ボタン押し。

液晶付く!

ドット欠け無し!

やったー!

ウレピー!


因にこちら、壊れた機械を入れ替えた海外版…。

ox07.jpg

なんか、悲しい感じに…。

まぁ、部品取りで今後も活躍する事があるでしょうから、大事に保管と。


そして、復活したオキシーがこちら!

ox08.jpg

ジャーン!

って一人で盛り上がってますがw大変だったんですw


お気楽に分解した時に、なんだかんだで、「デジタルのクォーツでしょ?楽勝でしょ?」

的ななめた気分でいた事が災いしたのでしょう…。

今回はいい経験になりました…。

時計の分解組み立てをなめんなってことですよね…w

精進しますw
Comment:0  Trackback:0
2012
06.02

シチズン OXY(オキシー) 思い出すとともにゼットン

Category: 腕時計
シチズンのジャンク時計を某オークションで漁っていたら何とも気になる腕時計を発見した。

3個セットで売りに出されていたうちの一つに変わった時計が。

彼は一体何者?

oxy02.jpg

と少々暗めの画像をダウンロードしてから

フォトショで、レベル補正をかける。

商品名とおぼしき所を拡大して確認してみると微かに読み取れた。

O、X、Y…。

オキシー?

あぁ、なんか90年代に、そんなモデルもあったような…。


早速、ネットで検索してみるも、大した情報も得られなかった。

ただ、OXYの名を冠したダイバーモデルやアナログクォーツが数種類見られた。

それらのページの内容からやはりOXYは90年代後半から2000年代前半に作られた模様。

私がちょうど学生の頃かな?

知り合いか、はたまた別のクラスの誰かか、または店頭か…、何かは覚えてないけど

絶対このタイプの腕時計を生で見た事がある!ハズ…w


懐かしさと共に個性的なデザインの格好よさに購買欲が急上昇!w

結局、予算を少しオーバーしつつも、それでも3個セットなので安く手に入れる事ができました。

自身の話しになりますが、私は流行に乗るのが嫌いな性格で

まぁ、周りで騒げば騒ぐ程、一歩引いてしまうのが常です。

それで、ブームが去ったあとに、人知れず興味を示し出して

一人で「これはすばらしい!」とかテンションを上げている事が多いんですw

それを見透かした様に知人に「お前のブームはかなり遅れてからくるな〜」と言われた事があります。

実に的を射ていると思いますw


何が言いたいかというとこのOXYの時計に関しても同じ事が言えます。

私はこのタイプの腕時計が世でもてはやされていた時に全くOXYには興味がありませんでした。

興味が無いどころか嫌いでした。

周りでもてはやされている物程安っぽく見えてしかたかなったんですね。若さもあったんでしょうが…。

そんなこんなで「オレのーらね!」とばかりにOXYはスルーされてましたw

雑誌の裏面とかに当時載ってたきがするんだよな…、この特徴的な名前のロゴは良く見た気がするから…。


それが、時はすぎさり2012年5月!

巡り巡って、奇なる再会。

当時気にも止めなかったアイドルが時を経たことによって

「あれ!?この娘かわいくね?」みたいに見えてしまうという

中学生の同級生を街でばったり見かけて「あれ!?この娘こんなに可愛かったっけ?」みたいな

マジック…でしょうか。

どーでもいいですねwすみませんw


なにはともあれ、今ではあまりこういったデザインの時計って見かけませんし

古いが故の新鮮さというんでしょうか。そう言った物をかんじたんですね。

当時面白い腕時計を良く作っていたシチズンですら

最近では、無難な時計しか作らなくなりましたね…。(不況のせいでしょうか…)

まぁ、でもだからこそそういった昔の面白い時計を紹介していく甲斐もあるというもの!

大義名分を勝手に掲げていろいろと掘り起こしていきたいと思いますw


オークションの商品欄には、「黄色の物は傷が多いです」とか書いてあったので、少々心配していましたが

商品が届いて現物を確認してみた所、許容範囲でしたw

プラスチック素材が多いので、得意の傷取りは難なく行くとおもっていたからです。

あとは、肝心要の時計の顔とも言える風防でした。

やはり、結構な傷がありました。2,3本深めの傷も…。

問題はこの風防プラスチックかガラスか…。


この年代くらいだとやっぱりガラスが多いかな…

ガラスなら、傷取りは諦めて次回にオークションで安く出てる時に部品取りで狙ってくしか無いな…と

思っていました。

試しに爪でコツコツ叩いてみると、響きが軽い!という事は多分プラ風防だ!

とポジティブに思い込み、磨きをかけていくと、めでたく傷を落とす事に成功しましたw

あー、良かった!とw

oxy01.jpg

ボディも風防もキレイになった所で早速腕にはめてみると、やはり大きいw

でも、嫌なでかさじゃないですね。これ以上大きくても小さくてもダメって感じ。

ちゃんと計算されている!ハズw

なんとなく色合いとかラグ部の形状からなんでしょうが

全体的なデザインが「ゼットン」ぽく見えるのは私だけでしょうか?w(きっと私だけだw)

試しに「オキシー ゼットン」とか「シチズン ゼットン」で検索かけてみたけど関連皆無だったw

そりゃそうか…w


本体のボディとベルトのラグ部が蝶番的に繋がっていて

クィッ!クィッ!と動きますw

見た目の最大の特徴がこれでしょう。

別にこの動きから何か別の特殊な何かが出来る訳じゃないんですが

視覚的に「気になる」ギミックと言ったところでしょうか。

横に出ているネジ止め風のボタンを押す事でちゃんとモード設定や時間操作が可能です。

無駄な設計と思わせといて、ちゃんとできんじゃん!という

やれば出来る子な感じですw

oxy03.jpg

ベルト部です。

止める所が二重に止める仕様なんですね…。

前にインディペンデント持ってたときに同じようなバンドでしたが

こんなにしっかり2回止めるタイプじゃありませんでした。

何故、こんなに厳重にとめるんでしょうか…?w

これで、結局ラグ部の方から外れたら笑いますけどw

まぁ、しっかり止まっているにこした事はありません。

こういうプラスチックの本体はバンドがとれた拍子にアスファルトに落としたら一貫の終わりっぽいし…。


本体同様にバンドも外してから洗剤等を使って歯ブラシ等を使ってキレイに洗いました。

傷だらけだった腕時計がみるみるキレイになっていく様子を見ていると

自分でやっているにも関わらず、嬉しい気分になります。

「昔見たいにキレイになってよかったね」と心のなかでついうっかり話しかけてしまう

気持ちの悪い男がここにいますw

自分の心が汚いからでしょうか?w何かを磨いたりキレイにしたりすると癒されますw


プラスチック感と大きさ、それとデジタル時計ということもあって

同じような素材の物と一緒においとくと、「おもちゃ感」がすごいですw

PSPの上にのっけても違和感ないですw

だけど、実はシチズンのロゴが入っていて、しっかりした腕時計なんですよー!とw

こういうのがいいんですw

こういう楽しみ方が好きなんですw


10年くらい前の時計が今つけると、当時の感覚とは違った形で楽しめる。

まぁ、どうせなら当時買わなかった奴をチョイスして、キレイにしてっやる。

大量生産大量消費が行われていた時代の産物ですが、実際に残っている物って

以外に少なかったりするんですよね。

だからこそ、こういう時計と出会ったら大切に扱って、綺麗にして

もちろん思いっきり楽しんで付けていきたいですよね。
Comment:0  Trackback:0

back-to-top