2013
11.24

相棒 杉下右京の腕時計 フレデリック・コンスタント

Category: 未分類
先週、最近見ていなかったドラマ相棒をみた。

それもこれも、その回では機械式時計がなにやらキーポイントとなると聞き

わざわざみたのであった。



ドラマの始まりからなかなか面白いw

相棒役の成宮寛貴扮する甲斐享が特命係に「おはよーございまーす!」と元気よく出勤すると

何やら掛け時計を壁にかけ直した、杉下右京が不機嫌そうに「おはよーございまーす!ではありません!

僕の記憶が正しければ登庁時間は8時半だったはずですがねー」と返す。

「ええ。あれ進んでません?」と壁掛け時計を指差す甲斐享。

「いいえ。たった今なおしたばかりです。ほら」と右京は自分の腕時計を見せる。

甲斐享も一緒に自分の腕時計をみせる。

「君遅れてますね。」と甲斐享の腕時計を指差す右京。

そこに遅れて登場した角田課長もまざって三人で時計を見合わす。

aibo01.jpg

aibo02.jpg

結局、甲斐享と課長のクォーツ時計は同じ時刻(8時半)を指し

機械式時計を使っていた。右京さんの時計が10分進んでいたというオチ。

なかなかいいつかみですねw



前から、ちょっと気になっていたんですよね。

右京さんが使っている腕時計って。

前のシーズンではサーカのトノー型の腕時計を使ってた時もあるみたいですね。



で、今回アップでも映ったこの腕時計は

フレデリック・コンスタントのカレ オートマチック FC-303MS4C26 という

モデルだそうです↓

aibo03.jpg


フレデリック・コンスタント自体は創業が1988年とそんなに歴史の長い時計メーカーでは

ありません。

「手頃な値段で、本格時計を誰もが、手にできるように」が基本コンセプトだそうで

フラッグシップのマニュファクチュールモデルを除けば

基本のラインナップはそこまでバカ高い時計はありません。

確かに基本コンセプトに忠実な感じです。


しかしながらトゥールビヨンの自社開発を成功させたり

なかなかクラシックなデザインなど

技術面ではしっかりとしたものもあるようです。


右京さんのしていたこのブランドの時計

価格の相場を調べたところ最安で9万程度。

定価でも152,250円(税込)でした。


右京さんはシーズン1の時点で45歳の設定だそうで

シリーズスタートが2002年なので

時の流れが実際と同じだとすると

11年経って今は56歳ということになります。

56で、独り身でそこそこの給料をもらっているにも関わらず

この価格帯の時計を選ぶとは最初不思議な感じもしました。


妙なスポンサー臭もしないでもないんですがw

まぁ、杉下右京という人物像から考えると

高いものだけがいいものではないとか言いそうな気もしますねw

安くてもいいものはあって、それを見抜くのは使っている側で

それを分かって使っている方が、利口だしある意味でかっこいいということでしょうか?


どうも杉下右京という人間像はこだわり人間でありながらも

こだわる視点自体をさらにこだわっているような感じますw

個性というか単にあまのじゃくなんでしょうか?w


それでもトータルな大人のこだわりの雰囲気が私はとってもすきですねw

いつかカメラとかもやってくれないだろうかw



話は戻りますが、3人で時計を見合わせたときの右京さん以外の

2人の時計やっぱり気になりますw

前からチラチラと見えて気になっていたのですが

甲斐享のごっつい腕時計。

やっぱりというかなんというか

ディーゼルでしたw

ディーゼル ガンメタル DZ4224↓

aibo04.jpg

う〜んなんていうかディーゼルってイタリアのアパレルメーカーですよね?

おしゃれなんですけど、時計だけで見るとなんか私は…。

まぁ、若い甲斐享のキャラクターにあわせての採用なんでしょうけどね…。

最近こういうのつけてる若者おおいですよね…。



そして最後は「暇か?」でおなじみの角田係長。

アップで見るとカシオの時計であることはわかるんですけど

それ以外は不明。

結構しつこくネットでしらべてみたんですが型番分からず…。

気になります…誰か分かったら教えてくださいw

しかしながらノンデイトのカシオのしかもアナログの時計とは…

潔いな角田課長。

もっといい時計買えばいいのにって突っ込み入れたら

「いいのいいの俺おしゃれとかそういうのよくわかんねぇから、時間さえ分かりゃいいのよw」

って笑顔で返されそうですw

それでもこの時計2万円したそうです。

気になるなぁ〜w


そういえば、最近私もまた時計を買ってしまいました…。

病気でしょうか?wやっぱりw

また近日報告したいと思います!


※こちらに相棒の腕時計追加編の記事を書きましたので、興味があったらそちらも見てみてください。
相棒の亀山と神戸の腕時計についてしらべてみました。
http://nejimaki24.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


Comment:6  Trackback:0
2013
11.17

スクリューポンチで穴あけ 腕時計 ベルト ポンチ

Category: 腕時計
以前購入した、セイコーブライツ アナンタ用の革ベルト。

本体とも良くあって気に入っていたのですが

元々、細い私の手首には少々、穴が足りず

一番奥の穴でとめているにも関わらず、ベルトがゆるゆるという事態に…。


昔、家族からもらった時計の革ベルトが大きすぎたときに

キリで穴をあけて、千枚通しで穴を広げたりしたことがあったのですが

やはり無理があったようで…、汚い感じで穴があいてしまい

後悔したおぼえがあります。

そのときに後々調べて、ベルト用の穴あけがあるということを知って

いつか穴をあける機会があればそういったものを使ってあけようと思っていました。


ベルト用の穴あけにどんなものがあるのか調べると

まず最初に見つけたのはこちらでした↓

suku00.jpg

ヤットコ型の穴あけです。

最初私はこちらを購入しようと考えていました。

何せ革にあてて握るだけですから簡単です。

しかしながらそこは貧乏な私の浅い考えで「もう少し安いのでないのかなぁ〜」

などと考えてしまいました…

このヤットコも3600円程度で全然やすいんですけどね…。


で、結局探し当てたのがこちら↓

suku01.jpg

スクリューポンチです!

ヤットコ型のほかに穴あけはポンチ型がありました。

ポンチ型は、先に穴のあいた金属で革をかなづちでたたくことで穴をあける道具です。

このスクリューポンチは、手持ちの部分を押すことによって

そのポンチの先の部分だけスクリューのように回転させて簡単に穴をあけられるという

非常に合理的な商品ですw

お値段も2000円弱と格安www


suku02.jpg

先に取り付ける穴あけの金属部は6種類。

1.5mm 2mm 2.5mm 3mm 3.5mm 4mm の0.5mmきざみです。


取りあえず、いきなり本番をする前に予行練習。

あまり使う予定の無い、使っていなかったベルトをひっぱり出してきました。

suku03.jpg


穴の大きさとポンチの穴の大きさを比較確認。

一番小さい1.5mmを取り付けることに。

suku04.jpg

穴は裏側から開けます。

開けたあとで綺麗にみえる方が反対側なので。

手持ちの部分をしっかりと握りそのまま革に垂直に押し当てます。

ポンチの先の金属を取り付ける部分が押し付けることによって回る仕組みになっております。

一度押し当てただけでは穴はあきません。

何度か反対側にちゃんと届いているか確認しながら何度か押し当てる作業を繰り返します。

そんなに力を強く入れなくても簡単に穴はあきます。

suku05.jpg

しっぱいすることなく、そこそこ綺麗に簡単にあきました。

ただ、ベルトは固定しておくかもう片方の手で支えるかしないとくるくる回ってしまいます。

suku06.jpg

さきっちょに開けた穴の革がつまりました。

普通に何度か穴あけを繰り返せば自然にとれるのでしょうが

そういうのは気になってしまうので、爪楊枝でつついてとりましたw


さて、本番。

suku07.jpg

ちょっと大きい穴があいたようにみえますが

穴自体はベルトに最初からあいていた小さいあなと同じ程度の大きさ。

じかんが立てば少しは目立たなくなると思います。

suku08.jpg

表面です。

綺麗に穴があいています。

成功です(失敗なんてしようがないw)


早速、手につけてみました。

suku09.jpg

ちょうどいい具合でフィットしましたw

前は、くるくる回ってしまうくらいでしたからw

やはりベルトの調整はたいせつですねw
Comment:2  Trackback:0

back-to-top