2014
03.23

ナチスの懐中時計 タバン *暇なおっさんの遊び02*

Category: 腕時計
前回に続き同ネタで申し訳ありませんがw

懐中時計に手を出してしまいましたw



実はナチスで使われていたという私が某オークションサイトで見つけた時計は

置時計だけではありませんでした。

懐中時計もあったのです。(腕時計もあったけど)

本当はその懐中時計がめちゃくちゃかっこうよかったから

それを作る気でいたのですが、なかなかいい懐中時計(価格的な問題w)がみつからず

その時間つぶしに、前回の置時計を制作したものですw



本当なら、置時計同様クオーツ式のものを使いたかったのですが、

クオーツ式の懐中時計でスモールセコンドの物は高い物が多く(値段的にw)

それをざわざわ購入してばらすのも気が引けました。

サイズ的にも小さい物が多かったのも一つの要因です。

それでも、「ブロニカ」というメーカーの懐中時計はサイズも値段も手頃で

クオーツという点でも問題なかったのですが、

実際分解して文字盤を書き替える事を考えると、時計の構造上

裏蓋側から分解してから、竜頭を引き抜くアプローチの仕方になりそうだったので

やめておきました…(組み直すときにちゃんと戻せるか心配な為…)



それに、某オークションに出ている古いジャンクの懐中時計は1000円とか2000円とかで

落とせそうなのもたまにあるのでそちらを選びました。

時計のケースも古い物は、風防側からもオープナーで開ける事ができるので

リスクもすくないのです。



という事で今回落札した時計がこちら。

taban01.jpg
taban02.jpg

かなり汚れていますね…w

アンティーク…、そんな言葉がぴったり来ます。

それでも動品で3400円程。まぁ無難な感じです。

文字盤はホーロー文字盤ですね。経年の劣化と汚れがすばらしくいい感じの味を出しています。

ホーロー盤はさすがに、ところどころヒビは入っていますが、全体が割れている訳ではないので平気です。

色は金色。だと思っていたのですが、汚れを落としつつピカールで磨き上げると

taban03.jpg
taban04.jpg

こんな綺麗な銀色に。メッキが落ちたのか?(メッキだとしたらそんな簡単に落ちるはずは…)

軽く調べてみた所、こちらの懐中時計「タバン」というメーカー名でした。

今でも現存する「CYMA」というスイスの時計メーカーの前身の名前でした。

CYMAは1871年に設立された歴史の古いスイスのブランドです。

タバンは明治後期から大正頃は「犬印タバン(登録商標はTRUSTY)」として親しまれ、

日本国内に数多くの製品が現存しているとのこと。

裏蓋を試しに開けてみると

taban05.jpg

ありましたね。犬のマーク。

裏蓋は2重になっておりさらに開けると

taban06.jpg

機械が見えました。

比較的綺麗ですね。

この懐中時計、文字盤が筆記体調のモデルは比較的古いものだそうで、

大正の始めくらいだそうで、およそ100年前の物だという事がわかりました。

まさにアンティーク…(アンティークって言葉は確か100年ものからといいますよね、たしか…)

当時の日本人には文字盤のこのローマ数字が格好良く見えたらしく

とても人気だったそうです。



調べてみるといろいろと分かるもんですね。

まさか100年前の時計を手にする事になるとは思いもよりませんでした。

金色に間違えた色は100年の汚れ…?



取りあえず綺麗にしてズボンのポケットに入れてみましたが

普通にかっこいいw

なんか文字盤書き換えやめようかな…、と思わせるくらいいい感じw

しかしながらそんな事になってしまったら本末転倒!

やるぞ!と自分に言い聞かせるw



文字盤は前回の置時計の時にもはや作っていた物があったので

それを、調整するだけ。(汚れなんかも作っちゃってw)

懐中時計の文字盤のサイズに合わせる。

ホーロー盤なので、用紙は光沢紙がいいかな…。と思い

用意しました。

taban07.jpg

文字盤に貼付ける事を考えると、できるだけ薄い物がいいと

薄めの光沢紙を買ってきました。

準備万端♪早速印刷いんさつ〜♪とプリントアウトをしてみる。

光沢紙の設定で。

taban08.jpg

出てきたでてきた…。

ん?

あれ?

なんか色とか線がつぶれてる…。

なんで?

ちょっと汗をかきながら、設定をいろいろ変えて再度プリントしてみるも

色の乗りが悪く、細かい描写ができない…。

キャノンのプリンタ(6年くらいまえくらいに購入)なんですが(それなりに安いやつ)の

限界か…。と肩をがっくりと落とす。

直径42ミリに市販の安いインクジェットプリンタで精密に描写しようなんて考えが甘かったのか…。

しばらく呆然としていた訳ですが仕方が無いからア○セアとか印刷をしてくれそうな所ネットで

探し始める私。

でも何となくあきらめきれず、普通用紙に普通用紙印刷設定で再度プリント合うとしてみた。

するとどういう事か、めっちゃ綺麗に出たw

どういう事だ?としばらく考える。

取りあえず用紙のもんだいはあると思う。

インクの乗りが細かい描写をするのに光沢紙は厳しいと。

それと、設定上の問題。

こまかい設定をすると綺麗に仕上げようとインクをたくさん使う為か

細かいところがつぶれてしまう?

普通設定で適当に印刷した方が逆に綺麗に結果印刷できたと…。

不思議な事です…。

taban09.jpg

色乗りの問題を考えるとそれならば、普通紙よりも高品質な用紙を使った方がさらにいいだろうと

初めてキャノン専用の用紙を買ってみた。

しかしながら、設定で高品位の用紙推奨の設定を選んでプリントすると

またもや光沢紙のようににじんでしまう…。

そこで高品位専用紙で普通紙設定でプリントアウトしてみた。

するとなんとういうことでしょう。

いままでで一番綺麗に印刷できました(涙)

いったいどういう事なのか未だに分からず…、どういうことですかキャノンさん…。

そこからはどのくらいの線までいけるか、どれくらいが一番綺麗に見えるように

プリントされるのか設定やら何やらを文字でメモりながら何種類も印刷して試行錯誤…。

taban10.jpg


取りあえず納得の行くところまでやりましたw

色も何種類か用意して準備万端!(何回目?w)

taban11.jpg

文字盤は納得の行く仕上がりになったので。

早速それを貼付ける為に、今度は懐中時計の軽い分解にかかります。

風防側からオープナーを使ってケースを開けます。

何せ100年ものですからね…、力がね…

と力みながらやるも、あっさりパカっととれましたw

taban12.jpg

なんか少し感動w

あいちゃったw

そして今度は針を外しにかかります。

置時計の時は大きかったので手で取れましたが、懐中時計は小さいので

専用のはり取りを使いました。

コレもね、なにせ100年ものですからね…、きっとさびとか何とかで力がね…

とおもいきや、これもすんなりポコっととれちゃいましたw

taban13.jpg

これは安心w

実際はここで苦労するんだろうなぁと思っていたのでラッキーでした。




分解はここまで。

今度は文字盤を用意です。

プリントアウトした、文字盤を切り抜きます。

針を通す中心部分の穴は小さいので、はさみではきついのです。

ですからこうします

taban14.jpg

穴あけポンチ登場!!

本来は革ベルトに穴をあける専門の彼がココで登場ですw

本人もこんな使われ方するとは思わなかったでしょうw

おかげで綺麗にあきましたよ。


スモールセコンドの穴はさらにちいさいので

そこはキリをつかって少し穴をあけてあとは爪楊枝で少しひろげたりしました。

taban15.jpg

取りあえずどの色と相性がいいのか、見たかったので

文字盤にのっけて風防をのせてどれにするか選ぶ事に。

結果、この薄ブルーいいなぁーと。

とくに汚れ加工してないブルー文字盤にする事に決定!

taban16.jpg

貼付ける為にホーロー文字盤に小さく切った両面テープを貼付けていきます。

再びはがすときに文字盤にダメージを与えないように、文字部やいい感じの汚れのあるところを避けて

はりつけます。(元の文字盤は生きたままにしたいですからねw)

taban170.jpg

文字盤に丁寧にのっけて、綿棒で押しながら貼付けます。

taban175.jpg

針を取り付けて、風防をつけて取りあえず完成ですw

なかなかポップな感じでいいですねw

コレで完成でいいかな〜!!

と数日コレで使用してみたんですが、やはり文字盤によごれが無いとなんか

真新しすぎる感じが微妙に思えてきてやはりかえましたw

それに文字盤の中に収まるダイヤルの大きさが若干おおきすぎたために

風防ギリになっていたので全体的にサイズの調整もする事に。

taban18.jpg

今回の汚れは若干気合いを入れました。前回の置時計を作った時の教訓で

汚れはきつめに強く入れないと実際につけたときに目立たない…と。

しかしながらこれの調整がなかなかむずかしい。

入れすぎると汚らしくなるし…。

これも試行錯誤でプリントアウトの繰り返しでした。

しかしながら、私の中で完璧と呼べる汚れが施せましたw(私は一体何を言っているの?w)

taban19.jpg

プリントの汚しにプラスして、完成した文字盤に、今度は

置時計の時に使った、クリアラッカーを使う事に。

表面のぼそぼそした感じが経年劣化風に使えるのではと使ってみました。

予想はいい感じにあたり、本当に古いオリジナルの文字盤っぽくなりましたw

ひかりを受けると少しきらきらとします。

taban20.jpg

最終的にコレで完成です。

私的に「完璧」と呼べる仕上がりですw(超絶満足w)

社名もちゃんとタバンの筆記体表記にしておきました。

あと、6時方向下に小さく自分の名をローマ字で入れておきました。

コレで私専用のナチスの懐中時計が完成です!

やったー!

運針も問題なく、大きな狂い無く動作しています。


しかし出来が良すぎて、テーブルにおいておくと

気味が悪いくらいでスw


取りあえずナチスの時計シリーズはこれで完結ですw

なんだか自己満足につきあわせてしまった感が気まずいです…w

タイトルとちがうじゃないかー!

腕時計はどこへいったー!と叱咤する声が…。

すみません…。

次回からちゃんとやります…w

またこりもせず、腕時計買っちゃったんで…。(病気w)

乞うご期待!w

taban21.jpg

Comment:4  Trackback:0
2014
03.02

ナチスの目覚まし時計 分解等 *暇なおっさんの遊び01*

Category: 未分類
いつもの日課の様にして某オークションサイトを巡回していると

何とも興味深い時計を発見。

「WWⅡナチスドイツ SS第2装甲師団ライヒ 目覚まし時計」と商品名にある。

ナチスの目覚まし時計…。かっこいい…。


戦争を知らない世代の私は不謹慎にもそう思ったのだ。

でも仕方のないことであると思う。

ドイツのナチスのデザインは軍服から旗印から何から何まで格好いいのだ。

戦時下においてたくさんの人の命を奪いひどい事もたくさんした

ナチスドイツ。今や旗印であったハーケンクロイツはドイツで冗談まじりにマークとして使ったり

シールにしたり旗を振ったりしたらマジでぶっとばされるらしい…。

ドイツ人も当時のそういうモノを忌み嫌って決して軽く扱わずに自国の戒めとして自重するらしい。


しかしながら私は日本人である。

ドイツ人ではないので、日本国内なら関係ないのである。(と、あえて開き直っていますw)


第二次世界大戦時使用されていたというこの置時計

某オークションサイトではこ10万円近い金額で出されていた…。

「へぇ〜、かっこいいなぁ〜」なんて眺めながらも、

「でも10万はないわぁ〜、私は軍事関係マニアじゃないし…」と人の趣味を眺める感じで見ていた。

落札する気など毛頭ないがしかし興味津々。


そんな時、ちょいとピンとひらめいた!

そういえば前からちょっとやってみたかった事があるんだよなぁ〜と。

この型の目覚まし時計なら、クォーツ式のが巷で安く売ってる。

それを使うか!と。


どういう事かというと、10万の実物を買う気はないが

クォーツの文字盤を書き換えて安く自分で作ってしまえ!と言う事だw(何とも安易なw)


という事で当時の手巻きゼンマイ式の置時計と同じ様な見た目のクォーツ式置時計を買ってきましたw

nachi01.jpg

文字盤を書き替えるのでそれ様の用紙も。

nachi02.jpg

こちらがクォーツ式の目覚まし時計。オリジナルの時計もこういったベル式で見た目はほとんど同じタイプ。

ただこちらは、手巻き式ではなく電池で動きますw

2000円でしたw

nachi03.jpg

取りあえず、裏の蓋にあるネジを3カ所とも外してみます。

うまい事分解できるのだろうか…と心配しつつも開始。

nachi04.jpg

蓋を開けると機械が見えました。

スッカスカですねw

黒くて四角いのが時計の機能の本体ですね。

上のモーターはミニ四駆なんかでつかうタイプのと同じなんですかね。

ベルをならす為のものですね。

文字盤の所まで分解する為にはこの上に出てるベルの部品をとらないと

ひっぱり出せないのでここも分解します。

あと上にネジがベルに隠れて一個あったのでそれもとりました。

nachi05.jpg

下に着いている足の部分の金属もまわして外すと

たいした部品の数も無く、あっさりと本体をケースから取り出す事ができましたw

nachi06.jpg

それでも無くすと大変なのでネジや部品は着いていたところにそれぞれセロテーブで貼っておく事に。

nachi07.jpg

文字盤はプラスチックの部品に張り付けてあるだけなのではがせばいいのですが

はがす為にはこの針をまずとる必要があります。

針は、秒針・分針・時針・アラーム針の4つです。

コレは中心から出てるどだいの円柱部にそれぞれ刺さっているだけなので引っ張れば抜けます。

しかし部品が細いのでできればマイナスドライバーのようなものを2つ用意して左右から

くいくいと持ち上げてとった方がいいと思います。(私は手で取っちゃいましたけどw)

nachi08.jpg
nachi09.jpg
nachi10.jpg

どんどん取っていくと最後には文字盤をはがす事ができます。

nachi11.jpg

このように。

こんなぺらぺらの紙が貼付けてあったのですね…。

イングランド…。なぜに…。

しかしながら、新品で買ったばかりのモノをすぐにこうしてバラバラししていると

時計本体がちょっとかわいそうになりますねw

「おいおい、いきなりなにしてくれるんだよ!俺新品だぜ!?分かってる?」とういう感じでしょうか?

こんな辱めを受けるとはおもっていなかったでしょうね…。(申し訳ない!w)


nachi12.jpg

素っ裸で辱めをうけている状態↑w バラバラです…。

nachi13.jpg

続いては文字盤の作成。

オークション画像に使われていたものが比較的正面から時計を見た画像だったので

大体のデザインは把握できて、コピーしやすかったです。

それでも部品全部を一つひとつ綺麗にトレースしました。

イラレでトレースした後は、当時風を装う為に

フォトショップで経年劣化のシミや汚れ等を追加しました。

こういう作業は楽しいですねw

大きさをもとの文字盤と合わせて針の中心も合わせてプリントアウトします。

初プリントで、大成功。

用紙選びが良かったようです。

クリーム色がとてもいい感じです。

nachi14.jpg

本体プラスチックに貼付けて針をつけ直します。

上下ダイヤルは印刷ですwクォーツ式ではこういうタイプのは無いからw

文字盤は、印刷だけでは物足りなかったので、汚れの追加として

ボールペンやらシャーペンやらを使いました。

さらに多少の劣化の演出の為に印刷部をあえてカッターの刃先で少し削り落とし

さらには、油汚れ的な要素もプラスしたいなと、普段よく使っているピカールを少々指につけて

こすりつけたりしました。(無駄に凝るw)

nachi16.jpg

本体をケースに戻して各部品を取り付けていったん完成!

nachi15.jpg

オリジナルの文字盤を忠実に再現しつつも、ナチスで使われてた左下のマークをノットイコールに変えたり

上の小型ダイヤルの下部が写真では何のマークか判別できなかったので

平和を願って、ウルトラマンの科学特捜隊のマークに。

右下にはオリジナル同様、ドクロマークです。

かっこいい…。

しかしながらオリジナルの文字盤では若干パンチが弱いので

文字盤を少し改良する事に。

1から12の数字に色を付ける事に。

オレンジかグリーンかで迷い、フォトショで合成してみて似合う方を採用。

結局黄緑っぽい色に。夜光的な感じですね。

nachi17.jpg

こうした作業は時間を忘れるくらい楽しいですねw

文字盤を貼り替える為に再び分解、組み立て…。(もはや慣れたものです)

文字盤を張り替えると今度はケースのユーズド加工に取りかかりました。

文字盤だけ経年劣化してるのもおかしいですからねw

本体も使い古した感じがほしいですよねw(誰に言ってるんだ?)

nachi18.jpg

ギャーッ!!やめてくれぇ〜!!

そんな悲鳴が聞こえてきそうですw

つい数時間前まで新品だった彼が(なぜ男?w)すぐにも鉄ヤスリでガリガリに

されるなんて夢にも思わなかった事でしょう…。(申し訳ない!)

はじめは紙ヤスリでやったんですが、思ったよりも厚めにペイントされていたので

すぐに鉄ヤスリに切り替えました。

この作業はちょっと疲れた…。

傷のつけ方等も擦れた感じや、ぶつけた感じ等をイメージしながら

実際、こすったり叩いたりしてペイントをはがしにかかりました。

nachi20.jpg

そして、ひととおりのユーズド加工を本体ケースに施しました。

なかなか古びた感じの味が出たんじゃないでしょうかw

nachi19.jpg

こだわりのヤスリがけ跡ですww

全体的に印象が整ったところでお次ぎは、大好きなステッカーを貼る事にw

適当な素材をプリントアウトします。

できれば、ドイツに関わりのあるって似合う感じがいいなぁ〜と。

本体の大きさとシールをどのくらいの大きさにしたらいいかを

定規片手にもちながら、サイズを決めてプリントアウト。

適当に貼付けます。

nachi21.jpg

うんうん、なかなかいいんじゃないでしょうか。

ライカの赤が効いていますねw

nachi22.jpg

裏面にも適当に貼りました。

イメージとしては、学生のバンド部の部室に気がついたらおいてあった置時計を意識したロックな一品です。

置くロック的な。(だじゃれかよ…)

古くさく見えても電池で稼働しアラームも作動!

暗闇ではボタンを押すと…

nachi23.jpg

このようにライトも点灯!

なんということでしょう!(ビフォーアフター的な)

これで完成としようかと思ったのですが、実際に日に当たるところに

彼を置いてみると(もはや彼で固定)、ヤスリがけ跡がなんとなく痛々しく感じてしまいました。

ユーズド加工とはいえなんとなく後ろめたさを感じます…。

という事で、錆び止めの意味も込めてつやだしの為にクリアのラッカースプレーを購入。

nachi24.jpg

ガラス面や、金属部のスプレーされたくない所を

セロテープや新聞紙を貼付けてスプレーします。

nachi25.jpg

数回に分けて、スプレーをします。

nachi26.jpg

うん、いい感じにつやが出て痛々しさがなくなりましたw

シールは貼ったままだけど関係なしw

若干の気泡などを細かいペーパーヤスリで軽くこすってあげて

ついに完成です!


nachi27.jpg

nachi28.jpg

面白半分で始めたのでひどく失敗する事も想定したのですが

私的には十分成功です!

オリジナルよりかっこいい!(自分的にはw)

今更だが針もユーズド加工しておけばよかったかな…。(ほんと今更w)


飽きたら、適当に自分でデザインした文字盤でも作ってまた貼り替えることにしますw

皆さんも、暇があったら挑戦してみたらいかがでしょうか?w

結構簡単にできておもしろいですよ。

でも、失敗してもそれは自己責任でおねがいしますねw(時計の本体の種類によって簡単に分解できないものもあるかもなので)
Comment:0  Trackback:0

back-to-top