2014
05.20

相棒 〜亀山薫・神戸尊の腕時計チェック〜 掛け時計等

Category: 腕時計
去年の末あたりに、ドラマ相棒でやっていた回で、腕時計について記事にしましたが

その記事に嬉しい事にコメントが付き

「亀山、神戸両腕時計も知りたいですね」との要望があったため少し調べてみました。

私もそんな事を言われると、つい調べたくなったりするのです。

そこがわたしの悪い癖w



まずは相棒シリーズ最初の相棒である「亀山薫」から見てみましょう。

フライトジャケットにトレーナー、カーゴパンツの出で立ちでかなりの回をやり過ごす強者ですw

キャラクター的には行動派で体育会系、情に厚く、熱血漢と言ったところでしょうか。

そんな彼にぴったりな腕時計。

それはカシオのGショックです。

aibou-kameyama01.jpg

aibou-kameyama02.jpg

映像を見てみると確かにGショックっぽいですね。

まぁ、Gショックに詳しい人たちが言ってるんだから間違いないんでしょうがw(他人の情報w)

G-600-1AJF_l.jpg
G-501D-1AJF_l.jpg

どの回でどれがというのは詳しくは分かりませんが、この2種類は使われているようですね。

まぁ、この時計のデザインがどうこうというよりは

亀山薫というキャラクターにはGショックはぴったりときますね。

もう少し、かっこいいモデルもあったのではないかはおもうのですが

そこはアイテムですから目立ちすぎないように気をつかったのでしょうか?(考え過ぎ?w)


G-600-1AJF(上)とG-501D-1AJF(下)です。

いずれも2003年のモデルになります。

モータースポーツをイメージしデザインされた物のようです。




続いては相棒シリーズ2番目の相棒である「神戸尊」。

クールかつ気障な自信家で、エリート然とした雰囲気を醸し出す秀才タイプ。

いつもシャレたスーツに柄物のシャツ、ノーネクタイでミッチーのかっこよさが全快ですw(個人的にミッチーの相棒好きw)

彼に関しては、動画等でいろいろチェックしたのですが、まず腕に時計をはめている様子があまりうつりませんね。

一番始めの回に、会議室なんかで上役に特命係行きを命令されるシーンとかパソコンを打って

杉下さんの事を報告する時なんかにチラっと腕時計らしきものがうでから光るのが見えますが

全体像はわかりません…。

aibou-kanbe01.jpg


ネットで調べたところ、たった一件ですが神戸尊の腕時計について

言及しているページがありました。

そこからの情報によると、神戸尊のしている時計は

ボールウォッチ『トレインマスター・キャノンボール』 CM1052D-L1Jだという事だそうです。

それがコチラ↓

BALL WATCH

なるほど、スーツに合いそうで神戸尊のキャラクター像にも

いい具合にマッチしそうですね。

ボールウォッチについては知らなかったので調べてみましたが

アメリカの老舗のウォッチメーカーのようですね。

比較的高価な時計などもだしています。

こちらのモデルは定価で34万円です。

ただ、文字盤下にもあるようにムーヴメントはスイスのもののようですね。

なんだかよくわかりませんが、アメリカ生まれのスイス育ちみたいな?w

鉄道時計を作ってたらしいです。

ほんと調べてもよくわからないメーカーです…(わたしの無知ゆえか…)




相棒の腕時計について調べてみて以外だったのは、やはり

神戸尊の腕時計に関する情報のすくなさ…。

その情報の真偽も確かめようもありませんが…。


それと、腕時計以外に気になる事がでてきました。

それは掛け時計です。

特命係の部屋にも、第5課の部屋にも、さらには鑑識課の部屋にも

壁に同じ掛け時計が掛かっていましたyo!

kabekaketokei01.jpg

kabekaketokei02.jpg

kabekaketokei03.jpg

もちろんコチラも調べてみました!w

この時計もカシオでした。

IQ-49S-8JFというモデルで連続運針のスムーズ秒針の掛け時計です。

IQ-49S-8JF.jpg

値段もお安く定価で¥2,400+税。

ヨ○バシのネット通販では1,000円になってましたw(一つ買っちゃおうかな〜w)

これで、あなたもの部屋も特命係気分!なんて。

そういえば角田課長の腕時計もカシオで亀山もカシオだったよな…。

相棒はカシオびいきですねw



面白い物ですねw

調べてみてよかったw

コメントしたくださった方ありがとうございます!

また、他の記事を読んでくださった方でも構いませんので

どしどしコメントお待ちしております!(本当にコメントもらえると嬉しいのですw)



最後に、前回の記事で紹介した右京さんの時計なんですがフレデリック・コンスタントでしたよね?

しかし、その前に別の腕時計をしていた時期があるのです。

それも今回相棒シリーズの腕時計を調べ直していて分かった事なのですが。

それがコチラ↓

SCJF003.jpg

セイコーのINTERNATIONAL COLLECTION(インターナショナルコレクション) SCJF003です。

やはり、右京さんのキャラクターイメージとしては昔も今もあまり変わらず

クラシックな感じが好みなのでしょうかw

あと、ローマ数字表記がすきなんでしょうかねw

スモールセコンドの秒針なんてクラシカルです。

素敵ですね。しかしフレデリックコンスタントの回では機械式が魅力的だみたいなこと言ってましたが

こちらはバリバリのクォーツですw(まぁ、クォーツも持っているということでw)



一応、他のキャラクターについても調べてみたんですが

あまりめぼしい情報はありませんでした…。

コレにていったん相棒の腕時計編終了という事でw

また何か分かったら記事にしたいと思います!



さてさて、皆さん最近いかがおすごしでしょうか?

わたしはまたも欲しい腕時計がどんどんでてきて

ある意味幸せな日々をすごしています(妄想の中でw)

やっぱり腕時計っていいですよねぇ〜(久しぶりのこのブロッグぽい締めということでw)


過去に調べた右京さんの時計編(良かったらコチラも見てくださいねw)
Comment:2  Trackback:0
2014
05.02

やまぬ物欲のダイバーズウォッチ 《エポス・セイコー・シチズン・オリス》

Category: 腕時計
我ながら、腕時計すきだなぁ〜と思う今日このごろ。

ほとんど、1日も欠かさずに時計のページ見てるし、オークション見てるw

町の道行く人や、電車の中でも人の腕についているのをチェック。

もはや私は、時計欲の修羅道へ足を踏み入れてしまったのか…。



まぁ、そんな事はどうでもいいのですが。(もはや諦観の域へと…)

そうして、人の時計を眺めていると、やっぱり

「あっ!それ格好いい!!」って思う物がある訳ですね。

前回書いたオリエントもそうなんですけどね。



今回は、ダイバーズウォッチです。

前からダイバーズウォッチの格好いい時計がほしいなぁ〜と思っていたのです。

「ダイバーズウォッチの格好いい時計」でまず思い浮かぶのってなんですかね?

私は、ベタですが、やっぱりロレックスのサブマリーナです。

ロレックスと言えばサブマリーナがパッと頭に浮かぶんですよね。



ロレックスって正直縁遠いから、前までどうしても

「成金」なイメージがあって、ロレックスしている人イコール

成金でダサイって勝手におもっていたんですよねw

なんだかんだ、日本人ってブランドものに弱いから

金持ちはロレックス着けたがるじゃないですかw(勝手なイメージかな?w)

そういう人に限ってファッションとかださかったりして、

うわぁ、ロレックスしてる人ってださい…。って私の中ではなってた。



でも、まぁやっぱりロレックスって機械自体は専門の時計士がみても

いいって言うくらいだから、そこら辺は高いだけじゃないってことなんでしょうけどね。

でも、未だに欲しいって本気で思わない私w

格好いいですけどねwなんだかんだで。



今日は、そんな偉そうな事を言っても所詮貧乏で買えない私が選んだw

ダイバーズウォッチを見ていきたいとおもいますw(ちくしょう!w)



やっぱりね、人間金が無いとね、安くて格好いい物をさがすんですよ。

必死ですよこっちもw



最近ダイバーズウォッチを見ていてまず、コレいいなぁ〜と思ったのが

こちら↓

epos-daiba-.jpg

エポスのダイバーズウォッチ3241です。

エポス社は1925年設立のスイスのウォッチメーカーです。

機械式の本格的な腕時計を比較的手に入れやすいお手頃価格で提供してくれてる、

私にとって印象のいいウォッチメーカーでありますw

こちらの腕時計も定価は46,200円とリーズナブル。

全体的にはやはりロレックスサブマリーナを真似てる感が否めない。

針もメルセデス針ですね。

ただ、この時計の特徴というか気に入った点は

文字盤のインデックスがバーではなくアラビア数字だということ。

時計自体にごっつい感じが無く、それなりにコンパクトにおさまって見える本体と

インデックスのアラビア数字とそれでもメルセデス針を使ってるところが

なんともかわいらしく思えます。

パチもの感があるのですが、逆にそこがおもちゃ風味というのでしょうか

爽やかさすら感じます。

巷ではもっと安く、ロレックス丸パクリの時計がありますが、

これはギリセーフと言った感じですね(私のなかではw)



続きましては国産セイコーの時計になります。

seiko-daiba-.jpg

セイコー プロスペックスSBDX001です。

セイコーはダイバーズウォッチは昔から作っていて、今では昔のヴィンテージとかで

サードダイバーズなんかが人気で某有名俳優がドラマで着けてたとかなんとかで

オークションなんかチラ見すると結構な高値で取引されていたりしますね。



ただ昔のダイバーズはやはり経年劣化や実際に海で使用した為か

文字盤の状態の悪い物が多く、私的にはそこまでして手に入れたいとは思わないのです。(それでも興味はありますが)

そうなってくると、最新の技術とパーツで作り上げた現在販売中の物に目がいく訳です。



2,3候補があって他にもいいものがあったのですが、セイコーの中では

このSBDX001は最終的にベストな感じでしたね。

何がベストかというと、まぁ、見た目と質感ですね。

適当にきこえるかも知れませんが、それって大事だとおもいます。

実際に買った人のレビューなんかいくつかみましたけど

結構、ベタ褒めしてました。

中には「ロレックスのサブマリーナ持ってるけどこっちの方が好き、ロレックス1本買うならこっち2本欲しい」と

言っている人もいたぐらいで。なんか持っている人が言うと説得力がありますよね…。



ダイバーズウォッチってやはり、回転ベゼルの質感と文字の大きさやデザインそれと文字盤の夜光インデックスの

大きさ、それらのバランスが非常に大事なんですよね。

後は、ケースの形状の美しさと仕上げの綺麗さなんですが。そこら辺はやっぱり金額によって

妥協せざるをえない部分がありますね。

でもそんな中、このSBDX001はずいぶん頑張っていると思います。



お値段は定価で250,000円ですが、量販店に行けば180,000円前後で買えます。(それでもそこそこしますがねw)

300m飽和潜水用防水で内面無反射コーティング風防に加え時計自体の質感クォリティーが高く見えるのは

非常にすばらしいのではないでしょうか。

とっても欲しい時計の一つですね。



ただ…、一つだけ気に食わない点があるとしたら、長短針の形状ですかね…。

特に短針のこの半端さたるやいかにと言う感じです…。

なんとやる気のない角度なのでしょうw

気にいりませんね…w

そこだけですかね。



そしてお次も国産の勇、シチズンの時計になります。

citizen-daiba-.jpg

シチズンのプロマスターPMD56-3081 エコ・ドライブ電波時計です。

今まで紹介してきたダイバーとは明らかに何かが違いますね。

デザインもそうですが、まずは機械式ではなくエコ・ドライブ電波時計なのです。

ISO JIS200m規格対応の本格ダイバーズウォッチで2時位置のねじロックプッシュボタンを押すことで、

「ダイビングモード」と「電波受信モード」の切替が可能です。



見た目ですが、所謂ロレックスのサブマリーナモデルとは違いますね。

一番良く分かるのは回転ベゼルです。 黒のプレートにメモリが振ってあってという

ロレックスパターンではなく、分かりやすくいうとブライトリングのクロノマット風とでもいうのでしょうか?w

文字もメモリもベゼルに彫り込んであるところですね。

これによって、ベゼル擦れによる塗料の剥がれの心配が非常に少ないと思われますね。

安心して綺麗に使えるって大事ですよね。



デイデイト表示の文字盤はインデックスの夜光も非常に綺麗に作られています。

針も青の色がアクセントでオシャレに仕上がっています。

本当によく作り込まれていて、綺麗です。

針の鋭角な感じも私ごのみですw

机に置いて、じっと眺めているだけでも楽しめそうです。

実際私は、某量販店に行くとガラスケースの中の彼をじっと眺めたりよくしますねw(キモイw)



まぁ、しかしながら電波時計なんですよね…。

そこがシチズンぽさでもある訳ですが…。

この形、まんまでいいから機械式のモデル出してくれないかなぁ…。

そしたら、私買います!w

だって超かっこいいもんw

ほんと、やっぱりシチズンってデザインセンスいいよなぁ…。

因に、こちらのお値段は、定価68,250円で量販店なんかでは48,500円くらいで販売されております。

ほしいなぁ…w




最後の私セレクトはコチラ↓

orisu-daiba-.jpg

オリスのアクイス デイトです。

オリスと言えば1904年操業のスイスの老舗時計メーカーです。

結構前にポインターデイトの時計で紹介したと思いますが。

ダイバーズウォッチでオリスって、私の中ではあまり出てこなかったんですが、

勉強不足なだけですねw結構有名でしたw



パッと見た目どうでしょう?

非常にスタイリッシュな感じがしませんか?

ダイバーズにありがちな野暮ったさというかゴツさが無いとはいいませんが

そぎ落とされていて、スマートな印象です。

スーツに着けていてもこれならイケる気がします。

実際、この時計を着けている人を電車の中で見かけましたが、

とっても格好良かったですね。

私が座っている目の前に立っていた人なのでしばらくまじまじとみてしまいましたw



金属ベルトの印象がとても良かったですね。

シンプルな作りですが、仕上げの良さで高級感すら感じました。

大きさもダイバーズウォッチにしては小ぶりで日本人の腕には良く似合うと思いましたね。



ラグの形状は太く、ベルト取り付けの幅が狭いので

ベルトとケースの一体感があります。

針は独特の柔らかな形状のドルフィン針?リーフ・ハンドですね。

非常に良くあっていて感心しますね。

他のダイバーズウォッチにはないオリスのダイバーズという感じですね。

アクイスは多くのモデルがあるのですが大体120,000〜140,000円くらいが相場ですね。

この作りでこの価格は買う価値があるのではないだろうかと思います。



結局、現時点ではオリスのアクイスが一番欲しいですね。

まぁ、しばらくは指を加えてショーケースを眺める事となりますがw

こうして、いろんなメーカーの同じモデルを見比べてみると、本当にそれぞれ特徴が違いますね。

まぁ、最終的に価格をとるか、デザインを取るか、性能を取るか、はたまたブランドをとるか

それは、その人それぞれですがね。

結局極論を言ってしまえばどの時計も、時間を計る、ただそれだけの性能しか備えてないのですから…。

価値観の問題ですね。

それでも私はいろんな時計がしたい!(懲りずw)


Comment:12  Trackback:0

back-to-top