2014
08.21

ゼニス デファイ zenith defy 〜手の届くゼニス〜

Category: 腕時計
普段から、高級時計と呼ばれるブランドには

あまり興味を示さなかった私が

某オークションサイトで戯れに「ゼニス」のキーワードで

検索を開始した。



その結果…

コレを手に入れたw

zeni00.jpg

年代的には70年代らしい。

やはり今の私は70年代がお気に入りらしいw

ゼニス自体には興味が無かったのだが

このまるっこくてあめ玉の様なつるっと感にしてやられたw(通称食べてしまいたいフォルムである)



機械的には6振動か8振動であろうと思われる。

エルプリメロではありませんw

ベルトは社外製だけど、弓環は結構ぴったりあってる。

落札価格は結構安かった。(それでもかなり粘ったけどw)



さすがはゼニスと言うべきか、単純に前のOHが良かっただけか

非常に正確に時を刻む。

若干の経年変化がある文字盤のおかげで非常に渋い味を出している。

ジーパンにも合うし、スーツにも合う。

この夏かなり重宝している。



ゼニスと言えば10振動の高性能機械式腕時計(エルプリメロ)を今でも作り続けている

時計メーカーとして有名だが、現行モデルはめっちゃ高い…。

バイクの400ccの新車が1台買えてしまう程のお値段である。

モデルによってはロレックスよりも高かったりするのだ。



という訳で、私の様な貧乏人には縁のないブランドであって

そのような理由から「戯れに」検索欠けていた訳だ。

しかしながらそのかいあって思わぬ収穫があったと思っている。

zeni01.jpg
文字盤12方向にはゼニスのマークである星のマークが。

zeni02.jpg
竜頭にはコレまた手裏剣型の★が。

zeni03.jpg
手首につけると、若干小振りな感じが非常に良い。
日本人の手首には合ってる気がするね。


こんなに素敵な腕時計がわずか数万です(オリエントスターなんかより全然安い)

しばらくはプライベートで多用する事でしょうw


そういえば、ゼニスのデファイっていうモデル

今でもちゃんとあって、見てみたんだけど、

この頃の70年代のいい感じをみじんも残さないデザインとか

センスになってしまっていますw

どうしたのデファイ?って聞きたくなるようなデザインです正直…。

それでいてお値段はとんでも無い事に…。



さてさて、ココまでは「手の届くゼニス」の話で

ココからは「手のなかなか届かないゼニス」の話をしようかとw

正直ゼニスの事は詳しく知らないんですけど、

近年トップがかわったとかで、それにともないゼニスのスタイルが

結構変わって来ているらしい。

所謂セレブ思考といいますか、なんか金の匂いがw

それでも私は、昔のゼニスを良く知らないので

現行のオープンハートのエルプリメロなんて

とっても素敵だなぁ〜なんて思ったりするんですけどねw



それでも結局70年代とかのが好きなのでそっちを見ちゃうんですけど。

そんな私の心を射止めたゼニスの腕時計がコチラ↓

zeni04.jpg

キャーッ!なにこの可愛い時計w

キュート!

この文字盤の色。エメラルドグリーン…いい…。

そして何気にエルプリメロである。

コレ超ほしい…。

さんざん調べたあげく分かったのは

これは色違いで赤もあるという事。

オークションでも赤は見かけた事はあるのだが

このエメラルドグリーンのものはほどんど見かけない。

海外のサイトでみかけても文字盤の状態が悪いのがほとんど…。



ゼニスさん!こっち!

ニューヴィンテージで復刻するならこっち!

こっちもやって!お願いしますw



ちなみにこちら状態の悪い物でも

30万円前後いたします…。(何か絶望感が…)

でも、30万でヴィンテージもの買うのってやっぱりなんかちがう気がするんだよなぁ…。

30万あったら新品のかうでしょーと。

まぁ、その人次第なんでしょうけど。

古い物は古いもの、新しい物は新しいもの!

そういう考えと割り切りが時に頭を冷静にする為に必要なのです!w(貧乏人にとっては!w)



それでも、いつかと目をぎらつかせて今日もネットサーフィンをつづけるのですw


Comment:7  Trackback:0

back-to-top