2015
07.06

最近オークションで拾った素敵な時計〜3本分の3本〜 citizen チャレンジタイマー

Category: 未分類
最近、ストレスに耐えられずにしてしまう事が2つ。

暴飲暴食と

腕時計の購入。

最近お医者さんに言ったら「あぁ〜こりゃ、時計つぎつぎ買っちゃう病だね。末期だわ」と

レントゲン写真を片手に言われました。

自分でも自覚症状があった分「そうですか…」と納得はしました。

しかし末期ということなので不安があり対処法を問うた所

「も〜ぅ、ここまできたらしょ〜がないから、買えるときにガンガンかっちゃいなさい。もうそれしかないって〜。あとはお金無くなってきちゃったら、売れるもんは売って、なるべくためないようにするしか無いね〜」と

おっしゃっていました。(そんな事実はありません!)



最近オークションで拾った素敵な時計シリーズ今回でめでたく最終となります。

よくよく考えてみたら拾ったなんて都合のいい言い方してますね。

実際は違います。

実はこんな事が起きていました。


いつものように、腕時計の宝が眠る、ネット上のアドリア海、ヤ○オクというオークション会場に私はいました。

その日も気がつけば俺はクリックを押していた。

何度も何度も…、何やら高値がどうとか更新がどうとかいうので

その度、なんども何度もクリックを押していた。

私は悪くない、誰かが何度もクリック押すから悪いんだ。

死にものぐるいで逃げ回ってクリックを押し続けたが、やっこさんはやめてくれねぇんだ。

そのうち手も足もしびれてきて、目までくらんできやがって…もうダメだって思った…。

その時だ、突然目の前が真っ白になっちまった。

光の中と言った方が良い…。

妙に明るいんで雲の中だと気付くのにずいぶん時間がかかった。

俺は疲れきっていて、クリックする気力もなかった…。

それなのに…、マウスはかってにクリックするんだ…。

ベルニーニ!!無事だったのか!!

ベルニーニ!!待て!どこへ行く!

ベルニーニ!!行くな!

ジーナをどうする気だ!

俺がかわりにクリックする!

気がついたら…、時間ギリギリで俺だけ一人でクリックしていた…。

画面には、「おめでとうございます!! あなたが落札しました。」の文字が。

なんの事やら分からずに、銀行に振込に行った。

何日かすると手元に時計が届いた…、不思議な経験だった…(紅の○風味、誰か止めてw)。



そうして手にした時計がこちら↓(前置き長っw)

cyaren-03.jpg

シチズンのチャレンジタイマーです!

70年代前半に作られたものです。

時期的にみて、セイコーのスピードタイマーなんかの対抗馬といった所でしょうか。

私も、その存在は知っていて、前にも別の記事で書きましたが良かったら見てください↓

Citizen 67-9151 「カメレオン] 「オクタゴン」 「八角ケース」

前に書いた記事の時計よりは世間一般で知られている「チャレンジタイマー」と言えばこちらの

イメージでしょう。



竜頭とプッシュボタンが通常の時計のように右側についておらず

上部についていますね。

そして、クロノグラフと曜日・日付の3つの丸がまるで顔のように見えます。

このモデルについたあだ名は英語で「bullhead[頭の大きい魚(カジカ)]」うまいこと言いますね。

日本では「ツノ」とか「パンダ」なんて呼ばれたりもしています。

さっきの○の豚の下りから、私には豚に見えて仕方ありませんがw。


文字盤は色がついているように見えますが、実はこれ

経年の日焼によるもの。

あまりに均一に焼けているので、最初はピンクの文字盤かと思うくらいでした。

ココまで綺麗に焼けているとあまり気になりませんね(私的にはw)。

ヤケ以外は年代の割に非常にいいコンディションですね。



実は前に、セイコーのスピードタイマーを買うときに、

ちらりと横目でみたのですが、なんというかインパクトが強すぎて

当時の私にはピンと来ませんでした…。

それからしばらくして、たまたま中野ブロードウェイで実物を見かける機会が

あって、「あれ結構小ぶりに見えるし、なんか良くない?」って思ったんですw



それからなんだか急に欲しくなって、ネットで良いのが出るのをじっとまっていたんですね。

このモデルはebayでも良く出ているんですが、ダイヤルを書き替えているリダン物が多くて

なかなか、オリジナルのいいのに出会う機会がなかったんです。

文字盤カラーは赤青緑にゴールドなんてのもあってカラフルでいいんですけど

私の欲しかったのは白文字盤だったんです。(もはやピンクだけどw)



曜日も漢字表記の物で大満足ですw

実物が届いてみるとそれなりに傷はあるものの全体的に結構いいコンディション。

ガラスには傷はありませんでした。

ただ…、クロノグラフ機能がやられてました…。

開始ボタンは反応あるんですがリセットボタンが不良で

何回か押して何となくもどるみたいな…。

そして、左のメーター動かずで、右のメーターはずっと動いているようで

30分後とかに見ると、違う位置にいたりします…。

それ以外は時計として日差はあるものの、正常に機能します。

ただ、このまま使い続けるのはあまりよくないと思うので、また修理しなくては行けないと思います…。

最近時計のオーバーホール地獄になっています…。

今2つの時計のオーバーホールを頼んでいて、うち一つがやっと出来上がり今度取りに行って参ります!

しかしお金がかかる…。


cyaren-05.jpg

横から見るとなんか昆虫のようなボディですね…。

cyaren-04.jpg

なんとも不思議な作りです…。

てんとう虫のように見えなくもない…(マイワールドw)。

cyaren-02.jpg

しかしながら、腕につけるとなんとも治まりがいい感じなんですw

つけていて「あっいいな」と思える時計です。

あんまりそういうのってないんですよね。

時計自体が格好よくてもつけてみるとなんかちがうなぁ〜っていうのは

おおいんですけどねw

自分の中ではシチズン界のデイトナと、そう呼んでおります(そんなバカなw)。

ケースを少し磨いてあげるだけで見違えるようにピカピカになりました。



シチズンファンからはこの時計こよなく愛されており、

2004年にはクォーツで復刻が限定で出された事もあります↓

cyaren-06.jpg

とても上手い事復刻してますね。

ただ、何故か四ツ目になっています…。

おでこに目が…。

通称テンシンハンモデルですね(そんな通称はありません!w)。

いまでも時々、オークションサイトで出品されているのを見かけます。

ただ、たかいんですよね…。

それならオリジナル!って私はなっちゃいます…。



cyaren-01.jpg

この時代のクロノグラフって、スピードタイマーもそうだけど

永久秒針がないんですよね。

だから何となく動いているのか不安になったりするんですよねw

特にこれは、クロノメーター不良だし…。

あぁ、また来月あたりOHお願いしてこようかな…。

金が…。

うごかねぇ、クロノはただの時計だ…。(無理矢理w全然上手い事かかってないw)

やべぇ、豚がなんか言ってるw


頑張って稼ぐぞ!!


次回「初めてのオーバーホール、金かかり過ぎじゃね?」をお楽しみに〜w(ほんとに?w)
Comment:6  Trackback:0

back-to-top