2015
09.23

セイコー ロードマチック 5606-5100 手をつけないでいた素敵な形

Category: 腕時計
ジラールペルゴのOHが終わり

オリエントの手巻きのOHも済んで

あれもこれも、いろいろとお金がかかるのに

またもや新たに時計を購入してしまう私…。


日々ストレスが多いので(本当に…)

もはやストレス解消を銘打って半ば自身では

しょうがないとあきらめている今日この頃です!w


とはいえ何でもかんでも

適当に買っている訳ではなく

やっぱりこの時計欲しい!ってなる時計なんでスョ!

今回はセイコーでは有名なロードマチックの紹介です。

過去の記事でロードマチックの事を書きましたが

過去記事参照↓

魅惑のカラーバリエーション セイコー ロードマチック

過去の記事にも、ありがたい事に色々とコメントを頂く事があり

最近、ロードマチックのページにコメントくださった方がいたんですが

私が初めてロードマチックを手に入れたのがカラー文字盤でカットガラスという

ものでしたので、ロードマチック=カラフルみたいなイメージがあり、

そこで「ロードマチックはカラー文字盤だけじゃないよ」とご指摘をいただき

もともとロードマチックは出だしはカラー文字盤は少なかったそうです…。

どちらかというとビジネスチックなベーシックなスタイルが主流だったそうです。(勉強になります!)



そんなこんなご指導いただいてからで何なんですが…、またカラー文字盤です…。

コレです↓

lord-01.jpg

非常に変わった形です。

実はヤ○オクでも時々見かけてたんですが、何となくスルーしていたんですねw

でも、なんでしょうね。サブリミナルでしょうか?w

刷り込まれていったんでしょうか?(まさか!!)

特徴的なオーバル型のフェイスとインデックスの全部縦揃えにやられました。

lord-03.jpg

この立体的なインデックスがとても素敵です。

ダイヤルは深緑のグラデーションです。

このタイプは他に茶色形のグラデーションがありましたが

私はこっちが好みでした。(そっちもとても素敵ですが)

サイズ的にはちょうど日本人の腕にあう感じで

少し小さめですが、レディースまではいかないと思います。

逆に女性がつけてもとてもオシャレだと思いますが。

色と形がアンティークな雰囲気を醸し出し(この感覚分かってくれる人少ないだろうなぁ…w)

是非、秋冬につけていたい!と思い立ち、実は夏真っ盛りに既に購入していました!



最近記事にコメントを頂く事が多いので、返信させてもらうときに

ついこの間も書いたのですが、私の時計の買い方って

ファッションと似た所があるんです。

古着とかすきなんでそういうのを下北とかで漁る感覚と似てますねw

夏には秋の事を考え秋には冬の事を考えるw

百貨店の売り場のようですねw

想像するんです。例えば今なら、

これから冬だな〜、コート買おうかなぁ〜、何色がいいかなぁ〜

ブーツも欲しなぁ〜、全体的にかちっとしてるから

ちょっと雰囲気のある時計が良いかも!とか。

コートからすっと腕を出したときにどういう時計が出てきたら

素敵かなぁ〜とか。

考えるだけでもたのしいでしょ?w(私だけ?)


ただし、わたしも金持ちじゃ無いので

コートから、ピアジェがすっと覗いたらすてきだなぁ〜

じゃぁ〜買おう!とはなりませんよwさすがにw

じゃぁ〜、クレドールかなぁ〜、ともなりませんよ?ww

小市民ですから!!(悲しいかなつよきに!w)

ですから、安くて信頼のあるブランドで可愛いのを探すんです(必至にw)


lord-02.jpg

可愛いっすw

この形状、愛してやまないっすw

ほんとにね、探してみると色々な時計があるものですよ。

しかもね、あの時は何とも思わなかったけどっていうのもね

今にしてみれば…、ってありますからね。

時計を見るのをやめてはいけません!w(時計の宣教師w)


実はこの時計もっと早く記事で書こうと思っていたんですが

風防の6時付近にヒビ割れがありまして、

風防を交換してからにしようとおもっていたんですが

新品のがe○bayであったんですが、

ヤ○オクでジャンクの本体がありそれを購入した所(風防以外にも必要な時部品とりできるかもと思い)

風防の傷が思ったよりも多くそれを磨く作業がありまして、ちょっと時間がかかりそうだったので…w

最初から新品買っとけば…w

まぁ、「めんどくさい事が楽しいんだよ」という名台詞もありますしねw

所○ージ様の名言ですw


オリエントの70年代カラー文字盤の風防を取り替え、

今度はオーバーホールにもだし、ケースを自分で磨き

そうこうしているうちに、そういうのになれてしまい

この時計も風防を変えて、OHしようかなぁ〜とか

ケースは今度磨きにだしてみようかなぁ〜、なんて思い始め…

金…みたいな…w

時計中毒ですねw



今日たまたま、コンビニで備え付けの灰皿のおいてあるコーナで

タバコをすっていたら(禁煙してたのに再燃…ストレス…)

パジャマに近い姿の女の子が通り過ぎ

Tシャツの後ろに「男ってみんなバカばっか!!」ってプリントが

してあり、つい心のなかで「ですよね〜」っていって頭を下げそうになりましたw


私は別に変わった時計ばかり集めている訳ではなく(結果としてそうなっている節はありますがw)

素敵だなって思ったものを買っているだけなんですね。

なんでそういうものに惹かれるのかっていうと

多分なんですけど、現行の時計にこういったタイプのものが少ないのと

単純に良くできているってところなんだと思います。

これと似たヤツって探しても現行のものではまずみつかりませんよね?

しかも、凝ってるから満足感もあるし。

これは言い過ぎかもしれませんけど、前にスピードタイマーの記事かきましたけど

あれも、すごく良くできていて、

たまたま新品に近いようなコンディションのものを手に入れられたっていうのもあるんですが、

ベルトかえようかなぁと思って某量販店の時計コーナーとか見てたらオメガとかロレックスの

クロノグラフとかおいてあるんですけど、それと並べてみた時、ひけをとらないというか

そういうデザインの格好よさと凝った作りなんですよね。

ブライツのアナンタとかで復刻されてますけど、今の時計にしようと思って出してますから

かなりの値段しますからね。

それに比べて、所謂アンティーク時計の部類に入るこの手の時計は

安いし良くできてる。そりゃ不具合もあったり修理に出したりしなきゃいけない時もあるし

部品が無かったり作ってもらったり、金がかかる時もあります。

でも、その程度!(ここは強めに!)だと思いますよ!

それで素敵な時計が手に入るなら私は買います!w


さんざんアンティーク賛美的な文章を書いておいてなんですが

本当をいうなら、現行の時計でもっと素敵なものがバンバン出て売れていればもんだいないし

ブランドとしても作るがわはそれが一番なんだとおもいます。

別に良い時計が現行品にないわけじゃない。ただ、高かったりニッチな所がどうしても

あるんですよね…。だから、そういうのが出るまで、人気が出るまで

安くなるまでwこういった時計に手を出して、いろいろと知った上で買うっていうのもアリだと思います。


私がこういった時計の記事ばかりかいているので

素敵だけどアンティーク時計にはまだ恐くて手がでません的なコメントをもらう事も

ありますけど、全然恐くないとおもいますよw(私的見解ですが)

それは先ほどもいったとおりメンテ的な意味でいろいろあるかもしれませんし

ガッチャ品を間違って買う事もあるかもしれません。

ただ、それすら楽しむって所に本当の「楽しみ」があるんだとおもいますよw

やべーやっちまった…、で終わらすんじゃなくて

しょうがねーなw最後までつきあうよwと色々してみるのが楽しいのかとw

車が趣味で何百万もかけてる人もいるわけですから、

それに比べたら…と私は都合のいい事を考えていますw


そんなことを言いながらも現実…。

OHにださなきゃいけない時計が…。

そしてまた今度、届く品が…。(閉口)

lord-04.jpg

でもやっぱり腕時計っていいですよねw
Comment:12  Trackback:0
2015
09.02

幻の時計 タカノ 〜takano・富士時計他〜

Category: 未分類
やっと涼しくなってきたと思ったら

また今度少し暑さが戻るらしい…。

いっそこのまま秋へ突入してもらいたいと思う今日このごろ。

快適な日々の暮らしは幻か…。



時計好きの私が日々お宝探しの為に

ネット内を爆走しながら

夕日に目を細めながら地平線をにらむような目つきでいると

時々、その地平線の彼方に「幻」が見える時が時々ある。(現実をみろ!)

それらは現れては消えてもう二度と出てこない事すらある。

今回はそうした、私の出会った「幻」の時計を紹介して行こうと思う。



「幻の時計」としてまず時計好きの人間が聞いてぱっと思いつくのが

まずはこれだろう↓

takano01.jpg

通称「幻の時計タカノ」

高野精密工業株式会社が販売した時計で4年と11ヶ月しか販売されなかった事で

巷では「幻の時計」と良く呼ばれている。

1899年に掛け時計製造のために設立された高野時計製造所だが

1938年に兵器類を製造するために設立されたのが高野精密工業株式会社だそうな。

タカノシャトー、プライム、プレシジョンなどの時計を販売。

1959年9月に伊勢湾台風に被害をうけて工場の一時停止が原因で

莫大な借金を抱えて倒産の危機に…。

それからはリコーに助けられて、会社名もリコー時計株式会社になり

高野精密工業株式会社が製造したのは57年〜61年の間のたったの4年と11ヶ月。

何とも数奇な運命である…。

マニアの間で人気だからだろうかリコーから1998にタカノシャトーが

1960本のみ限定販売されている↓

takano02.jpg

あまりの人気で即完売だったそうな。

今でも、時々復刻の綺麗なのを10万前後で取引している所を見かける。

幻とよばれてはいるものの57〜61年当時の時計も、

ちょくちょく某オークションで見かける。

状態の悪い物が多いが、そんなバカ高い値段で取引されているわけでもない。

所謂知るひとぞ知る的な時計だろう。

だが、見かけるとつい私なんかはウォッチリストに入れてしまうw



ここからはまたさらにマニアックな時計になるw

タカノは結構有名なのでしっている人もおおいのだろうが

これはどうだろう?↓

phoenix.jpg

富士時計「PHOENIX(フェニックス)」だ。

幻ということで、ネットでもちゃんとした画像拾うのが大変で、

あったとしても、それをそのまま使うのもためらわれたため、

幻だしという事で、トレース画像でw

私自身その存在を知っているだけで、オークションでも

見かけた事すらない一品。

まさに幻…。

富士時計自体1947年〜1949年の2年間という

タカノより短い期間でしか販売されておらず、そりゃ見かけない訳だと…。

富士時計は三井物産株式会社と東洋時計株式会社(現オリエント時計)が

提携して設立したんだそうな。東洋時計自体LOCLEという腕時計を

1930年代に発売しており、これもまた幻と呼んでもいいほどに貴重だ。

なんとも奥が深すぎてマニアックというよりオタクっぽくなってまいりましたねw

LOCLEはなんとか探せばみつかるレベルですが

東洋時計がLOCLEとともに作っていたモデルのコチラ↓

aikoku.jpg

「Aikoku」これがまた幻w見かけた事無いw

時計の名前からしてLOCLEとは違って日本語から取ったであろう

このモデル名。時代を感じさせますね…。

年代が年代だけに、今見つかったとしても動く状態の物があるかどうかと言った感じですね。

今のご時世では「愛国」なんて口にしただけで、右翼的だとか

軍国主義的だなんていわれてしまうんでしょうね…。

良い言葉だとおもうんですけどね…。

復刻させたら結構売れるような気もするなぁ…(個人的に欲しいw)


軍国主義と言う事でついでですがコチラ↓

katakana-seiko.jpg

通称「カタカナセイコー」

日本が戦時中に英語表記が禁止されていたときに作られた数少ないセイコーの時計です。

現存数はとても少なく、今でもたまに取引されているのを見かけるときがあるが

状態のいい物はほとんどない。

それでも、なかなかの高値がついていることもよくみる。

歴史的背景とかは、戦争の事だし私はあまり興味がないし

よく「戦時中に使われてた」とか「第二次世界大戦のときに云々」とか

売り文句のようにいわれているものが所謂ミリオタにうけているのを

私は快く思っていない。

だって、戦争だぜ?と。地獄絵図の悲惨な世界を、「タフな男の」的な

「戦場の戦士が」的な感じにするのは不謹慎かと。(あくまで個人的見解)

ただ、時計好きのもう一方の私的見解からいわせてもらうと

カタカナのセイコーっていうのの字面とか見た目が

なんか可愛いんだよねw

なんか少し間がぬけててw

だからこれも復刻!してください!w(変な売り文句なしで)



以上が私に取っての幻の時計かな?

と思ったんですが、ほんとはもっとたくさんあります…。(紹介していたらきりがない)

今回は少し年代の古い時計の時計でした。



最後に、これはそんなに古い時計ではないんですが

なかなか見つける事のできない一品を紹介します。

こちら↓

mekatore01.jpg

オリエントの「メカトレニクス」

裏を見ると…

mekatore02.jpg

「メカトレニクス」(MECHA-TRENICS)とは機械式を意味するメカニカル(Mechanical)と、

イタリア語で3個を意味する(tre)を合わせた造語だそうな。

確かに裏にローターがみっつ!

なんとこの時計、独立した3つの機械を一つのケースに搭載しているモデルなんです!

なので、それぞれ別の時刻の設定を割り振る事ができると。

たとえば、東京、パリ、ニューヨークみたいな…。

世界限定各999個のみの発売だそうな…。

発売された詳しい年代はちょっとわからないんですが、2004年頃から2005年くらいかと思われる。

発売当時の値段は税抜きで120000円。お高いですねぇ…。

ケース寸法は径50mm厚さ13mm重さ104g…。

デカっ!!www

文字盤はホワイトとブラックもあったそうな。

ちょっと気になる一品ですね…(私的に)。

でもコレ買うんだったら、シチズンのマルチゾーン7400が私は

いまだにほしい!w

時計欲はとまりませんねぇ。

あなたに取っての幻の時計はなんですか?
Comment:20  Trackback:0

back-to-top