2015
11.09

セイコー 5アクタス seiko 5actus 6106-5470 変態時計収集家の最近の収穫

Category: 腕時計
気がつけばもう11月…。

ココ数ヶ月でいろいろと私的にいろいろ有り、

心身ともに弱りつつある私…。

最近は風邪が長引き2週間目に突入しようとしております。

今日はなんとか風邪薬を飲まずにすごせたが、明日からはどうか…。



などと嘆きながらも、なんだかんだでまたもや、気がつくと

私の部屋に新しい、いつのまにか腕時計が一つ増えていた(実に不思議だ)

前回ロードマチックの変わりケースの時計を紹介したときに

コメントで「変態時計」と言われ、なるほど確かに。

と言う事は私は「変態時計収集家」となるわけか…。

何とも…。

悪くない!!


と、変態時計収集家の称号を王座に跪き剣を肩に

当てられながらも受けるナイトがごとく敬虔なまなざしの僕です。

今日も元気です。(実は風邪です)


ともあれ、称号を頂いたからには(勝手に)

変態時計収集家としてのつとめを果たさねばならぬと(別にそんな気はない)

私は専門書物を読みあさりながら(漫画という名の)

古物に詳しい者の手を借りて(ヤ○オクで)

新たな変態時計を手中に収める事に成功した。(落札した)


前々から気にはなっていたのだがなかなか手を出さずにいたのも確か。

その名はズバリ、セイコー 5アクタス!

なんだよ…、セイコー5アクタスかよ…と思ったそこのあなた!

そうそう、きみだよ。

いや、違う、君じゃない。

君の後ろの!

そうそう、

髪を腰に巻いてる、

そうそう!

腕毛が指輪に挟まってる、

そうっ! そうっ!

ジーパンを頭からかぶってる

そうっ!そこの君!!(ズバッ!!)

(そんなやついるかよ)(しつこすぎたボケに軽めの突っ込み)


今回紹介するのは

普通のセイコー5アクタスではない。(多分)

何が変わってるって、全体的に変わってます。

あまり長引かせても、オチもないのでw

画像出しますw↓

actus-03.jpg

横からですw

この時点で、なるほど…。と

変態時計好きなら分かるでしょうね。(訳知り顔)

私的にこのアングルすごい好きですね。

カット風防に沿ったようにあわせたケースの斜形。

こういうのみたことないですね。

こんな5アクタスがあくたっす(あったっす)。

actus-02.jpg

正面顔。

基本スクエアケースなんですけど、立体感がある作りになっています。

ケースのカットの仕方で、まるでカット風防が特殊にカットされているかのごとく見えます。

ロードマチックやキングセイコーバナックなんかでもスクエアでカットガラスなんていうのは

見かけるんですが、こういったケースはみたことないです。

actus-01.jpg

同じケースのものでほとんど同じデザインの「セイコー (5) デラックス DX」というものがあります。

何が違うかというと…。

よくわかりませんw

ただ、私の持っている物が25jewels なのに比べ デラックスのほうは23jewels ということくらいでしょうか?

名前と石数だけ違っているのに、番号は全部6106-5470だったりする…。(何気に61系という)

そういうものなのだろうか…。(詳しい方情報を!)


そもそも5アクタスの「5」ってなんじゃい?

と思っているそこのあなた!

いや、違うそこの…(もういいわい)

いまでも、セイコー5ってありますけど以下のような意味です。

1.切れないゼンマイ(ダイアフレックス)

2.耐震装置(ダイアショック)

3.自動巻き

4.防水機能

5.デイ・デイト表示

この機能がすべてそろってファイブ!!

なのです。

3、4、5は素人でも分かりますが1、2は…。


この5アクタス1960年代後半に若者向けにスポーティーなデザインで生産されたそうです。

そもそも、アクタスって「5ACTUS」と「ACTUS」ってふたつあるのです。

私的には、「ACTUS」表記が先だったんだろうなと思って調べたら、逆でした。

5ACTUSだした後年(1976年頃)表記が「ACTUS」になった模様です。

書体もちがうんですよね。

5アクタスは諏訪と亀戸表記のものがありますが。

中に入ってる機械も違ったみたいですね。

諏訪は61系。これは当時グランドセイコーにも使われていた機械で、優秀なムーブでした。

亀戸は70系。


文字盤の左下にある「SS」はセコンドセッティング(秒針規制装置)のことです。(ステンレススチールじゃないよw)

古い時計で秒針規制があると、おっwっとうれしくなります。


この時計私的に面白いツボが1つ。

デイデイト表示の切り替え。

最近の普通の時計の切り替えの仕方は大体

竜頭を1段階上げて竜頭をまわして設定したりしますよね?

これはちがうんです。

竜頭を押すんですw

以前持っていた5スポーツマチックがそういうタイプのものだったような。

最初、知らないで竜頭を上げて

「あれ?」ってなりました。

しばらくあれやこれやして、あぁ〜、押すのか〜、と納得。

この5ACTUSは曜日と日付があるんですが

さて、どうやって変えるのでしょうか?

私も分からなくて調べました。

押して、日付を変える所まではわかったんですが

曜日の切り替えが分からなかった。

簡単でしたw

より、深く、押し込む!w



浅く押し込むと日付が変わり

その先まで押し込むと曜日も変わるというシステム。

なんだこれw

面白くてしばらくカチャカチャ切り替えてました。

なんといいますか、ちっちゃなアナログカメラみたいな、

おもちゃカメラみたいな気分になりますw

こういうのだいすきw(変態時計収集家曰く)



文字盤のインデックスも全部横並びというw

前回のロードマチックと反対w(私的にそこもツボだった)

愛すべき私の時計が、変態時計が増えてしまいました…。

actus-04.jpg


ちなみに、最近腕時計の動画を綺麗にとりたいな〜という目的で

デジカメを新調しましたw

リコーのWG-5というものです。

接写も聞いて、動画接写もできるのでそれ目的で買っちゃいましたw

今回は初撮りですので、あまり上手くとれませんでしたが(ちゃんとした照明が必要だな…)

取りあえず5ACTUSの動画をアップします↓

セイコー 5アクタス seiko 5actus 6106-5470
Comment:14  Trackback:0

back-to-top