2016
05.15

最近気になった時計 セイコー プレザージュ

Category: 未分類
プラプラと時計売り場を歩いていると

セイコーのメカニカルがショーケースに飾ってあった。

プレザージュかぁ。


ふむふむ、どれどれ

などと眺めていると、なんだか見慣れぬ時計を発見!

おぉ!クロノグラフではないか!

これ、機械式なんだよな?

と、驚く。


なんだか見た目シンプルで非常によろしいではないですかぁw

なんか、ニューモデルらしい。

お値段は定価で22万円。

量販店で、17万円程度。

ほぉ…、それでも結構するなぁ…。

でも、サイズ小さそうだしなんかいいなぁ…と。

それがこれ↓

SARK005.jpg
SARK005

文字盤がなんかすっきりしているなぁと思ったら石数がかいてないんですね。

いつもなら34jewelsとかかいてあるんですがね。

まぁ、いつもおもうんですが、私的にはAutomatic表記ももはやいらないのでは?

とおもいます。変わりにプレザージュとかいれればいいのに。

白文字盤に青い針が映えてとてもすてきでした。

因に黒バージョン↓

SARK007.jpg
SARK007

黒はなんというか、良い意味で普通でした。

オリエントでもあったよな的なかんじです。

インダイヤルが若干茶っぽいようなグレーでした。


ショーケースを眺めていると、やっぱり腕にはめてみたくなるのが人情w

という訳で今回もちょこっと試着してきましたw

短いですが動画です↓

★試着動画


装着感はかなり良かったです。

ケースの小ささを感じました。

厚みは若干あるものの許容範囲かなと。


よくよく調べてみるとこの時計のムーブはブライツのSDGZ013なんかと

同じなんですね。

SDGZ013.jpg
SDGZ013

これ出たとき欲しかったですけどねw

まぁ、いまでも手に入るんですが20万くらいするんですよねw

これと比べてみたら、プレザージュのほうが、ケース径も小さくなっているし

厚みも薄くなっているんですね。

ただ、SDGZ013の方が135gに対して、プレザージュは184gですからね…。

やはりチタンはかるいんですねw


実際に手にして、白黒付け比べてみましたが

私的には白がよかったですね。

スッキリしてる感じが分かりやすいですし、

飽きのこない感じといいますか。

革のベルトにも色々あわせられそうですしね。

いつか、買えたらうれしいな…w


プレザージュのコーナーでこのクロノを見ているときに

すぐ横にこんなのも並んでいました。

SARX033.jpg
SARX033

SARX035.jpg
SARX035

クロノ同様、石数表記がないのですっきり。

とても好印象なシンプル感。

私はこういうシンプルなのが大好きw

ケースのラグ部の曲線あたりが若干気になりますが

とてもいい感じです。

機械は6R15。

しかし6R15はずいぶん前からいろんな機種に積まれてるなぁ…。

それだけコストパフォーマンスがいいということか…。

まぁ、単純に優秀なんでしょうけど。

それに同じのが長い間つかわれていれば、あとあとに修理とかのとき

部品がないとかで、こまらなそうですしね。

うん。いいことだw


この調子でセイコー機械式をバンバンだして

クロノも、単価下げてもらって、復刻スピードタイマー的な事を

シリーズでやってもらいたい所存ですw

頑張れセイコー!
Comment:10  Trackback:0
2016
05.10

シチズン チャレンジタイマー 67-9038 〜結果発表編〜

Category: 未分類
結果はっぴょう〜!!

ドンドンドンドンパフ〜パフ〜♪

どうも、バカ買いのねじまきことブログ主ですw

前回、書いた記事のシチズンチャレンジタイマーが

本日到着致しましたことを

ここに、報告いたします。


結果から言いますと

買ってよかったかな、という感じですw

私としたら、OH前提という事と

風防交換と言った事があった訳ですが

ほんとにそんな感じでしたw


取りあえず画像を載っけて行きましょうか。

citichrono-01.jpg

まぁ、一番気になっていたのはやっぱり文字盤でしたね。

これは、クリアなかんじです。

気になるような汚れや傷はありませんでした。

この時点で、私の中では勝ちなかんじですw

citichrono-02.jpg

そして風防は思っていたよりも、傷が多かったですw

このせいで、ピンぼけ気味の写真になってしまいました…。

まぁ、これはしょうがない…。

citichrono-03.jpg

サイズ感もいい感じです。

この年代の時計はほんといいサイズです。

最近のはデカ厚が流行っていてどうも

手首の小さい私には向きません…。

やっぱりこのくらいがいいのです!

citichrono-04.jpg

風防はやられていましたが、ケースは大きな打ち傷もなくいいユーズド感です。

ベゼルも思ったよりはダメージ少ないです。

塗装が少しはげた所がある程度。

傷は全部風防が身代わりとなってくれたのでしょう…。

citichrono-05.jpg

この写真で見るとすごい厚そうに見えますが、

着けた感じそんなに厚くは感じません。

citichrono-06.jpg

アップで見ると、ほんとに良く出来た文字盤だなぁと思います。

針の状態もいいですね。



気になる動作の方はというと。

取りあえず針回しは可能でしたw

あとはクロノグラフは…、

やっぱり良くなかったですね…w

ゼンマイ回して、動作確認しました。

秒針は普通に動きました。

あとはインダイヤルですが

とりあえず、リセットで戻ったのが

上のインダイヤルだけ。

下のはなんか中途半端な位置で戻って

もっかい、秒針回して少し進めてみたのが上の結果ですw

リセットに関しては、秒針もダメでしたね。

なんだろう、機械内部の故障か油切れか。

とにかく修理に出すしかありませんね。

時間はもの凄いおくれるでもすすむでもなく

取りあえず時間を刻んでいます。


あとはカレンダー。

これは特に問題なく変更が聞きました。

だけど、リセットボタンで操作する

曜日はかわるものの、ヌルッとした感じで

変更しますw

やっぱりこの下のリセットボタンあたりが怪しい。


ブレスに関しては、文句無しですね。

大概中古で買うとまず、ブレスの調整とかするハメになるんですが

今回は、前の人が腕が細かったのか

私の腕のサイズとピッタリ!

若干気持ちが悪いくらいですw

でも、とても気に入りました。

これは、私の心のデイトナとなる事でしょうw



まぁ、でもやっぱり買ってよかった。

状態がどうのもあるけど

やっぱりこの腕時計のデザイン好きだ。

非常に好きだw

こいつを今度の休みに早速時計屋にもっていこうかと思っている。

ただ、風防がオリジナルの着けたいなぁと思うのだが

某オークションで探してもあまりみつからない…。

私は風防を探す時は型番とか商品名で探すので

どのサイズの風防が合うのかわからない…。

詳しい方教えてくださると助かりますw(言ってみるw)


某ブログ主さんが「また買っちゃった〜」が一番楽しい買い方

とおっしゃっていましたが、ほんとその通りだと思います。

私的には、買っちゃった時計があたりだろうがはずれだろうが

楽しいですし、故障しててもそれを直しに行くのも楽しいし

直って帰ってきて着けて歩くのもたのしいです。

楽しむのが一番ですね!


やっぱり腕時計っていいよね!

citichrono-07.jpg

Comment:6  Trackback:0
2016
05.08

シチズン チャレンジタイマー 67-9038 〜どうなるか編〜 citizen

Category: 未分類
いつもながら、某オークションで商品を落札する私。

しかしながら、いつも

「コレ買ったぜー!」

「いいだろー!コレだぜー!」

と記事をアップするのはいかがなものかと

最近思う次第です…(いまさらながら)



という事で今回は

落札したけれど、実際どういう感じのが

届くのかね?

と言った事を記事にしてみたいとおもいましたw

結果は「コレ買ったぜー!」となるわけですが

今回は「いいだろー!コレだぜー!」になるか

「マジかよ…、これかよ…」になるのか

ちょっとわからないですw



というのも某オークションでは、

出品者がわざとなのか、カメラの使い方に疎いのか

ピンぼけした画像を載せている人がけっこういるんですよね。

これはわざとだろって人もいるし

どっちかなー、ってひともいる。

今回は後者のほう。



早速、落札した商品の画像を

出品されていた時の画像から引っ張ってきました。

citichro-01.jpg

う~んwおもいっきりボケていますねw

文字盤は比較的綺麗そうですが、周囲に汚れやシミがあるかもしれません。

わかりませんw

あと、風防の12時方向と5時方向にカケっぽいのも見えます。

これも、単なる陰や映り込みか、これも分かりませんが、

フォトショップでレベル補正やトーンカーブ等で

明度を操作して確認した結果、風防のカケである可能性が濃厚です。

citichro-02.jpg

ベルトは純正との事ですが、日本語でチャレンジタイマーを検索すると、

別のベルトが着いているのが多いので、

なんだ、シチズン製の「純正」ではあるが「オリジナル」ではないのね。

とおもっていたのですが、海外の方が持っているのみると

全く同じベルトが着いていたりします。

2種類あったのか、国内と海外は別使用だったのか…不明です。

しかし、このタイプのベルト私的に好きです。

これはちょっと楽しみ。

citichro-03.jpg

もうこの画像なんかは、なんで載っけたの?wってくらい

載せる意味があったのか分からないくらいのボケ具合ですw

裏蓋がある事は確認できましたがw

モデルナンバー等は全く確認できません。



ということで、この3枚をたよりに落札してしまった次第ですw

入札何日かまえに質問欄から質問したのですが

返答無く、きになって評価も調べたのですが、特に悪くなく

気になり落札してしまったとw

全然高額じゃなかったんですよ(自己弁護)

ふつうに買ったら2,3倍するんじゃないでしょうか。

その安さも落札の要因となってしまいました…。


説明欄にも「稼働品・精度未確認」とあっさりとした事がかいて

ありましたが、実際どこまで「稼働」するのかと言った所ですね。

特にクロノグラフの機能がどこまで「稼働」するのかと言う感じです。

写真を見る限り上下のメーターが好き勝手な方向を向いているあたり

不安を抱かざるを得ませんがw



時計はシチズンのチャレンジタイマー「67-9038」のモデルです。

チャレンジタイマーは前から好きで、今でも2本持っているわけですが

もともとクロノグラフが好きなんですよね。

それで、レトロなものとか海外ものを探したりいろいろみるわけですが、

それなりに「いいな」と思う物は高かったりするんですよね。

それで、またセイコーやシチズンに原点回帰すると

やっぱり、「よそにはない良さ」みたいなのがあって

しかも値段もそれなりで手頃。

そうなるとやっぱりほしくなっちゃいますよねw



セイコーやシチズンのクロノグラフって

ほんと変わったデザインのものが多いですね。

この、モデル自体も前は全然興味なかったんですけど

いろんなクロノグラフ見るにつれて、良さが

自分の中で発見できたという感じです。

特に私としては「モノ」としてみたときに可愛く思えるかどうか

というのが非常に重要です。可愛いって言うのは私が

可愛がれるかどうかという意味です。


あと、クロノグラフに関しては特にセイコーは

世界に肩を並べて自動巻クロノを開発していたので

当時のものでも、スイス勢に負けないくらいのムーブはもちろん

見た目もいいと、私は思っています。

未だに、どこが世界初かなんて言う議論が持ち上がりますが

かならず、その中にセイコーの名は出てきます。


今日たまたま、クロノグラフの件でいろんなページを見てたら

面白いページを見つけました。

そのページ主は英語圏の方のようですが

「セイコー 6139 バーサス ゼニスエルプリメロ A386」

なんてタイトルで記事をかいていましたw

さすがにコレには国産びいきな私も少し驚きましたw

あのエルプリメロとスピードタイマーを比較か…と。


面白そうなので、エキサイトでページ翻訳して大体の感じをつかみましたが

なんともおもしろいですw

というか、このページ主自体がセイコー好きらしく、ほかの記事にも

セイコーの時計がたくさんw

「fratellowatches」というページです。



話は戻りますが、このクロノグラフ一体どんな感じで

私の所へ届くのでしょうかw

今日商品代を入金してきたので、遅くとも2,3日中には届くと思います。

届き次第、また「綺麗な画像で」写真をアップして

記事を書きたいと思います。

本日はここまで!w
Comment:4  Trackback:0

back-to-top