2016
07.31

セイコー メカニカル SARB005 オレンジのアイツ プラスプレザージュ

Category: 未分類
20年、30年、40年前の中古国産時計等を弄んでいると

急に現行版、もしくはこの10年くらいの間に発売された比較的

若い時計が欲しくなるときがある。


というのも、やはり昔の時計に比べて、時計自体の

防水性や耐磁性、後はケースの作りやベルトの作り等

若ければ若い程、いいのも確か。

それに何より、経年変化を経ていないので綺麗!


ヴィンテージ感に惹かれると同時に

「やっぱり綺麗なのもいいよなぁ〜」という想いが生まれるのですw


なので時々は買うんですが、なかなかコレ!ってのに

出会えなかったりする。

なぜなら、現行版のデザインは無難なものが多いからw

私は少し変わったデザインとかに惹かれる傾向が強いので

無難な所はあまりいかないんですよね…。

それでも、いい物もたくさんありますけどねw


そんな私がずっと狙っていた、時計があります。

2007年に発売された、セイコーのメカニカル腕時計

SARB005です。


この時計、私前は全く興味なかったんですが、

人の心は変わるものでw

ここ最近急激に欲しくなって行きました。

発売が2007年なので、結構在庫もしくは中古で出回っていたりとか

するかな?と思っていたものの、人気なのかなかなか手放す人もおらず

オークションで見かける機会もなかなかありませんでした。

前に、出していた人がいたのですが、傷がちょっと多かったのでやめておきました。


それでも、う〜むほしいぞ〜、と思いながら探していると

新品を出品している人発見w

結構高く付きましたが、購入してしまいました。

高く付いた分は例のごとく、所有の時計を旅立たせました…(泣)


そして手に入れた時計がこちら↓

seikoorenji-02.jpg

う〜む、きれいでしょ?w

seikoorenji-03.jpg

このオレンジ文字盤が何とも言えずいい!!

そして、サファイヤガラスでありながらカットガラス!

ナイス!w

ケース径約38.5mmと細めの腕のわたしにも

ピッタリ!

最大巻上時約50時間!

耐磁性有!

10気圧防水!(普通w)

自動巻き、手巻きつき、秒針停止機能!(そうだねw)

シースルーバック!(良かったねw)

seikoorenji-05.jpg
seikoorenji-06.jpg

カットガラスは角度によって光り方が変わるので綺麗ですね。

新品だけあって、ケースも綺麗です。

左側のケースは、真横がカットされているんですね。

コレもいいですね。

seikoorenji-01.jpg

私が今までした、時計の中で一番サイズ感がピッタリ来ました。

これは驚きました。

見た目少しゴツそうにみえるでしょうが、そんな事はないです。

とてもスマートな感じです。

seikoorenji-07.jpg

お決まりのシースルーバック!

伝統の6R15ですね。

Cとありますが、AとBもあるんでしょうか?

私は機械の事にはあまり詳しくないんですが

私が持っている赤の文字盤、前に記事に書いたやつですが

あれはBだったんですよね。

seikoorenji-04.jpg

右のやつですが。

う〜む、いい眺めw

赤のは、会社につけて行った時、すごく評判よかったんですよね。

今でもお気に入りですw


因にこのカットガラスのメカニカル、

カラーがあと2種類ありまして

それがこちら↓

seikocutbulue.jpg
SARB001
seikocutguree.jpg
SARB003

最初私は上のブルーの文字盤が欲しかったんですね。

でも経験上、こういった明るいブルーの物は、

私には似合わないなぁとw

時計としてはすきなんだけど、私にはカジュアルすぎる色合いだなと。

下のグレーはあまり好みじゃない…。

やっぱりオレンジだ!とw


こういうオレンジのきれいな文字盤ってあまり見ないし

着方を合わせれば渋くも着けられるなぁと。

スーツにも合わす事も出来そうだし、カジュアルにも行けそう。

ということでしたw


結果、買ってとてもよかったと思います。

コレは文句無しに良かった。

私の時計だw


秋になったら、ルンルンでつけよう♪

最近は休みはダイバーのみですw



ということで、メカニカルオレンジはここまでで、

唐突ですが、おまけでプレザージュの方にw

なぜプレザージュかというとリクエストがあったからです…。

前に試着動画付きの記事を書いた所、

それを見た方から、是非○○の方も撮ってきてください!

とか言われて、えぇ〜っ…となりながらもなんとなく気が向いたので

撮って来ましたとw

前回のプレザージュの動画、あんな短いのに再生回数結構いっているんですよね。

なので、そういうの見たい人結構いるんだなぁと。

ちなみに今回のプレザージュはこちら

SARW021.jpg
SARW021

プレサージュプレステージライン

8振動で6R21キャリバー

ケースサイズ/縦46.3mm x 横40.8mm x 厚さ12.7mm

いいですねw

パワーリザーブが付いているのはメカニカル所持者としては

嬉しいですよね。

私もほしいw

最近雑誌コーナーにあった時計雑誌をみたら、

「若者よ、プレザージュを買え」見たいな記事があって

おもしろかったですw

この価格にしてこの品質だぞ!買えよ!みたいなw

でも、ほんとその通りだと思います。

特に最近のプレザージュはいいとおもいますよ。


という事で、今回も短いですが

動画アップしましたよとw↓

SARW021 プレサージュプレステージライン

私の腕は細いので参考になるでしょうか?w

メジャーで測ってみたら15.5cmくらいでしたw

ほっそw


という事で、今回もやっぱり

腕時計っていいよね!
Comment:8  Trackback:0
2016
07.03

じっちゃんの残して行った時計(ヴァシュロン)

Category: 未分類
前に、母か方のじっちゃんが亡くなったときに

生前着けていたグランドセイコーを譲り受けた事の話を

前に書いたと思うが、今回は父方のじっちゃんの方である。



父方のじっちゃんは鳥取に住んでいて、東京に住む私は

なかなか遊びには行けなかった。

鳥取に遊びに行ったのは幼い頃と、高校1年生の時が最後で

計3回くらいだったと思う。


母方のじっちゃんが真面目でいつもシャンとスーツを着こなしているじっちゃんだったが

父方のじっちゃんは面白い程に正反対でいつも、タンクトップに草履みたいなひとでしたw

姉の結婚式にも麦わら帽子被って式のあとに登場したのを覚えている。

下町のじっちゃんという感じの人だった。


幼い時の事だったのに良く覚えているのは

夏に、じっちゃんちに泊まりに行った際に

子供だから、虫がすきだろうと

朝から叩き起こされ、近所の高校の金網付近に良くカブトやら

セミがいるとの事で取りに行く事になった。

私は確かじっちゃんの運転する自転車の荷台に立たされて

じっちゃんの肩をつかんでいたと思う。


虫が取れたか取れなかったかあまり覚えていないが

それが終わった後に、高校に忍び込んで

テニスコートに侵入し、勝手にじっちゃんが持ってきたのか

高校にあったヤツを拝借したのか覚えていないが、

テニスをしたのを覚えているw


じっちゃん孫つれて普通に不法侵入じゃんw

と今なら思うが、早朝4時とかだったので

だれも気付かなかったとは思う。


でも、なんというか自分にはない人間力を感じる

魅力的なじっちゃんだった。


そんなじっちゃんが亡くなったときに、

親父が、遺品から持って帰ってきた時計の数々。

その中に、前に紹介したパテックなんかがあって

頂いたりしたわけだけれど。

正直、パテックオーバーホールちゃんとするまでは

恐くて使えないなぁと思っていたw(普通に動くし時間は合うのだが)

でもそのオーバーホールも料金が恐くて出せないなぁという感じでもあるw

という訳で、とりあえずお蔵入りであるw


パテックと一緒にもらったのがIWCのシャフハウゼンのかなり劣化の激しい物と

あとひとつもらっていた。

それが、ヴァシュロンコンスタンタンである。


高級時計に縁がない私も、時計の名前を見て

あっ、これ絶対いいやつだ。と思いもらっておいた。

親父はその名前すら知らず「ヴァシュロンコンスタンタン?しらないな、もってけ」

みたいな感じでしたw


しかし、もらったはいいものの

最初は風防が結構な傷で、ケースも傷多いし、文字盤も結構汚れているし

う〜む。見たいな感じでした。

でも、必至こいてケースと風防だけは綺麗にしました。

何せ、ヴァシュロンだし!って感じでw

今思えば、ケースもそんな磨かない方がよかったかなぁと。

まぁ、でも綺麗にはなりましたよ。

vasyuron-01.jpg

金!だねw

なんだろ、じっちゃん世代は金好きなのかな?w

でも、私も最近では金の良さが分かってきてとてもすきです。


今は安っぽい革ベルト付いていますが、今度ちゃんとしたのに付け替えようかな。

取りあえず今の時期は汗で無理なので手は着けませんが。


これ、革のベルトがよく似合うんですよね。

サイズもとってもいい感じで。

しかし、残念な点がいくつかあるんですよね…。


その一つ目が、見た通り結構なヤラレ具合なんですよね。

これは、カビ?なのかよくわかりませんがシミのようなモノが所々に。

あともう一つこれは風防磨き終えてしげしげと文字盤を眺めていて

気がついたんですが、こういう事なんです。↓

vasyuron-02.jpg

以前にどっか落っことしてインデックス紛失したのか、その際修理の過程で適当な物に付け替えたのか

経緯は全く分かりませんが、明らかに2時位置と4時位置のインデックスが他のインデックスとは

形状が違っています。これは痛い…。


まぁ、パッとみはわからないんですけどね…w


そして最後に、これは微妙なんですけど

ベルトのバネ棒を通すラグの穴が結構広がっちゃってて

下側が、あと数ミリくらいの危うい状態になっている箇所があるんですよね。

まぁ、乱暴に扱わなければなんとかいけるかなって感じですが。


以上が気になる点ですね。

ただ、それを差し引いていてもとても魅力的な時計です(私にとっては)。


前に、上記の気になる点をなんとか修理できない物か

「どんな、状態のものでも絶対に直せる!」的ななんかとっても

優秀そうな時計屋のHPをみて(なんでも部品とかも全部設計して作り出せるとか)

そこに問い合わせて、時計を郵送してみてもらった所、

3ヶ月以上かかってやっと返事がもらえたと思ったら

「インデックス1つにつき13万円で2つで26万円、ラグ穴修正が1カ所7万円〜ですね」見たいなことを

言われひえぇ〜、それはどうなの?ってかたかすぎだよぉ〜、しかたないことなのかぁ〜?

と、ひっくり返って、取りあえず無理ってことで引き戻しましたw

う〜む、取りあえず全部妥協してOHして使う事にしよう。とおもったわけですが、

それもまだできていません…。


もし、こういう状態の時計をヴァシュロンの正規の店に修理に出したら一体どういうことになるんでしょうかね?

文字盤はインデックス付け替えられてるから、偽物としてあつかわれちゃうんでしょうかね?

文字盤交換しなきゃダメっていわれそうですよね…。

そうなるとケースとかどうなるんだろう。ラグ穴とかも絶対に言われそう…。

そうなるとケースも交換とかになるのかな?全く持って未知数。

というか受け付けてもらえない可能性もあるような気がする…。


私が知っているOHの安い店でも、4万はOHでかかってしまうんだよなぁ…

どうするべきか…。迷うなぁ。

vasyuron-03.jpg

でもこのルックス好きなんだよなぁ。


因に、ヴァシュロンコンスタンタンは

1755年に創業を開始した継続的に時計を製造してきたメーカーとしては世界最古のウォッチメーカーだそうな。

ほぉ〜…。やっぱり三大高級時計メーカーの1社なだけはある。

12時下位置の通称マルタ十字はもともと、時計に使用される部品の形が「マルタ十字」形をしていたことに

由来しているんだそうな。部品の形だったんだね…。


この時計に関して言えば、ヴァシュロン&コンスタンという文字盤表記になっている。

今では&は省かれてヴァシュロン・コンスタンタンなんですよね。

&が無くなったのが、1970年だそうなのでこの時計はそれ以前に

作られたものという事になりますね。


まぁ、何はともあれこれからじっくり考えましょうw

大事にするよじっちゃん!



話は変わり、なんか高級時計の話ばかりで「いいよね」っぽくないんですがw(たまにはいいよねってことでw)

バーゼルで今年発表されたロレックスのエクスプローラーが気になっています。

もちろん買おう!っていう気はないですが(懐事情によりw)

いいなぁ〜ってかんじです。

前からロレックスは気になっていて、その中でもエクスプローラー1は非常に魅力的に感じていました。

ただ、ロレックスは全然の素人で、知識も全くなく、エアキンだとかデイトジャストもいいなぁ〜くらいの

かんじです。


エクスプローラー1は個人的に昔のインデックスが全部夜光でなんかおもちゃっぽい感じのが

好きなんですよね。小さめだし。

今のは、他のスイス時計もしかりなんですが、高級思考みたいなのが

ありすぎて、ギラギラしすぎな感じがするんですよね。

だから、エクスプローラー1も昔のはいいな〜、で、今のは?って

みるとなんかギラギラしてるなぁ〜ってかんじていたんですよね。


そこで、2016年エクスプローラー1の新型が発表。

インデックスすべてに夜光が入るとの事。

画像で確認してもなかなか私好みなかんじ。

やっぱり夜光入った方がいいよ!

と私はおもっているんですが、3・6・9のインデックスは

ブラックアウトした方がいい!っていう

今までの高級思考のユーザーたちは思うらしいですね。

3・6・9に夜光が入るとおもちゃっぽい!って言う人もいましたw

私はそれでこそエクスプローラー1な感じがするんですけどね。


もう、いっその事、昔のみたいに縁とかもいらんから

べたっと、夜光つけてくれればいいよw

それで風防も丸くしましょ!w

サファイヤガラスでw

そして、ラグも少し細めにして

サイズも36mmにしましょう!とw

復刻だ!w



でも、そこまでしなくてもいいから、

今回新作のエクスプローラー1が39mmだから

次の新作で36mmのサイズダウンしたヤツだしてほしいな。

もちろん夜光アリで。

風防も出来ればドーム型がいいなぁ〜、サファイヤの。

そこまでいままでのエクスプローラー1を崩せはしないかw


そういえば新作エクスプローラー1は前作の仕様にくらべて

長針が長くなっているらしい、

前回ケースのサイズをアップした際に

針だけが、何故か以前の物を利用していたらしく

メモリに針が届いていないという状態で発売していたらしく、

ユーザーからは手抜きだ!との声もあがっていたらしい。

しかし、以前のエクスプローラー1ユーザーは夜光はいらんから

針だけ変えてほしいらしく、その対応をロレックスが

してくれるかどうかだけがきになっているらしいw

まぁ、よもやま話ですがw

面白い物ですねw
Comment:4  Trackback:0

back-to-top