2016
11.27

中野ブロードウェイでの拾い物 〜古着と同じ感覚の時計〜

Category: 未分類
最近本当に寒くなって参りましたね。

皆様風邪などひいてはいないでしょうか?

私は絶賛風邪っぴき中ですw

それなのに、23日の祝日に奥多摩まで

友人と釣りをしにいって、症状を悪化させてしまいましたw



さて今回は、日頃から私のテリトリーである中野ブロードウェイでの

話になります。

前にも、書きましたが中野ブロードウェイでは

古時計を扱っている方がそこそこいらっしゃって

透明ケースにずらっと陳列されたりしているところもあるのです。

私は、もうそれがどこにあるのか大体把握しているので

ほとんどそこしかみませんw

他の、アニメや漫画やプラモや萌え類には全く興味が無いのでw


その日は、3Fの「アンティーク中野ブロードウェイ」に行きました。

トイレの脇にこそっとあるので見逃す人もおおいのですが、

カメラや、時計等が結構置いてあったりします。

そこのジャンクを目当てにこの店は寄ったりしています。


取りあえず、手に取って竜頭操作と巻き上げ動作確認などの

状態確認をしたいので、

店員さんに見せてほしいと一声かけます。

時計の状態と値札をみながら2,3度う〜んと唸るのが正しい作法です(嘘w)

ただジャンク品といえども動くし商品なので、扱いは丁寧にしています。

塊になって置いてあっても、見終わった後は丁寧に戻すと。

その日気になった時計はセイコーのクラウンとマーヴィンのアンティーク。

それとエニカの古い時計でした。



クラウンは、ヤラレ具合が結構激しいのに値段が少し高かったのでスルーしました。

マーヴィンは文字盤が結構やられていて、コレもちょっと高かったのでスルー。

最後にエニカの時計はちょっと私の心に引っかかりました。



エニカの時計って、私の中で基本「ダサイ」っていうイメージがあって

なんでかというと、あのロゴマークになっている土星のせいだとおもうんです(まちがいなくw)。

それでいて、格好よさを追求していない感じがまたダメなかんじでw

ジャンクあさりしているとよく出くわすブランドなんですが、一切手をだしていませんでしたw



だけど今回、なんで引っかかったかというと、

「エニカなのに、なんかちょっといいかも」と思えたからですw

酷い言いようですねw(エニカ好きに怒られてしまう…)

どこが良かったかというと、

単純に文字盤のデザインなんですが、

インデックスがリーフ型になっていたんですね。

12時のインデックスだけは数字でしたけど。

私は前からリーフ型のインデックスは好みで

いいのが無いか探していたんですが、なかなか

手頃な物が見つからず最近では特にきにもしていませんでした。


そんな所に、ジャンクのエニカがきましたねw

エニカってダサイってイメーがある一方で

私の中で古着的な存在で、

「こういうのいつもあるけど誰が着るんだろうねw」

っていうネタ的な存在である。

何と言うか実は親しみを込めていっているんだよ的なw



なので、そんなエニカが初めて「おっ!コレいいじゃん!」と

私の中で変わった時は、ダメなコがやった!的な喜びがありました(わかりずらいw)。



まぁ、さんざん書いていますが、ジャンクですけどw

取りあえず画像をアップしましょう!↓

enicar01.jpg

まぁ、ジャンクですから。

文字盤は汚れはあります。

風防も傷だらけでしたが、綺麗に磨きました。

巻き上げもよく、快調に時を刻んでおります。

もっと遅れたり早まったりするかとおもったのですが、

案外正確です。

ただ、日付の早送りができません。

もともとそういうタイプの時計なのか

詳しくないので全く分かりませんが。

ちょっと調べましたが

エニカの「ウルトラソニック」という名の時計です。

自動巻き(手巻き付き)ですね。


ウルトラソニックで日付ありのモノはちょっとだけ珍しいようです。

日付無しがおおかったですね。

このリーフ型インデックスもネットでみるかぎり出てきませんでした。

50年代〜60年代あたりに作られたものらしいです。

最低でも50年は経っていると。

そういうジャンクが動くのはすごいことですね。

こんどしっかりとOHしにいってあげようと思います。



エニカ自体はブランドとして結構息が長く

その始まりは1854年から。

ブランド名のENICARは実は反対読みなのです。

RACINE(ラシーヌ)という人が作ったブランドで

それをそれをなぜか逆さよみしてENICRになったと。


なんだかんだで、今でも現存する時計メーカーなんですね(びっくり)

ロゴの土星の意味は、たしか前に調べたときに誰かが行っていたのが

「挑戦」とか「冒険」とかを意味すると言っていたような。(定かではない)

土星に行くくらい頑張るぜ!ってことでしょうかね(適当w)


enicar02.jpg

裏蓋にはうっすらとマークが残っていました。

土星の真ん中にENICAR。外側を4葉のクローバーのような形で囲んでおります。

なんだかんだでスイスメイドなんですよね。



私好みのエニカが見つかってよかった!

と風防を磨きながらニコニコでおもっていたのですが

気になる事が二つ(二つも?)

風防を研磨していたら、あれ?サイクロップレンズと日付の位置がずれてる。

とおもって出来もしないのにと思いながら思いつきで風防を回転させようとしてみた。

すると、ちょっと力を入れたらまわった…。


う〜む、コレは風防があっていないのか、接着ができていないのか…。

何れにしても要修理だなと。

それから風防を綺麗にし終わったときに、文字盤のホコリが気になったので

ベゼルはずれないかなぁ〜とこじ開けを穴を探したのですが

どうやら裏からしか開かないっぽい…。

まぁ、いいかとおもいながら綺麗になった風防を眺めていると

あれ?これは?

毛!?



そうなんです、なんと風防に押し付けられるようにして風防内側に毛が…。

最初の画像で実は映っています。

35分と40分の間に…。

あれ、毛ですw


誰の毛だー!男か!女か!そこはちょっと教えてくれ!

どうせ男だろうけどなー!と一人で無意味に腹を立てる私w

私の推測からすると、

多分風防がひび割れてジャンクだったエニカに合わせの風防を適当に

付け替えたときに、おっさんの鼻毛が入ったのだろうと思われます。

ほんと、これ多分鼻毛だよ。サイズ的に。


もはやエニカじゃない。

毛ニカだよ。

こんど、時計屋にOHがてらに出して綺麗にしてもらお。

エニカにしてもらおっと。


enicar03.jpg

腕に着けた感じもとってもいい。

これは、なんとしても早く毛を取らねば!

憎し鼻毛!


秒針がまわって毛の付近にくると

毛と干渉して、毛がビョーンとなる悲しき

毛ニカ。

ほんとこんなネタ、普通の人は笑ってくれない

悲しきネタですよw

なんとかせねば〜!w

これはまた中野ブロードウェイの時計の神様に呼ばれた感じがありますな。

使命を果たさねばなりますまい…。

その前に時計の神様、お金を下さい!

OH代をくださいよ〜!

ヘルプミー!



Comment:8  Trackback:0
2016
11.07

オリエントスター 限定 WZ0341DK

Category: 未分類
お久しぶりです。

ご無沙汰致しまして大変申し訳ありませんでした…。

未だにコメント返せずにいる方も大変申し訳ありません…。


なんだか10月はいろいろとありまして…

ブログをおろそかにしてしまいました。


その間もなんだかんだでまた新たな時計何ぞを手に入れたり

して、相変わらずの時計貧乏っぷりを発揮しているこのごろですw


さて、今回はつい最近、時計コーナーをうろついていて発見した

オリエントの時計です。

WZ0341DK.jpg

WZ0341DK という限定のオリエントスターです。

見た所、あ〜、オリエントだわ。

ってかんじなんですねw

わたしも、ネットとかで画像みて、あーはいはい、いつものオリエントスターですね

って感じだったんですが、店頭でみるとこれとっても綺麗。

文字盤の茶色とオレンジっぽい色がほんとに素敵。

コレは、スーツに合わせて着けたらカッコいいだろうなぁと

思いました。

パワーリザーブもついていて、オープンハート。

下の半円状のシースルーがどことなく笑っているような…w

私的には、あのオリエントスターのマークが嫌なんで、

できれば、あそこも円状にシースルーししていただいて

そこに型抜きにオリエントスターのマークを置いたら良かったのではないかと思う。

ロイヤルオリエント的な感じで。

そうしたら左右対称的な感じで笑っていていいと思うのだが。

安易だろうか…。

まぁ、このままでもとても素敵ですが。


見た目以外は一般的なオリエントスタート中身は変わらずなかんじですね。

駆動時間40時間は短いきがするんだよなぁ〜。

50時間は欲しいが、ムーブの関係上しかたないんでしょうね。

限定という事でさぞやお高いのかとおもいきや、定価で8万くらい。

店頭ではもう少しやすいんでしょう。

いいですね。

とってもほしいですw


オリエントは、綺麗なデザインの時計が多いのでショーケースを眺めていて

飽きません。


そんな感じで、いいなぁ〜とながめていたら

レトロフューチャーの自転車モデルが目に留まる。

私はこの黄色のヤツが好きで、

でも、結構高いんですよね。

だから、未だに買っていないんですが、そこの時計売り場では

売れないのか、なんだかめちゃくちゃ安くなっていた。

通常店頭でも45000円くらいするのに25000円くらいになってた!

う〜ぉ!これはほしぃ!と思うも

既に前の日にオークションで別の時計を落札…。

さすがに手を出す事はありませんでした…。

すぐにうれちゃうかなぁ〜と後ろ髪を引かれる想いでその場をあとにしました…。


なんだかんだで、今年も時計には金が飛んで行ったなぁ〜ともはや年末気分でいるこのごろ

さむくなってきましたね…。

でも、やっぱり腕時計っていいよね!

Comment:6  Trackback:0

back-to-top