2017
12.26

シチズン チャレンジタイマー パンダの帰還

Category: 未分類
数ヶ月前に、某オクにてやらかした結果

2本のチャレンジタイマーを手に入れた。


2本とも要OHでガラスも傷だらけ。

めんどくさいのでこの際2本まとめて

OHに出してやれ!

と時計屋に持って行ったのが2ヶ月程前。



ガラスに関しては適応する物をeb○yやらヤフ○クやらで

探し出して手に入れ、それを一緒に時計屋さんに渡した。

時計屋さんはいつもの西荻窪「スリータイム」だ。



当初の予定では1月半ほどだったのだが

ガラスが何やら合わないとの事で

ガラス屋さんとやり取りしてるとかで

遅れていた。


ガラスが合わない?

適応する物を選んだつもりだったのだが…。



しかし、いちいちケチをつけるのも

面倒なので、そうですか…、と暫く待った。

すると数週間後に出来上がりの連絡が来たので

つい最近取りに行ってきた。


私がOHに出したチャレンジタイマーは

所謂パンダと呼ばれるもの。

白文字盤に黒のインダイヤルのものと

紺?のダイヤルの物。


白文字盤に黒のインダイヤルのものは

問題なくOHとガラス交換が済んだのだが、

紺?のダイヤルのものは、針の塗装してあるオレンジ部が

針を取り付ける際に劣化の為に中央が剥がれてしまったとのこと。


う〜ん…。

とうなっていると、店員さんが近い色をカラー塗装して再現することも

可能ですが?とおっしゃるので、じゃぁ…と

頼んでみる事に。

やっぱり、禿げた針は気になる…。


古い時計を持ち込むといろいろとありますね…。


取りあえずかたっぽはまだ預けたままです。


白文字盤の方を引き取ってきました!

citizenpanda-1.jpg

やっぱりこのダイプが私は一番すきですね。

citizenpanda-2.jpg

ベルトもオリジナルで似合っています。

citizenpanda-3.jpg

ケースやベルトは傷がありますが、それは味ってことでw

citizenpanda-4.jpg

腕にしっくりきて、コロンとした丸みがいいです。


因に、紺文字盤ようにナイロンベルトを別注したのですが

これにも合うかと思って試しに黒のナイロンを着けたのですが

このタイプには似合いませんでした。

これは金属ベルトがにあっています。


紺文字盤の時に使うとしましょう。

OHを済ませるとなんか安心して使えますね…。

とはいえ、古いものなので、水関係は注意しないとですが…。


文字盤もガラスも綺麗だと、ケースやベルトも綺麗にしたくなっちゃいますね…。

暇があったらまたタムタイムにでもおねがいしようかな…。

暫くはこのままでもいいか…。


しかしOHから帰ってきたとき、少々問題があったんですよね…。

持って帰ってきた時はクッションケースにいれたままだったんで

ないと思うんですが、ガラスの2時付近にうすーい傷が…。

見つけたときは「はぁ〜…」って感じでした…。

汚れであれ!汚れであれ!と願いながらも拭きましたが願いかなわずでした…。

結局、キイロビンで少し磨くハメに…。

3時間くらいかけておとしました…。

もしかしたら、オクで落札した時から付いていたのかも…。

まぁ、なにはともあれ綺麗になってよかった…。


あとは紺文字盤を待つのみですね。

そのあとは、セイコーマチックと…。

な、長い…。


最近忙しくてストレスフルな毎日なので

こないだ、自分が手をつけるとは思わなかった

所に手を伸ばしていた…。

今度詳細を書きたいと思います…。


なんだか疲れのせいで勢いの無い記事ですがご容赦を…。


やっぱり腕時計っていいよね!
Comment:4  Trackback:0

back-to-top