2012
03.26

アメリカンクラシック ハミルトン アードモア

Category: 腕時計
今日は、ハミルトンの腕時計について話したいと思います。

私がしていた事のある時計はこちら。

hamiruton.jpg

ハミルトンのアードモアというモデルです。

かなり前に手に入れて今はもう手元に無いので細部を描写する事は

出来ませんが覚えている限りで話したいと思います。



前に記事でポールスミスの事を書かせてもらった時に、丸井で買ったと説明しましたが、

この時計もそこの丸井と同じ所で買いましたw

価格は6万くらいでしょうか?(当時の私はほいほい欲しい物に金をつぎ込んでいたようですw)



ポールスミスの後に買ったと記憶してます。

シンプルでシックな腕時計が欲しくなったんだと思います。

そして、角形ケースの腕時計ってした事が無かったので、ショーケースに

飾ってあるこの腕時計に一目惚れしてしまいましたw



買おうと思って店員さんを呼ぶと笑顔で接してくれて

「腕時計のほんとに好きな方はハミルトンに目をつけられる方が多い」

なんて事を言われ「そ、そうっすか?w」と頭をかきかきして

「じゃ、じゃぁこれくださ!」なんて即決w扱いやすい人間でしたw



店員さんの説明では「オメガと同じムーブを使っている」とのこと。

当時はそんなのよく分からなかったので「へぇ〜、あのオメガと…」って

感じで得した気分でいましたw



今考えると、オメガのクォーツって…って感じですがw

手放す前に切れた電池を自分で交換する為に裏蓋を空けた所、

もの凄いちゃっちい、小さいクォーツムーブをみることができましたw

(性能どうこうではなく見た目の問題w)しかしながら、この腕時計もまた限定品。

「限定品」の言葉に弱い典型的な日本人です…。



限定品という事もあり、商品説明の所にいろいろと書いてありました

。その中に○○も使用していた、みたいな説明があったんですよ。

思い出せないんだけど…スティーブ・マックイーンだったっけな…。

それくらいの大御所です。そんな説明を読み、更に即決感が高まったのは事実ですw



この腕時計は普段使いにはしていませんでした。

見た目がシックなだけに普段使いにはスーツとかじゃないと似合わない感じがして。

唯一使っていたのは、家族や親友の結婚式ですね。

私の中でこの腕時計はめでたい日用と決めていました。



今思うと、ベルトを変えた方が良かったんだろうなと。

文字盤が若干暗めのグレーでしたので、それにダークなミントグリーンのベルトは

ちょっと見た目的に重いかなと。奇をてらって通しベルトなんていう手も合うかもしれない…。



アードモアというモデルの名前には由来があって

「野花が綺麗に咲き乱れる長閑な田舎駅」からとったのだとか。

アードモアで検索してもらうと分かるのだが、このモデルにはもう一つデザインがある。

文字盤のデザインがもうすこしポップになった感じでインデックス等も

ローマ数字ではなくアラビア数字になっている。今なら私はこっちを選ぶなw

というか、私がしていたこちらのモデルは今ではほとんど無いようだ…。

やはり良いデザインの方が残っていくのか…。

私の買った方は復刻という形の限定品だった。

復刻というからには昔に販売された事のある物なのだろうが、

情報が今や全く掴めずに詳しく説明できない…(申し訳ない…)



通称スモールセコンドという秒針が短針と長針とは別になっているのが特徴。

6時上にあるのが秒針。

昔の時計はこのスモールセコンド型は多かった。

今こういうデザインを見るとクラシックな印象がある。

インデックスのローマ数字だが、私個人としてはインデックスに

ローマ数字を使うのはあまりすきじゃない。だが、この時計は今見ても、

余り気にならない。細めのフォントと線を意識した扱いが上手く存在を目立たない物にしている。



ハミルトンという会社は現在では、スウォッチ・グループ傘下の時計メーカーらしい。

また、スォッチですか…、最近出てきますね…w

アメリカ発祥の時計メーカーが今ではスイスの時計メーカーの傘下…。

それなのに、復刻でアメリカンクラシックを銘打って商品発売とは、商人ですなw



歴史は1874年からと古い。

機械式時計も作っており、世界最初のデジタル時計を発表したりしている凄いメーカーである。



アードモアの話しに戻るが、私の持っていたものについて言えば、

使用感に大きな不満は無かった。あえて言わせてもらうなら、

文字盤の表示がキレイにデザインしてあるので視認性という面ではそれほど良くなかった。

だが、元々視認性を求めるならコレを買わないだろうとwファッションに近いからこの腕時計は。

腕につけた時の装着感はとても良かったのを覚えている。

腕の丸みに合わせて裏蓋の辺りもカーブしていて、フィット感があった。



値段は、若干高めだが、ファッションを意識してするにはとても

向いた時計だと思う。良くある最新のデザインに飽きたらこういう

クラシックなデザインの腕時計をしてみるのもいいと思う。

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/11-23977cc2
トラックバック
コメント
ハミルトン アードモアですか。
ケース&文字盤はグッドですが、私はムーブが手巻きなら・・・欲しいかも?
「昔のハミルトンは良かった」と機械式マニアは言うのでした。苦笑 (アメリカン・パテックと言われていた時代)
mura2683dot 2016.08.15 23:37 | 編集
mura2683さん

そうですね、コレで機械式なら今でもほしいかも。

でも、当時ものなら古くても良ければ探せばあるかもしれませんね。

結構高かった記憶が…w
ネジマキdot 2016.08.16 01:01 | 編集
お代官さまー
高いとか安いとかなにを馬鹿な事をおっしゃいますのやら!
バセロンとかパテックとかを相続できる家系の人が言う事ではありませぬ!!
ここはお大尽らしく、とっとと買いなされ~ 爆
mura2683dot 2016.08.18 19:34 | 編集
mura2683さん

値段は大事ですよ〜w

金銭感覚が麻痺してしまうと、

こういう趣味は身を滅ぼしてしまいますからねw

気をつけましょう!w
ネジマキdot 2016.09.04 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top