2017
07.25

IWC シャフハウゼン OHとリダン 復活の巻

Category: 未分類
いやぁ〜、毎日暑いですね…。

梅雨はほんと、知らぬうちにおわっていたし…(始まっても無い感じだった…)

むしむしとしていて、本当に汗ばんで気持ちの悪い日和です。



そんな中、4月頃からOHに出していた時計がついに帰ってきました!


前に、記事で紹介したと思いますが

過去記事参照

じっちゃんの形見の一つであるインターです。

オレンジのベルトを着けてOHもせずに、たまに着けては外出していたものの

あるとき、時刻を合わせようとして竜頭を引き出したら

なんと

スポッ!

と抜けたw


えぇっ!?


はぁ…。


って感じでしたw


時計屋にもっていったら、なんでも竜頭を固定するとこのネジが緩んでる

とのこと。

内部の事は良く分かりませんが、あぁそうなんだ…と。

試しに見積もりだしてもらったんだけど、やっぱり

インターだけあってたかし…。

その時は考えますっていって、取りあえずひきとってきたんだけど

やっぱりコレは直すべきだ!

と思い直し、4月に持ち込む事を決心!


そのときに、折角だからリダンってものをためしてみたいなぁ〜と

リダンの値段を聞いて、取りあえずOHとともにリダンもお願いしてみた。


前に書いた記事では、文字盤よごれはコレも味なんて強がっていましたが、

やっぱりここまでくるとコレは汚れだろう…と。

味と汚れは分けて考えるべきだろうと思った。


というか折角OHするんだし、綺麗にしたいなぁと単純におもいました。

綺麗な方が、私的にはもっと大事にしたくなるだろうし。

リダンってものも今までした事が無かったので経験として

やってみたかった。


そんなこんなで、このインターはちょうどいいのでは?

と考えた次第です。


それでは、リダンする前のインターをもう一度、確認しておきましょう。

時計屋に出す前にiPhoneで撮っておきましたw

これです↓

iwc-1.jpg

う〜ん…、やはり凄いですね…。

なんというか、カビもそうですが、よごれも膜みたいになっています。

文字盤の、塗装下もさびていることでしょう…。


この文字盤リダンを頼んだときに、私がいつもお願いしている

西荻のスリータイムさんですが、ここではリダンをやっておらず、

スリータイムさんから外注にだしているそう。

どこかはきけませんでしたが…。

まぁ、リダンで2万ってことだからそれなりにはなるだろうと

思って口出しはしませんでしたが。


リダンをお願いして、まず言われたのが

インデックス外せないタイプはリダンできない可能性がある、

とのこと。

前にタムタイムでも同じ事を言われましたね。

その時はセイコーのクラウンスペシャルをリダンしようとおもったんですね。

そんで出したんですけどことわられましたね…。

いまからすれば、全然状態よかったのでリダンなんて必要なかったんですけどw


そんで、こちらインデックス外せないっぽいんですが

引き受けてくださるとおっしゃった。

おおぉ〜と思いながらも、じゃー、おねがいしまーす。的なノリで

OHとリダンをお願いする事に、私の軽いノリに味をしめたのか

「風防も少し傷付いているのでみがきましょうか?」別料金ですが

的な事を…、風防はプラ風防なんで磨こうと思えば自分で磨けたわけですが

いつもお世話になっていますし、少しくらい儲けさせてあげなければと

快諾。お願いしますと。

すると、今度は「針もね、汚れてるからどこまで綺麗になるかわからない、再メッキとかもできますよ」的な事を。

さすがにここまでくると、もういいか…、となりそれはまた様子をみてという感じに濁して

お断りしました…。

商売って大変です…、でもコレが商売です。


てナ感じでおねがいしたわけですが、リダンに2ヶ月位かかってそっからの

OHだからちょっと時間かかるといわれていて、

まぁ、おそくとも8月にはもどってくるかなぁ〜くらいの気長な感じで

待っていたら、つい先日電話があり、日曜日にとりに言って参りました。


それでは長くなりましたが、戻ってきたインターをみてみましょう!

こちらです!↓

iwc-2.jpg

どうですか!

新品とみまごうこの綺麗さ。

リダンにありがちな、ロゴ文字が太くなったりつぶれたりもほとんどなく

オリジナルとほとんどかわらないくらいのできでした。(写真だとわからないかもしれないけれど)


ほんとに、綺麗にできました。

取り合えず手元にあった黒のコードバン着けてみましたが

やっぱり黒はあいますね。

でもありきたりだ!

と、前にエニカに着けた青のベルトをつけてみた

iwc-3.jpg

悪くはない。でもちょっとカジュアルすぎるか…。

iwc-5.jpg
iwc-4.jpg

写真では文字盤ぴっかぴかに見えますが、やはりもとの文字盤の状態が悪かったため

再塗装しても錆によるものの腐食のせいとおもわれる凹凸が細かくある。

でも、この距離くらいなら全然目立たないし

近くでみても、状態の非常によいアンティークっぽくみえる。

これは私的には成功だな。と。

インターだけどねと。


今の時期に革のベルトを着けて外にでる

勇気はないし、防水性の乏しいアンティークだから

秋頃に着け始めようと思うが、

ベルトは、また今度買おうと思う。

取りあえず今の所これは少し欲しいかなとおもった↓

iwc-6.jpg

海外のサイトのだったんですが、レッドなんですよね。

作りが渋いし、色もいい。

そして安い。

まぁ、まだいろいろみてみようかと思いますが

どちらにせよ、こういう路線でいこうかと思います。

いやーしかしOHとリダンとで金が…。

しかも、磨きだったハズが何故か新品風防に交換されてたw

多分OHの時に外したら、劣化が激しく外れやすくなっていた模様

OHの結果が書かれた紙にも書いてあったし

磨きで発生する料金と大してかわらないから、勝手に交換ってことにしたのだろう。

しかし大してかわらないけど、少したかくなってるから!確実にw

相談くらいしてくれてもいーじゃない!とw

まぁ、いいんだけどさ。


よく足を運ぶから顔も覚えられてて、足下みられてるんだろうなぁ…w



そういえば話は変わりますが、

セイコーの現代版ファーストでましたね。

出る前までは、買う予定でいたんですが、

復刻サードのカスタムが気に入りすぎたのと

実際に店頭でみた時のインパクトの薄さとでちょっと

購入は微妙な空気に…w


なおかつ、早めに出来上がったインターのOHで

金が無いのとでしばらくはなさそうですね…w


サードの新しいジュビリーブレス買っちゃったし。

海外のだから時間かかってますが、今日発送の連絡が

あったので(国内の)、多分明日明後日にはとどくと思います。

楽しみ楽しみ…。


あぁ、ほんと時計三昧な日々…w

まぁ、これでいいのだ!


やっぱり腕時計っていいよね!(強気にw)

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/112-f8b157c1
トラックバック
コメント
デカくなった昨今の時計よりも品のよい社会人がつける時計はこんな大きさという見本みたいな時計ですね。最近は国産もデカくなりすぎて買おうと思うモノがないんです。2000年前後のGSかザシチがいい感じのサイズなんですがね。クォーツでも良いものはいいのだと思います。
強風dot 2017.07.26 23:33 | 編集
強風さん

そうですね。

ほんと最近のデカ厚時計は日本人の腕には合わないとおもいます。

この大きさでいいんです。

秋頃にデビュー予定ですw

ザシチですか。私も一本欲しいですねw
ネジマキdot 2017.07.30 21:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top