2017
09.18

シチズン チャレンジタイマー 4-901011 うっかり!

Category: 未分類
オークションばかり除いていてはいけませんね…。

ついうっかり…、なんて事が最近多くて

本当に反省です…。



今回、そんなこんなで

時計を1本手に入れました。

シチズンのチャレンジタイマーです。

チャレンジタイマーと言えばツノですね。

そうです。ツノです。


何故ツノと呼ばれるかと言えば通常、右側にあるはずの

竜頭やクロノプッシャーが12時位置にあるから。

プッシャーがツノに見えるから。

まぁ、こんな事は好きな人は誰でも知っているとは思いますが。

海外では、文字盤のインダイヤルを顔にプッシャーを耳にみたてて馬面とか言われたりもしています。


セイコーにもツノのクロノがあるのですが、

私は1度も手にした事が無く、

手に入れようと思っても、今や高額な時計になってしまいましたので

なかなか手に入れられません。

思えば、5〜6年位前はもっと安かったはずなんですが…

それだけマニアが増えたという事でしょうかね…。

嬉しいやら悲しいやら…。


70年代の機械式クロノといえば

国産ですが、セイコーのスピードタイマーか

シチズンのチャレンジタイマーですね。

どちらもすきです。

スピードタイマーは今でも欲しいモデルが

いくつかありますし日々狙っている訳ですがw

なかなか、いい値段のものは少なく、様子見がつづいております…。


そんななか、ちらっと、チャレンジタイマーをみると

安価で取引していたりして、

「おっ!このツノ状態よさそう出しこの値なら良いんじゃん。試しに…」

なんて軽い気持ちで10分前くらいに入札しちゃうと

「おめでとうございます!商品が落札できました!」なんて

iPhoneのほうにちらりとメッセが見えて

ギクッ!っとしたりするんですねぇ…。(私だけじゃないはず!)



そんな事があった中、散財してしまい

その後中野ブロードウェイをうろついていると

あっ!これ欲しかったスピードタイマー!

ガラス傷結構あるけど文字盤きれい!

ほしぃ〜!

けど、もう無理…ちきしょぃ…(涙)

ってことになりますね…。(今日あった実話…)



もうね、ほんと時計バカだなと。

いや、ただのバカだなと。


まぁ、前置きがながくなりましたが

そんなこんなで手に入れた(なんだか紹介しずらい流れだなw)

チャレンジタイマーがこちら↓

cyarenji-gry1.jpg

きったねぇ〜w

うすよごれですw

cyarenji-gry2.jpg

裏面も汚れがひどい…。

cyarenji-gry3.jpg

ベルトも汚れが…。

コレをみて「なかなかいいコンディションじゃ!」と思う私もすごいですねw(我ながら)

正面からの写真もあったのですが、無くしてしまいましたw(雑)


落札してから、すぐに時計屋にOHとガラス交換に持ち込んだので

画像が全然のこっていないんですよね…。

ただ、文字盤は、すこぶる状態がよかったですね。

針もメモリも。

時計屋さんも「状態いいですねー」って言ってましたぉ。


ガラス面はこの年代の物にしては綺麗だったんですが、

傷が気になり、角もカケてしまっていたので

今、時計屋さんでさがしてもらっています。

時計屋さん曰く「これくらいならまだイケル」そうですが

私は「出来る事なら綺麗に!」を貫き

真っ向から対立。

でも、探してくれていますw

どうやらベゼル部を外すと、なんだかいろいろ大変なんだそうで

できれば外さずさませたいっぽい…。(よくわからんがプレスチック製の部品がどうたらいうておりました)


動作に関しては、結構正確でしたね。

時計としての役割としては機械式としては全然平気なのですが

右員ダイヤルが、ずれてしまうっていう、気になるポイントがあったのと

せっかくなら、メンテしようということ。


うっかり落札なんていいつつも、大事に考えているんですよ私は。

手元に来て少しつけてみましたが、なんかいいですね。

チャレンジタイマーのツノはカラー文字盤とかシルバーダイヤルが多いのですが

このグレー(紺にもみえる)ははじめてで、

とても新鮮でしたね。

ただ、付属していたベルトはオリジナルだったんですが、

かなり修復後があり、バックルのところなんか、針金で補強してありました…。

私は腕が細い方なので、たいていの時計を落としても

きつすぎる事はなかったのですが、今回は着けられない事はないのですが、

若干きついかなと…。

それで途中から、前回紹介したレオパールに着けていた

ナイロンベルトに変更して着けてみるとあら楽w

そして、よく似合う事w

修理完了したら専用のナイロンベルト買おうかしらんと。


シチズンのツノってナイロンベルトにあうんですよね。

ファッション的な感覚で楽しんでる人は

古着的なカジュアルテイストと合わせる為に

ナイロンにしたりしてるのたまに見かけます。


まぁ、あの補強だらけのベルトをそれでもなんとか!

って使うのもまた楽しいかもw

それをするには、バックル側からの延長版が必要だな…。

余コマなんて物はないし…。

どっかにそういうの合った気がするんだよなぁ…。


このツノ、なんだか変わった形をしておりますが

そんなに大きさはないんですよね。

だから、腕にコロンと付いている感じが

妙にいいんです。

これは着けてみた人じゃないとわからないとおもいますがw


なんんだかんだ、チャレンジタイマーの記事だって言うのに

「画像がない」ってどういうこと?wと。

まぁ、OHから帰ってきた時にまたゆっくりと紹介するとしましょう。




最近なかなかブログを書いている時間がなく、コメントへの返しも遅く申しわけありません!

出来るだけ頑張ってかいて行こうとおもいます!

久しぶりの


腕時計ってやっぱりいいよね!

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/116-4951099a
トラックバック
コメント
こんにちは。

私もこの写真見て、コンディション良いと思いましたよ。
汚れがひどいけど洗えばとれます。再研磨した感じがない
のが良いです。この純正ステンレスベルトがポイント高い
ですね。社外品に替えられてる個体は状態が良くないか
ビカビカに研磨されてることが多い。純正のままだと他の
部分も手が入ってない可能性が高いです。

このオリジナルグレー文字盤は珍しいですね。最近は
社外文字盤が出回ってますから、どれがオリジナルか
分かりにくいです。

OHから帰ってきたら、紹介記事たのしみにしています。
アカツメdot 2017.09.19 13:05 | 編集
アカツメ さん

やっぱり見てる所一緒ですねw

そうなんですよね、このケースの未研磨な感じがいいんですw

このタイプの奴って、研磨されてツルピカに

なっちゃってるの多いんですよね。

台無し感…。

これはそのままな感じと、ダイヤルの色に惹かれました。

なかなか珍しいですが、オリジナルなのかはじめわかりませんでした。

落としてからしらべましたがw

とりあえずこのカラーダイヤルはあるようですw

ベルトはオリジナルでいいんですが、上側のコマが短くされちゃってるので外側にいきがちなんですよね…

取り敢えずはつけられますが…。

最近、うっかり落札が多くて参っております…。

お互いに気をつけましょうw
ネジマキdot 2017.09.19 20:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top