2018
10.07

ミューレ ドイツの時計 M1-25-32-MB

Category: 未分類
今か今かと時計の修理を待ちわびていながら

全く連絡もなく未だ待ちぼうけの日々…。



そんな中、最近時計買ってないなーという

欲が渦巻いていたところに

思いもしなかった時計を手にする事に。



いつものようにオークションを巡回していると

おや?これは…

ミューレ?

ドイツの時計じゃないかと。

私はドイツの時計が好きで

本を何冊か持っているので

ミューレの名は知っていた。


残り1日で入札件数数件で

3万で止まっている…。

商品写真みれば美品の状態。

う〜ん。

コレ、ホ・シ・イ…。


となりましてw

試しに入札してみると

例の

「この商品の最低落札価格に達していません」との表示。

ふ〜ん…。そういうことか…と。



それで次の日、またのぞいてみたら全然入札されておらず

仕事の疲れもあってかなんか変なテンションで

これくらいか?もっとか?w

なんて事を繰り返していたら

「おめでとうございます!あなたが最高入札者です!」みたいな文字…。

やべっ!!

っとなり。

終了5分前にそんな事していたものだから

なんだかんだで落札してしまったと…w


久々にやっちまった感がありましたねw

まぁ、でもしょうがないと。

最近嫌な事続きだし、気分転換に買い物したって事にしよう!

と手続きをする事に。


なんだかんだでドイツ時計だし、それなりにおしゃれだしいいかと。

出品者が近かったこともあり翌日にはとどきました。

それがこちら↓

mule01.jpg
ミューレグラスヒュッテ M1-25-32-MB

このモデルは29er(トゥエンティナイナー)といって、「帆走レガッタボートの公式階級で、主に青少年向きとされ最近普及が著しい小型ヨット"29er"を指し、ミューレ社が、29er級ヨットを操舵するドイツの青年男女達のために開発したもの。」だそうです。

ヨット…、全く私のイメージじゃないw

このモデルはステンブレスとブルーの革ベルトがあるみたいです。

ムーブメントはセリタのSW221-1をミューレがミューレ風にしたとの事。

mule02.jpg
mule03.jpg

ベルトは可もなく不可もなくといったかんじですね。

mule06.jpg
mule05.jpg

ムーブメントは結構きれいでした。

青焼きネジとか使ってますし。

テンプのところがなんかかわってるなと思ったら

ウッドペッカー(キツツキ)レギュレーターと言うらしく

ミューレ独特の機構らしいです。


ケース系は42mmで少し大きいかなと思っていたのですが

腕につけると、少しっていうより結構でかいな…といった感じ。

厚みがあるからだと思います。

つけた感じ、昔買った、セイコーのアナンタを思い出しましたね。

あれもデカ厚だったから。

ほんとそんな感じです。

ムーブメントをカメラで撮ったときに

革ベルトしていたんですが、似合わないのでブレスに戻しました。

なので、重量が結構ありますw

なれるでしょ…きっと。


mule04.jpg

リューズには風車の羽がついていますね。

mule07.jpg

ブランド文字が小さくて新鮮。

主張しない文字盤です。

ドイツデザインってかんじですね。


ちなみにミューレは歴史自体は結構長いんですよね。

1869年に測定機械と精密機械のメーカーとして創業しています。

これはセイコーよりも前ということになります。

しかしながらこの会社本当にいろいろあったようです…。


1945年▶敗戦に伴って解体。

1946年▶半国営化されながらも復活。

1969年▶創業者一族のハンス・ユルゲン・ミューレが社長に就任。

1994年▶再興し、現在の体制となる。

1995年▶腕時計製造に参入。しかし、グラスヒュッテで製造した部品が全体の50%以下にも関わらず『グラスヒュッテ』の名を冠したとノモス・グラスヒュッテから告訴される。

1997年▶法的闘争の末に破産申請。創業者一族のティロ・ミューレが6代目社長に就任し、立て直しに入る。

2004年▶ユーロパッションが日本総輸入代理店となる。

2012年▶チックタック(株式会社ヌーヴ・エイ)が日本総輸入代理店となる。

なんかかわいそうなくらい世の流れに翻弄されているというか…。

ノモスとはすったもんだあったんですね…。

同じグラスヒュッテ名乗っているからライバル心半端ないんでしょうね。

まぁ、現在ではノモスの方が上なんでしょうけどね…。

歴史っていうのはいろいろありますよね…。


でもそんな感じでなんだかんだあっても現存して

ちゃんと時計作ってるあたり好感もてます。

私の持っている時計では初めてのドイツ時計ですし

さわやかな時計ですので、最近お気に入りでつかっています。


あとは、早く時計の修理終わんないかなぁ〜とw


mule08.jpg

やっぱり腕時計っていいよね!

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/137-8d4532a4
トラックバック
コメント
嫌な事続きで時計を購入って私と同じですね。しかも同じ時計を2週間連続で二つ購入してしまいました、値段は一個6500円のオタク時計ですが。しかし眺めてると心が落ち着きます、値段ではないんですよね、時計って。
強風dot 2018.10.08 07:00 | 編集
強風さん

2週間連続で同じ時計をw

強風さんもかなりの時計好きですね。

でも私も、同じ時計を買い足すみたいなのありますから

よくわかります。

えぇ!この値段でいいの?買っとこ♪みたいなw

あとなんていうんですかね、そんなに高くない時計を

複数持って楽しむのって、なんか安心感があるんですよね。

全部お気に入りだし。

でも、あまり買いすぎには注意が必要ですね。

コレとこれとコレを買わなかったら、あれかえたじゃん!

みたいな所、考えちゃいますのでw
ネジマキdot 2018.10.08 21:13 | 編集
相変わらずブレずに時計道楽を続けてますね~。
脱帽です。
<(_ _)>
私は何とか、この金のかかる趣味から足を洗うべく画策してきましたが、結局、全て無駄な努力に終わり相変わらず時計沼でズブズブやっております。
それでも今年はフォルティスのコスモノート・クロノグラフを手に入れてから一つも時計を買っていません。
少しは効果があったようです。
(^v^)
ですが……、このところ私も嫌なことが続きストレスが溜まってしまい、時計欲しい病がうずきはじめてしまいますた。
(;゚Д゚)
ひょっとすると近いうちにドイツ時計を手に入れて、ブログで紹介してしまうかもしれません。
もちろんリーズナブルな、それなりブランドの腕時計ですけどw
(^^;)

AR7dot 2018.11.27 18:15 | 編集
AR7さん

おひさしぶりです。

ブログちょくちょく覗かせていただいておりますw

コスモノート・クロノグラフかっこいいなぁ〜っていつも見てますw

あと猫はどうなってるかなぁ〜ってw

そう簡単に足を洗えるものではありませんよ!w

私も、あれを売ってこれを買い、また売ってあれを買いの繰り返し泥沼ですw

ドイツ時計に興味を持たれたのですか?

それはそれはAR7さんもかなりの重症ですw

ぜひ購入してください、ブログで出るのを楽しみにしておりますw
ネジマキdot 2018.11.27 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top