2019
03.24

バーゼル2019 なんだかなぁ。

Category: 未分類
バーゼルワールド2019が始まり、

各ブランドが様々な新作をおひろめしたわけですが

私のブックマークしている他のブロガーの方の反応を見ても

私とほとんど同じだった。


別にロレックスとかいいのがでても特に買う気はないんだけど

それでも、どんなものが出るのか少しは期待していたりした。

でも、実際はう〜ん…って感じ。

チューダーも、ベンツ針のサブが復活か?なんて

予想されてたわけだけれども、実際は

なんというか…。

新作は嫌いじゃなかったけど…。


セイコーに関していえば本当によくわからない。

45万もするセカンドを復刻させたり

LX lineという、ダイバーをスプリングドライブで

たくさんだしたり。それを63万という高額にしたり…。

セイコーでそこまでの値段のものを出すと

グランドセイコーはどういう扱いなの?って感じもするし。

格好いいんですけどねLX line。

まぁ、ブランド価値自体の底上げをしたいんでしょうけどね…。

安価で安心・信頼のセイコー的な感じでいた

私はちょっと悲しかったですね。


そんな中で、これも他のブロガーさんと被ってしまってもうしわけないんですが

シチズンは一番良かったですね。

citizen-0100.jpg

エコドライブで年差1秒の腕時計。

なんだか、時計の本質に立ち返った技術の向上といいますか。

時計のことを考えている物作りがとても素敵でした。

この時計を作るのは本当に大変だったんじゃないでしょうか。

機械式の高級時計がフェアを占める中、こういう時計ってシチズン唯一じゃないでしょうか。

近年シチズンの躍進はとても注目するべきところがありますね。

私的には、シチズンのデザインはすごく好きで

センスのあるブランドだと思っています。

エコドライブもとてもいいですが、出来うるならば

機械式を本格的に復活させて、そっちでもたくさん時計を

出してくれるとうれしいですね。


あとは、いろいろ気になる時計もありましたが、

きょうは簡単にこんなかんじでw


やっぱり腕時計っていいよね。

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/147-5f6e99fd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top