2019
09.09

最近気になった時計 シチズン メカニカル

Category: 未分類
仕事が早く切り上げられると、私は某量販店の

時計売り場に寄ったりする。

別に欲しい時計があるわけでもないのだけれど

私にとって憩いのスペースであるわけです。


今日も、なんとなしに時計売り場に寄って帰った。

ついにオリエントのダイバーが店頭に並んだなー、

結構いいなーなんて眺めながら、

あるショーケースの前で立ち止まる私。


あれ!?

プレザージュ新色でた?

と驚く私。

よくよく見てみると、プレザージュにそっくりな

シチズンのメカニカルであった。

家に帰ってシチズンのホームページで確認すると

ニュースにも載っていないが、メカニカルのニューモデルが

ひっそりとでていた。

それがこれ。

NK0002-14W.jpg
NK0002-14W

大きさといい見た目といいほんとプレザージュのカクテルそっくり。

リューズの形状なんて完全に真似してる感じw

プレザージュの方はケースサイズが40.5mmなのに対し

シチズンのメカニカルは41mmと0.5mmほど大きい。

機械の精度はセイコー が日差+45秒~-35秒

シチズンが日差+40秒~-20秒だからシチズンの方がいい模様。

まぁ、私のような人間にその差はほとんどわからないだろうけどW

防水は両方とも5気圧。

ガラスはセイコー がボックス型ハードレックス

シチズンがボックス型クリスタルガラスと表記してある。

耐磁性についてはセイコーはありの表記、シチズンは表記なし。


ケースサイズはセイコー が厚さ: 11.8㎜ 横: 40.5㎜ 縦: 47.5㎜ 重さ70.0g

シチズンが 厚み12.6mm ケースサイズ 41.0mm 重さ表記なし。

駆動時間(最大巻き上げ時)セイコーが約41時間持続、約60時間。

振動数は両方とも6振動。

石数、セイコー23石、シチズン21石。

両方とも秒針停止機能、カレンダー(日付)機能つき。


こうして比べてみると、ほとんど大差がないようにも思える。

しかし、シチズンの最近の機械式事情が私はうといので

実際のところどうなんだろうかと。

シチズンがメカニカル復活させ始めた頃は

デザインが気に入らず興味がなかったのだが、

なんだか最近はちょいちょい良さそうなデザインも

あるので気になってはいる。


この、グリーンのメカニカルだって、セイコーのよりは

私の好きな色合いだし、値段も2千円くらい安い。

精度も結構いいし結構気になる。

このシリーズは他に3種類のバリエーションがあった。

NK0000-95E.jpg
NK0000-95E

ブラックの文字盤にシルバーステンケースとブレス

NK0000-95L.jpg
NK0000-95L

濃紺文字盤にシルバーステンケースとブレス。
これは売れそうな気がする。

NK0000-10A.jpg
NK0000-10A

そしてスタンダードな、白文字盤に革ベルト。

うーんwなんだか見れば見るほどプレザージュだw

でも、この価格で機械式なら試してみたい人もいるんじゃないかな?ともおもう。

ずっとほっぽらかしだったメカニカルに少しバリエーションを増やしたシチズン。

やる気か?きまぐれか?w


私としては、あのグリーンの文字盤そのまんまで、

シルバーステンケースにしてもらいたいw

ちょっと画像をいじりましたw↓

sichizunpure-01.jpg

こんな感じ。いいですねー。

これなら私買いますW

shichizunpre02.jpg

革ベルトめっちゃ似合ってるw

ゴールド最近流行ってるけど、ケースサイズ大きいのにやると

やすっぽくかんじるんだよなー。

まぁ、安いんだけどw

文字盤インデックスはゴールドでもいいけど

こんな感じにケースはシルバーにしたら

ちょっと、ヴィンテージ感も出ていいんじゃないでしょうかね?

2つ買っていれかえろ?そういうことでしょうか?W

でもいいなー、このグリーン。

店頭で見たらいい感じの色合いでした。


今日の憩いの時間はとても有意義なものとなりましたw

最近気になる時計が結構あるので、また書きたいと思いますw


やっぱり腕時計っていいよね!

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/154-d50aab30
トラックバック
コメント
こんにちは。

私もこの時計の現物見ました。
セイコーを意識していることは間違いありませんね。
シチズンの機械式はブランドが確立されてないから競争力は
ないイメージです。特にマニアはセイコーを選ぶでしょう。
事実、機械式のダイバーズは、国内のカタログから無くなって
しまいました。

どうせなら38mm以下にすれば、一部の人に絶対的にウケると
思うのです。スタンダードで安価なビジネス機械式時計で38mm以下は
他にないので独占できると思うのです。SARB033が今でもAmazon
でこっそり売ってますけど、お店には並んでません。

デザインもムーブメントも凡庸ならば、ニッチを狙った差別化を
しなければ、他メーカーには勝てないと思います。
アカツメdot 2019.09.12 18:19 | 編集
アカツメさん

コメントありがとうございます!

確かにそうですよねw

なんのブランドでもないただのメカニカルですからねw

38mm以下はやっぱり日本人として求めてしまう

サイズですよね。

最近は40mmオーバーが多くてこまります。

SARB033はよかったですね。

私も、この時計の赤と緑を今でも持っていて時々使いますけど

やっぱりサイズ感がいいですね。

真似するならこっちを真似して欲しかった感は否めませんねw

これからメカニカル発展させて

V2やレオパール的なブランドを復刻か

または新たなブランドにしていってもらいたいです!
ネジマキdot 2019.09.14 22:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top