2012
03.16

シチズン インディペンデント

Category: 腕時計
高校2年生くらいのときだろうか。

ファッション雑誌かなにかで見かけて人目惚れしたのが

この、インディペンデント

2

今見ると、あぁデジアナだったんだなぁと気付く。

ケンイシイとかいう人の限定モデルだった。

モデル名は確か「リールアップ」と言ったかな?

スタイリッシュなのにアナログ表示の花柄なんかが非常に可愛くて色あいも好きだった。

1996年か7年くらいだったと思う。

当時で24000円くらい。結構頑張った記憶がある…(どこから捻出したのか…)

当時、バイトもしてなかったから、少ないこずかい貯めて買ったんだろうなぁ。

あの頃はネット何て普及してなかったし、限定モデルが売ってる所何て、

自分で調べようと思ったら雑誌とか、あとは電話して聞くしかなかった。

コレを買いに行ったのは新宿だった。店がなかなか見つからなくて、

焦りながら汗だくで買いに行った記憶がある。雑誌に載っていた店に行くと売り切れていて、

ほかの店でなんとかゲットしたのだ。



それから、ゲットしたはいいけど、あんまり大切にしていてつけなかったんだよね。

学校でつけててもクラスメイトに何かつっこまれるのもいやだったし。

それで、しばらくつけていなかったんだけど、21歳くらいの時に高島屋の絵画の販売する店に

バイトの面接行った時にこれつけて行って受かったんだよね。

後で、担当者に話し聞いたらセンスが良かったからと言ってもらえたのが

嬉しかった(おじさんだったけどね)それからそのバイトのときはずっとつけてましたね。

あえて難をいうとつけ心地はあんまり良くない。

特徴的なベルトは調節できるんだけど、ぴったりに調節すると少し手首に干渉して痛いし、

余裕もってユルくすると、くるくるまわっちゃうし…。本体と一体化してるから

別のベルトに変える事も出来ないし(やろうと思えばできるけど、

本体の見た目がかわっちゃう)まぁ、見た目重視の人で好きな方は

それでも構わないと思うんでしょうけど。(実際私がそうでした)



このモデルのインディペンデントの後に、一時期人気を博した「スプーン」とかが

くるんですよね。だからこのモデルのしかも限定版に目を付けて購入していた私は、

当時としては変わり者だったんだろうなぁと思います(今でもか?w)

23か24歳くらいの時に風防を強く打ってガラスを欠けさせてしまい修理に出したんですが、

メーカーに到着したときに何らかの不備で関係ないベルト部を損傷させて

しまったらしく陳謝の電話が…。結局ベルト部は無償でかえてくれることに

なったのだが…「限定モデルの時計なのでかえが無く通常バージョンのベルトに

なってしまいますがよろしいですか?」との返答があり渋々OKしたのです…。

戻って来た時計は、以前の限定品のオーラが見事になくなりガッチャ品の

ようなかわいそうな姿に…。それがきっかけで、あまりつけなくなって来ました…。


27歳くらいの時に、使わない時計がたまっているのが嫌で、友達とかにあげたりしていて、

この時計も姉に結局あげてしまいました。「かわいい」と喜んでもらってくれたので

今も大切に使ってくれていことでしょう(そう願いますw)

ヤフオク何かで安く出てたらまた欲しいなぁと個人的に思っている一品です。

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/2-2900d99d
トラックバック
コメント
相変わらず良い文章を書きますね、引き込まれます。
lion29qdot 2012.03.16 22:39 | 編集
ありがとうございます。
引き込まれてくださいw
ネジマキdot 2012.03.16 23:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top