2012
07.11

オリエントスター レトロフューチャー Orient Star Retro-Future なんか気になる

Category: 腕時計
最近、やたらと古い時計ばかり取り上げて現行モデルに触れていなかったので

今日は前から気になっていたモデルの事を書こうと思う。

retoro.jpg

こちらは、WZ0011DKというオリエントスターの時計だ。

イタリアのヴィンテージ・ロードバイクをモチーフにデザインされている。

なるほど、そう言われればロードバイクの要素が多く美味い事文字盤に取り入れらている事がわかる。


しかしながら、パッと見普通の時計と違った個性的な感じで、これを初見で

「いいねぇ〜」と思う人はなかなかいないのではないだろうかw

かくいう私も、これを初めて見た時「ん?どした?これ誰が買うんだ?」って言う感じで

冷ややかにみていたんですが、まぁその頃はオリエントという時計屋の

存在がどういう物かも知らなかったんで無理もないんですがw


じゃぁ、いつから好きになったのかと言われると、これがまた困っちゃうんですけど

いろんな時計見てるうちに「あれ?これ、ひょっとしてすげぇ良くできてんじゃね?」

と言った具合に心境の変化が起きるんですねw(不思議w)


いや、でも実際よく出来てるとおもうんですよね。

特に、国内老舗時計屋のセイコー、シチズンには、まずこういう時計は作れないと思います。

オリエントだからこういう時計ができたんですよね。

そこが重要。

ほんとに。


この時計は一般のオリエントスターとは別の商品枠でレトロフューチャーという企画の中に入る時計なんですが

もともと、その企画のコンセプトが「1950年代の未来デザインと機械式時計の融合」というものなんだそうです。

このデザインの他にもバイクモデルや、カメラモデルなんかもあったりします。

カメラのは比較的一般受けしそうな感じのデザインでそれなりに時計売り場とかでもおすすめされてたり

するのを見た事がありますね。もっといろんなモデルを作って頑張って欲しい所ですが

現行で、種類は少ないです。


私がこの自転車モデルの気に入った理由は「こだわりとデザインと利便性」の3つを兼ね備えているからです。

そもそも、この時計見れば見る程、いろんな所をこだわってるんですね。

この時計を作る為だけに作ったであろう部品が多い。

ケースと特徴的に繋がっているラグ部や、個性的だけど雰囲気を良く捕らえているベルト部

それにテンプ部が回転する事によって上手に自転車感を取り込む文字盤デザイン。

これら全てどこか別のモデルから使い回した部品てあるの?って聞きたくなるくらいいちいちオリジナル。

こだわってるし、そのこだわりがデザインに直接繋がってマッチしてる。


それと利便性なんだけど、竜頭部が左にきてるんですね。

私、こういうの凄い好きですね。

自転車モデルだから、ハンドル部を持つ時に手首が曲がる事を考慮しているのでしょうか?(わかりませんが)

個人的にはこれ他のモデルにも全部そういう仕様にして欲しいくらい好きです。

付けている時に手首曲げて竜頭が当たるのが気になるのって結構多かったりするんですよね。

見た目的には王道のデザイン感ではあるんですが、やはりケースの内側に納めるか

さもなくば、ダイバーモデルの様に斜め下にあると助かりますね。(あくまで個人的感想w)


それに加えて、やはり自動巻にはあって欲しい機能のパワーリザーブ。

これがちゃんとついているところが評価高いですね。

機械的には一応手巻きもできるヤツらしいんですが

やはり自動巻の時計なので、頻繁に手巻き機能使うと、歯車に負担かかりそうであんまり

つかいたくないのが人情…。だけど…、いきなり止まられるのも日常的に付けたい人にとっては

困りもの、ワインダーつかって常にゼンマイを安定してまわしとく程手間をかけたくもないし…

何て人にはやぱりパワーリザーブあるとなんとなく安心。

なにげに私、パワーリザーブの付いた機械式って今まで使ったことないな…。

だからちょっと羨望の眼差し的な所もあるんですがw


あとは、夜光でインデックスがちゃんと暗闇で光る所ですね。

これってほんとに大事w(個人的にw)

機械式の古い時計ばかり弄んでる私としては

暗闇で時刻がちゃんと確認できる事ほどありがたい事はないw

まぁ、そんなのはあたりまえなんですけどねw

でも、大体、夜光付いてる時計って

夜光が付いてるインデックスの所が目立ってしまって、気になるデザインが多いんですよね。

ダイバーモデルなんてモロなんでそれが売りみたいになってますけどw


それが、ちゃんと周りのデザインに干渉せず「あれ?この時計、夜光あったんだ」

くらい自然な感じでとけ込んでいる。これなかなか難しい所だと思う。


以上が大体私の時計心をくすぐる要素なんですが

最近の機械式の流行である、バックスケルトンなんかもちゃんと取り入れてたりして

機械式特有の見た目の綺麗さもかねそなえてたりする。


うん、こうして良い所を上げて説明してると「お前はオリエントの回し者か?」的な感じですがw

別に違いますwだけど、回し者になれるならなりたいですねw

だけど、改めてこうして一つ一つこの時計の部位を見ていくと

やっぱりよくできてるなぁ〜と思わされますね。

ほしいなぁ〜と思わせる時計ですね。


「でも、お高いんでしょ〜?」

と言う声が聞こえてきました。

「そうなんです!高いんです!」と私は言いたいw

それなりの値段がしますw

定価で7万円ですね。

まぁ、普段高い時計付けてる人にとったら

「なんだ、安いじゃん」という感じでしょうが「ちょっとこういう時計してみたいな」的な

私の様な人間にはやはり高めです…(涙)


オークションサイトとかでたまに検索かけたりしますが、なかなか落ちてはいないですね。

やはり、それだけこだわりのある時計は値段に反映されてしまうのが現実なんですね。

だからこそ、こういう時計を認めて「高くても良い物買おうぜ!」ってユーザーが増えなきゃ

本当はいけないんですよね。メーカーの熱い思いに答えて我々ユーザーが買う事で

また新たなすばらしい時計が生み出されるんですから。


特にオリエントという時計メーカーはセイコー、シチズンに次いでもはや

他には無い存在感で新たな価値を生み出すことに長けていますから

これからもいっそうがんばって欲しいですね。

いつか、懐に余裕ができたらこのモデル個人的に是非買いたいですねぇ。

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/25-a99160d3
トラックバック
コメント
こんにちは
WFdot 2012.08.22 19:05 | 編集
こんにちは。コメントありがとうございます。
ネジマキdot 2012.09.16 13:19 | 編集
この腕時計持っています。
凄くいいですよね♪
dot 2013.06.24 15:08 | 編集
もっているんですか?
いいですねぇ〜。
最近新しいバリエーションの色がでましたよね。
もう少し安くならないかなぁ〜といつもショーケースを眺めたりしていますw
大切になさってくださいw
ネジマキdot 2013.06.24 22:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top