2013
07.15

形見とは

Category: 腕時計
死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品だそうだ。
gs01.jpg



じいちゃんが亡くなってからふた月ほど経つ。

遺産相続やらゆかりの品の整理やらで

私にもじいちゃんの使っていた品がいただける事となった。



じいちゃんが施設に入る前後位から付けていた腕時計。

セイコーのフラッグシップモデルのグランドセイコーだ。

買った当時からじっちゃんが「これは高いんだぞー、セイコーの良いヤツだ」

と自慢げにそれを腕にはめていたのを覚えている。


私はセイコー時計には比較的詳しいので

その時計が確かに良い物である事をしっかりと理解し

それなりにすげぇなと思ってみていた。


昔からじいちゃんは金色が大好きで

時計は大体金色の物をしていた。

グランドセイコーも時計のケースから針から文字盤からダイヤルまですべて金色のものをしていた。

本体ケースに関しては18金であった。

ガラスも、高級使用なのでサファイヤガラスで無反射コーティングされたものだ。

機械式のくせに、グランドセイコーともなると

その精度は折り紙つきで良い。


前から、じいちゃんはセイコーびいきな人で

やっぱりメイドインジャパンが好きだったみたい。

私もおんなじ理由でセイコー大好き。

あんまりじいちゃんにはそういう事はなさなかったけど。


じいちゃんが施設にはいってから何年かした時に

じいちゃんの眼鏡と時計が無くなる事件が起きた。

じいちゃんがみにつけているものは大体いいものが多くて

眼鏡も、鼈甲の高級品だった。

だから、誰かに目をつけられて取られてしまったのではと

思い、その時は家族で大騒ぎしてさがした。

施設の人もさすがにまずいとおもったのか一緒に探してくれて

時計だけはみつかったのだが

眼鏡は結局見つからずじまいだった。





じいちゃんが亡くなったという知らせは早朝5時くらいにやってきた。

その時はあまりに急で全然実感がなく

両親だけは準備に大忙しでひたすらばたばたしていた。

そして、とりあえず葬儀場と通夜の日にちが決まってから

じっちゃんの遺体が家に一旦運ばれることとなり

私も運ぶのを兄と親父とともにてつだった。


まだそのだんかいで悲しいとか寂しいとか

そういった気持ちがわいていなかったのだが

いざマンションの下で、白い布に包まれたじっちゃんを見た時

「おかえりなさい」という気持ちがわいたかと思ったら

せきをきったように涙があふれてきた。

じっちゃんを運んでる最中涙が止まらず

はなみずたらしてないていた。



私はどちらかというとそんなにじっちゃん子ではなかった。

ただ、じっちゃんからは好かれてたと思う。(なぜだか)

ただ、兄の方は小さい頃からじっちゃん子でだいぶじっちゃんの事を

尊敬もしてたみたいだった。

その兄が葬儀中も葬儀が終わってからも一粒の涙も見せていなかったのは

意外だった。

それだけショックですぐには反応できなかったということなのだろうか?と

おもったが。

じっちゃんと仲が悪かった親父ですら葬儀の終わりで皆に挨拶するときに

じっちゃんのはなしになり思わず涙してしまったというのに。




だから、じいちゃんゆかりの品とかの整理でも

結構大切そうなものは兄の方に譲られることになると思っていたし

それで当然だと私もおもっていた。

だから、このグランドセイコーが私の所に回って来たときは少しとまどった。

「いいの?」っていう感じ。


私が時計が好きでいろいろ買っているのはバレてたみたいで

そういうのもあったみたいだけど。

なんというかちょっと申し訳ない気分だ。


箱や取扱説明書など全て完璧にそろっていた。

gs02.jpg
gs03.jpg


別に調べる気はなかったかけど、買った当時の値札まででてきた。

見てびっくり…、さすがグランドセイコーの18金モデル…。

ロレックスが買えるほどのねだんであった…。

そもそもグランドセイコーは歳に見合ってないので

こんな事がなければ私の手元にはあるはずのないものである。

ある種オーパーツ的な違和感すら感じる…。



ただ、買ってもうすでに10数年経っており

機械式という事もあるので、さすがに油切れしており

オーバーホールせねばつかえぬ状況。

ただ、試しに振ってみた所少し動いたので故障ではなさそうだった。

取りあえずキレイにするかと

ベルトを外して、汚れを落とす事に。

どうしたらこんなところに汚れがたまるの?というようなところに

結構汚れがたまっており

結構面倒かったが、そこはひごろのジャンク漁りで鍛えているので

大体の汚れは落とせた。

ケースの打ち傷はグランドセイコーだし18金だしという事もあり

うかつに手を出さん方がいいなという事で

つや出しの為にすこしだけピカールで磨くにとどめた。


それでもはじめのときと比べたらみちがえるようにキレイになった。

ベルトは汗と経年劣化でばりばりになっていたから

新しいのをヨドバシでかって変えた。

最初黒だったんだけど、金ぴかに黒はちょっとキツイ感じがしたので

茶色をえらんだのだか、やはり黒にしておけば良かったと後悔…。

こんなぴっかぴかの金色の時計もったことないから

ベルト選びも大変だ。


ただオーバーホールするにしてもこのクラスの時計をやってもらうとなると

最低でも5万くらいかかるんだよね…。

しかたないんだけどね…。

秋冬くらいにはなんとかオーバーホールを済ませたいと思ったりしている。

今の時期に仕上がっても

半袖でこの時計を丸出しで歩くのはちょっといろんな意味で危険な感じがするし…。



なんとなく眠れなくなって、思い出した様に書いてしまった。

gs04.jpg


普段から中古の腕時計を何気なくネットなんかで買ったりしてるけど

そういう腕時計にも誰にも知られないエピソードのひとつひとつが眠っているのかもしれない。

なんというか今回いろいろ考えさせられた。

じっちゃんの形見、大切にして行きたいと思う。

なんだかいつもと違うテイストになってしまったが

グランドセイコーという特別な時計でこういう記事が書けるのも良かったかなと思ったりした。

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/36-ef72f318
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.07.20 13:37 | 編集
「セイコーファン 」様、コメントいつもありがとうございますw
大切にして行きたいとおもいますw

フジヤマ時計店様ですか、貴重な情報ありがとうございます!
やはりこういったものの修理やOHは一度やってみないといい店ってわからないところがありますからね。
実際に経験されて良かったという情報は非常に貴重です。是非参考にさせて頂きたいとおもいますw
ケースはキレイに見えますが右下ラグの外側に結構な打ち傷がありますw
研磨でもかなり削らないといけなくなりそうです…。
ネジマキdot 2013.07.20 14:30 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.07.21 00:57 | 編集
なるほど。それは心強いですねw
いろいろと考えて頂けるのはいいですね。
こちらの方(東京)では、時計の修理とかOHとかやる人って
どうもくせのある人が多くて、ぶっきらぼうだったり
ものすごいシステマチックだったりするんで…。
ネジマキdot 2013.07.21 09:55 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.07.21 13:26 | 編集
そうなんですよねw
天文台クロノメーターコンテストについては大体の事は知っていました。
だからこそセイコーの凄さっていうのも分かるし、すきなんですw
海外のかっこいいデザインの流行の高級時計もいいです、否定するつもりも無い。
でも、日本にはこんなすばらしい世界に誇れる時計ブランドが存在するという事を忘れてはいけないと思います。
日本人って自国のブランドをないがしろにしすぎですよね。
だからこそ、前から私が言っている様にスイス時計のようなメイドインスイス基準を真似て
メイドインジャパン基準を確立させて欲しいです。衣料品なんかにしてもそう。
それが日本というブランドを守り日本の物作りに誇りを持たせる事ができる大切な手段だとおもうのです。
まぁ、そんな事いち個人が言った所でなんともなりませんが…。

せめて、日本の腕時計メーカー、セイコー、シチズン、オリエントあたりの腕時計の
良さを自分なりにブログで伝える事が出来ればと思っています。
皆で、国産時計を盛り上げていきましょう!
ネジマキdot 2013.07.21 14:15 | 編集
形見のお話し、私も亡くなった祖父のことを思い出して、しんみりしました。
機械式時計の魅力の一つは、このように受け継いで使い続けることができることだと思います。
ただ“GSの18金モデル”は、流石に身につける人を選ぶでしょう。
しかもOHの料金だけでも、リーズナブルな腕時計が買えるくらいになりますし…(苦笑)
いつかは欲しい腕時計です!

“メイドインジャパン基準”大賛成です!!
島国の日本がこれから発展していく為にも必要なことだと思います。
いつまでも海の向こうからやってくるものばかり礼賛している場合ではない筈です。
さりとて、しがない一市民にできることは限られていますので、ささやかながら日本ブランドの腕時計を愛好し応援していくつもりです。

などと大義名分を掲げていますが、時計道楽を続ける為の単なる言い訳かもしれません(笑)
AR7dot 2015.01.10 22:07 | 編集
またのコメントありがとうございます!
受け継ぐの初めてで、18金モデルのGSは若干緊張しますねw
そうなんですよね…、OHこの間調べたら、結構高かったんですよね…。
仕方がないんですけどね…。


メイドインジャパンをもっと押し出していってほしいですね!
ほんとにそうなんですけど、買って応援するしかないんですよね…。
あとはちびちびとこういうブログを書いていくとか…。


大義名分wいいんじゃないでしょうか!
私等、そういうのまったくなしで
買ったりしてますからw(時計バカw)
これからもお互い頑張りましょう!(どっちを?w)

ほんとにいつもコメントありがとうございます!
励みになります!

また時間のある時見に来てください。
よろしくお願いします。
ネジマキdot 2015.01.11 09:41 | 編集
先日レオパールについてコメさせて頂いたともやんです。
グランドセイコー良いですね。ボクも欲しくて仕方ない1本です。

さてネジマキさんのGS、お祖父様の形見との事。
実は先日のレオパールを貰った時の事なんですが、その時ボクも祖父のセイコー(グランドではありません)の出始めの頃のクォーツも一緒に貰ったんです。
そもそも祖父が他界した3ヶ月後に、祖母と件の叔父の所へ遊びに行った時の事。
当時ボクは使用していた1000円位のデジタル時計を無くしてしまっていて、会話の中でふと祖母に『そういやオレ時計無くしたからまた買わなアカンわ』って話をしたら祖母が『じいちゃんのしてたん持ってくか?ただ叔父の了解得ないとアカン。』というので叔父が帰宅してから事の経緯を話したところ『かまへん、オマエが大事に使ってくれるんなら持っていってエエよ。』といって思い出した様に『そや、コレは自分がオマエ位の時にしてた時計や、良かったらこれも持ってくか?』といってレオパールをくれたのでした。

まあこの祖父の時計を10年以上メインで使ってた事もあってレオパールはお蔵入りとなる訳ですが( ̄▽ ̄;)
祖父のセイコークォーツは汗等で裏蓋がボロボロになってしまい電池交換の際、時計屋に『あけたらネジ部が砕けて付けられなくなく恐れがある。それでも良いか?』と言われ祖父の形見が砕けるのは嫌だったのでそのまま持って帰りました。
今は使用していませんがケースに納めて時々出して眺めてます。

毎度長文で申し訳ありませんm(__)m
ともやんdot 2016.01.17 15:21 | 編集
ともやんさん


再コメありがとうございます!

ともやんさんもおじいさんの時計をもらっていたのですね。

セイコーはやっぱりおじいさん世代には一番のとけいだったのでしょうかね。

それにしても叔父さんとってもいい人ですねw

自分の時計もあげちゃうなんてw

しかも、おじいさんの時計をメインで10年以上も使い続けるなんて

すごく、素敵ですねw

私はなんだかんだ、いろんな時計をとっかえひっかえしてしまいますw

じっちゃんの時計は大切にしていきますがw

しかし、電池交換で明けたらネジ部が砕けてつけられなくなるというのは

あまり聞いた事がないですね…。

たとえ、部品が経年劣化しても、時計自体の機能が生きているなら

なんとかなりそうな気がしますが…。

私は、古い時計ばかり修理にだしていますが、

あそこの部品が壊れてる、と言われても

じゃぁ、部品つくりますか?とか言われますけどね。

それなりに金はかかりますが…。

クォーツだと回路系がやられてるとむずかしいんでしょうけどね。

レオパールは機械式だから、部品が摩耗したり壊れたりしても

相当な状況出ない限りは修理できるとおもいますよ。

でも、やっぱりそれをするにはちゃんと定期的に

オーバーホールはした方がいいと思います。

古い時計は、防水機能が弱いので

何かのきっかけで水とか湿気とか入ると

機械がさびてしまう事もあるので。

手を洗う時も外すくらい気を使った方がいいとおもいますよw


いつも長文でありがとうございますw

人様のいろんな話を聞けるのはとても楽しいです。

これに懲りずに超長文でもかまいませんので

コメントしてやってくださいねw
ネジマキdot 2016.01.17 23:00 | 編集
私も、管理人様のお兄様と同じくおじいちゃん子で、祖父を尊敬していました。
祖父は自分が死んでも泣くなと言っていたので、泣くまいと思っていたのですが、看取った瞬間から涙腺が壊れ、葬儀中も、終わってからも、納骨するまで泣きっぱなしでした。
だから管理人様の「せきをきったように涙があふれてきた。 」でそのときのことを思い出し、また涙がこみあげてきました。

お兄様は泣かなかったそうですが、涙を我慢していたのかもしれません。もしかするとお祖父様は、泣かずに見送られることを望まれる方だったのではないかと……勝手ながら思いました。それでなくとも兄弟の一番上って、プライドもあってなかなか泣けません。(私は号泣しましたが;)

いま私の手首には、祖父の腕時計があります。
管理人様のセイコーの18金のようないいものではなく、10年くらい前にネットで買った安物です。祖父への誕生日プレゼントでした。
安物なのに、祖父は毎日つけてくれて。死ぬまで枕元に置いていてくれました。
私もこの時計を死ぬまで身につけようと決めています。

長々とした自分語り、失礼いたしました。
kdot 2019.06.25 11:38 | 編集
kさん

コメントありがとうございます!

やはり長男っていうのはそういうプライドがあるものなんですね。

私は、次男ですから好き勝手に生きていますが

兄とはいまだに分かり合えずじまいです。

生き方が違いすぎたっていうかんじですかね。

お互いに感じているとは思います。

ただ兄が泣かなかったことに対しては別に

不思議に思っただけで嫌な感情はわきませんでした。

人間本当にショックだと涙はすぐには出ないとか

聞いたりしますし。

そういう感じだったのかもしれません。

おじいちゃんの時計お互いに大事にしていきましょう!

長文全然歓迎です!素敵なお話ありがとうございます!

またよかったら読んでコメントしてくれると嬉しいです。
ネジマキdot 2019.06.25 22:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top