2014
11.03

ブローバ 〜アキュトロンとスイープ運針〜

Category: 腕時計
本当に最近、ふと腕時計でスイープ運針のものってないのかな?

と疑問を浮かべながらも、ついつい忘れて、調べていなかった。



「スイープ運針」とは良くあるクォーツ時計のように1秒ごとに秒針が動く

「ステップ運針」とは違い、滑らかに秒針が動くものの事である。

掛け時計では最近よく見かける。

スッテップ運針の様に、一秒ごとに刻む秒針だと

音が気になるという事で、スイープ運針の掛け時計は需要が出てきたのだろうと思う。

かくいう私もステップ運針の音が嫌いで、スイープ運針の掛け時計を使っている。



腕時計というと、やはり「機械式」か「クォーツ」という選択肢が

あって、単にそれは精度の違いで選んだりするんですが、

やはり、クォーツの時計で嫌なのが私的に「ステップ運針」だったりする…。

あのチッチッチ…って感じの秒針を見ると気持ちがどうしても萎えてしまうのだ…。

だってどんなに高いクォーツでも、100円均一で買うのと同じ腕時計と同じあの

チッチッチ…なわけですよ…。(そりゃそうなんですけどねw)



今日はそんな疑問をすっかり忘れて吉祥寺をプラプラしておりましたら

LOFTの1階にある時計屋で運命のようにこいつを見つけました↓

buro-akyu.jpg

ブローバの「アキュトロン」です!

とは言っても復刻版ですがw

一応名前も「アキュトロンII」となっている模様w(そんなところわざわざ変えなくてもw)



「アキュトロン」はブローバが1960年に発表した世界初の音叉式電子時計です。

音叉式とは音叉に電気を流して、その振動で調速を行い振動を

直接歯車に伝えて回転運動に変えている機構の事。

機械式の時計とは違って日差も比べ物にならないくらい高精度でした。

クォーツが出る前まではコレが世界を席巻すると思われていました。


因にクォーツは、水晶振動子で調速を行い針の回転運動はモーターになります。

1969年に出したアストロンの精度は音叉式を遥かにしのぐ日差±0.2秒以内だったとか。

セイコーのクォーツの登場により音叉時計は70年代に

息の根を止められてしまいますw(おそるべし、セイコークォーツショック!)



上であげたアキュトロンIIは当時の音叉式ではなく

復刻版では「クオーツ捩じり水晶振動式ムーブメント」となっております。

なんと一般的なクォーツに比べて6倍の精度を誇るとか。


ちなみにブローバは1875年創業のアメリカのメーカーだった訳ですが

2008年になんと日本のシチズンによって買収されてしまっております。(意外でした…)

そして、現在発売されているブローバのプレシジョニストは年差10秒という高精度の

スイープ運針クォーツな訳ですが、実はこのムーブメントはシチズンが作っているのだという。(さすがです…)



だったら、シチズンのクォーツにもスイープ運針モデル出してほしいっす!

ザ・シチズンのスイープ運針モデル出たらこりゃめちゃ買いじゃないっすか!

ってか想像しただけで涎ものです。シチズンさん出して〜!!!(心の声!)

でも、ザ・シチズンはほとんど世界一のクォーツ時計といっても過言ではないですからね…。

現在発売されてるものはカタログ表記で年差±5秒という驚愕の精度です。

実際に使ったユーザーの中には年差-1秒だったという声も聞いた事があります…(ぱねぇっす…)

これは、グランドセイコーですらかなわないほどの精度です。(グランドセイコーはカタログで年差±10秒)

やはり、スイープ運針にしてしまうと精度が下がってしまうのでしょうか…(詳しい事は分かりませんが…)

精度を落とす事はまかりならん!という感じでしょうか…。



ブローバに話を戻しますが、店頭で実際に動くアキュトロンを見て

やっぱり、スイープ運針いいわぁ〜…とつくづく思いました。

なめらかに動く秒針…、いいわぁ…。

ほんとに、ハイビートの機械式のような動きです。

因にこの2モデルが私の心を揺さぶりました↓

buro-akyu01.jpg
↑96B216
buro-akyu02.jpg
↑96B215

特に下の96B215モデルは緑が映えてとても綺麗でした。

価格は4万5千円くらいだったかと。

オンオフ問わずにつけられそうな感じがいいですね。

ベルトまで緑な感じがとってもオシャレに見えますね。

スーツにつけるとこれは目を引きますねw(それなりの覚悟はいりますがw)

今、腕時計を仕事用とかで考えてたら、私だったら奮発して買ってしまう感じですね。

でも、最近欲しい時計が多すぎてそんな余裕がないので、涎たらしながら眺めた

だけでしたが…、だれかクリスマスにプレゼントしてくれないかなぁ〜(世の中そんなに甘くないぜよ!)



そういえば、昔セイコーもスイープ運針のクォーツを出した事があったらしいのです。

でも、あんまり売れなかったらしいのです…。

なのでステップ運針で定着したという説も…。

現在ではスプリングドライブがスイープ運針ですね。

シチズンとは対照的にフラッグシップモデルに使っています。

それもこれもスプリングドライブ機構ありきなのでしょうが。



これからのクォーツはスイープ運針を流行らせていただきたいものですw

あとはスイープ運針ザ・シチズンを祈るように待ち続ける次第ですw

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/62-16e5f6ed
トラックバック
コメント
こんばんわ。
私も二子玉川で、ブローバーのスイープ運針の時計を見て
気になっておりました。最初は機械式かと思い、あまりにぬるっと動く秒針に鳥肌が立ちました。

シンプルなデザインの物もあるんですね。私が見た時計は全てゴツゴツしたデザインでした。電池の保ちが気になるところです。
こっそり堂dot 2014.11.13 00:31 | 編集
最初のから全部ブログ読ませていただきました。

凄く面白ろかったです!
目覚ましと懐中時計の文字盤制作はワクワクしながら読みました!

腕時計趣味はお金がかかるけど楽しいですね
(^^)

また腕時計買ったら見せて下さいね!
セイdot 2014.11.13 19:09 | 編集
いつもコメントありがとうございます!
こっそり堂さんもご覧になりましたかw
私も同じように最初、機械式だと思いましたw
クォーツなのにあの針の動き方はやはり魅力的ですよね。
そうですね、電池の持ちも気になります。
シチズンで出してくれればエコドライブとかと併用できるんでしょうかね?
だしてほしぃですw
ゴツゴツしたデザインのものですか?
それも気になりますね。
他にもセミスケルトンみたいな機械式のもありましたけど
やっぱりスイープ運針が気になっちゃいましたね。
もし、手に入れたら教えてくださいw
また、読みにきてくださいね!ありがとうございます。
ネジマキdot 2014.11.13 23:41 | 編集
コメントありがとうございます!
仕事帰りに駅のホームでスマホ片手にコメント読ませていただき
思わず涙が出そうになるくらい嬉しいコメントでしたv-409w
全部読みましたってコメントは初めて頂きました!w
確かにお金のかかる趣味ですよねw
上を見たらキリがないですしね…。
かくいう私も、欲しい時計がつぎから次へと出てきて
頭の中でいつも妙な計算をくりかえしていますw
しかし、安い時計でもじっくりいろいろ見ていると素敵な時計もたくさんありますよ。
昔の時計とかもそうですけど、そういうのを探していると私としては
とても楽しいですし、お宝探しみたいな感覚です。
そういった作業の中で少しでも面白い記事が書ければいいと思っています。
そして、時計好きの人とほんのひととき一瞬でも気持ちが共有できたら
とても嬉しいです。
だからセイさんが全部読んでくれてとても嬉しいです。
これからも頑張って書き続けていこうと思いますのでどうぞよろしくおねがいします!
また是非読みにきてください。そして面白かったらコメントまたいただけるとうれしいです!
ありがとうございます。
ネジマキdot 2014.11.13 23:52 | 編集
こんにちは。
以前に角目の動画でコメントさせていただいたものです。
6138で検索したらHITしたんでまたお邪魔させていただきました。

キイロビンの研磨は目から鱗でした。
(私は昭和の車を所有していてガラスを磨くこともあるんですが風防に使用するのは全然思いつきませんでした笑)

音叉はバッテリーの問題がネックで維持が大変ですね。
私もいくつか持ってますが、もう10年以上放置状態です。
抵抗を替えようと途中まで分解して放置状態になった仮死状態のスペースビューも・・笑

気兼ねなく使えるスイープセコンドの時計ならスプリングドライブはとてもいいですよ。
以前にGSのSBGA003を所有していましたが、仕上げレベルはスイス製の倍の価格帯の時計と同格だと思いました。
(今は友達の腕で現役稼働中です。)

私も新旧、安高色んな時計が好きなので、ブログ楽しみにしてます。
またコレクションも色々見てみたいです。

更新楽しみにしています。


アストロンdot 2015.02.02 21:29 | 編集
アストロンさん
こんにちわ!
コメントありがとうございます!
こんなつたないブログの記事を読んでくださって
ありがとうございます!

キイロビンは、私も他のネットのページで
見て知ったんですw
プラ風防の傷取りをしていた時に
ガラスの風防もなんとかしたいなぁ…
と思って色々調べていたら
たどり着きましたw
結構時間がかかりますが、ちゃんと傷は消えます。
あんまり傷の多いガラス風防でやると、隅が丸くなって
きてしまうことがあるので、使うときは
部分的に傷のついた物にした方が良いような気がします。
全体的にやると時間も手間もかかりますし、
交換した方がいいと思いますw

音叉は気になりますが、所持した事はありません…w
バッテリーを喰うんでしょうか。
スイープはやっぱりスプリングドライブですかw
グランドセイコーはやっぱり仕上げがいいんですね。
一度は手にしてみたいスプリングドライブです!
友達にお譲りになられたのでしょうか?(すごいですね!)

なかなか忙しくて更新も遅いですが、頑張って続けて行きたいと思いますので
ふと思い出したときに見に来て頂けると嬉しいです!
というか、こうして時計好きの方とコメントでやり取りできるのが
本当に嬉しいです。励みになります!(営業マンみたいw)

コレクションなんていうたいした物はありませんが
何かしら手に入れたらまた、アップしたいと思います!
本当にコメントありがとうございます!
またコメントおまちしていますね!
ネジマキdot 2015.02.03 00:35 | 編集
昔の機械式時計は精度は悲惨なものでした。
親父のキングセイコーでさえ日差10秒でしたから。(裏蓋開けなくても歩度調整できるネジがありました。調整してコレ。)
私の最初の時計『セイコー ロードマチック スペシャル』24石 ハイビート(76年当時、22,000円)でさえ日差30秒。
兄弟のシチズン コスモトロンだと日差10秒。
隔世の感がしました。

85年頃、リクォーツ(御存知かと思いますが、リコーが出した価格破壊クォーツ。)の歩度調整を1ヶ月ほどかけてジャスピンにしたことあります。
それはそれは素晴らしい精度で月差ブラマイ5秒。(今月、+5秒。次の月は-5秒と。)
このまま年差時計になるんじゃないかと・・・

しかし、世の中そう甘くはありません。
3ヶ月ほど経った頃からでしょうか狂い出して精度がハチャメチャになりました。
安もんの精度には限界がある。と、しみじみ思い知らされました。

カシオのデジタルウォッチもやってみました。
これはカンタンで月差5秒に。
年差60秒ですよ。
2,000円の時計が。

先日、カシオのデシアナを買いました。
AQ-230GA-9DMQYJF
今どき金ピカのオヤジ趣味丸出しです。
しかし、これがいいんですよね。
すごく使いやすいし、落ち着きます。
コレ、国内販売が終わってから人気出たのか、逆輸入版がネット価格4,000円。
行きつけのホムセンで1,980円(税込)で買えました。
わいdot 2015.03.07 00:27 | 編集
わいさん

コメントありがとうございます!!

わいはとても時計に詳しいのですね…。

もしかしてというかやっぱりそういう事をなさっている方なのでしょうか…。

私ほんとうに申し訳ないのですが、機械に関しては素人でございまして…。

精度に関してもほとんどこだわる事が少ない始末…。

わいさんのように自分でいろいろとできないのが悔しいです…w


リクォーツ…知りませんでした…w(本当にどうしようもないですね)

リコーが時計を出してた事は知っていましたし、時々

いいのないかな〜なんて探したりもしましたが、機械式ばかり見てましたw

ジャスピン…というのは?(ほんとうにごめんなさい無知です!)

精度を上げるという意味でしょうか?


カシオの話なんかもどういう風にやるのだろう?と言う感じですが

すごいですね!(この一言しか言えませんw)

AQ-230GA-9DMQYJFいいですね!

なんかいろんな時計をするといろんな腕時計をしたくなって

こういうのもアリだな!って手をだしちゃいますよね!

オヤジ趣味丸出しでもいいんじゃないでしょうか!

やっぱり時計は好きな物をつけるべきだと思います!w

案外若い子でもつけると、なんかこういうの似合ったりするもんですけどねw

1,980円とはわいさんは本当に買い物上手ですね。


いろいろと勉強させていただきありがとうございます!

これからもどうぞよろしくお願い致します!

間違っている事等、遠慮なく突っ込んでいただければとw(優しげにw)

また是非コメントお待ちしています!
ネジマキdot 2015.03.07 21:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top