2015
01.03

形見とは…2

Category: 腕時計
死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品だそうだ…。

あれ?

前にもこんな記事をかきましたねw



そうです。

以前、母方のじいちゃんが無くなったときにグランドセイコーを

私が、頂いたという話をした事がありましたね。

☆こちらの記事です

今度は、父方のじいちゃんから譲ってもらった時計について書きたいと思います。



ちょうど一昨年、母方のじいちゃんと時を同じくし、無くなった、父方のじいちゃん。

母方のじいちゃんは良く家に来たりしていたし、夏に家に遊びに行ったりと

関わりが深かったのに対して、父方のじいちゃんは家がかなり遠い事もあり

私が覚えている限りで、こちらから会いに行ったのはほんの2回くらいで

そんなにちゃんと話をした事覚えもない。



しかしながら、とても明るく元気なイメージで

例えるならば(私の年代から上なら知っているかもしれないが)

キョンシーの金おじいさんみたいな感じの人だった。

小学生くらいの私を早朝連れ出して、自転車の後ろにのっけて

近所の夏休みで使われていない高校?のテニスコートに忍び込み

テニスを教授してもらったのを今でも良く覚えている。



じいちゃんの家は味噌かなんかを作っていた家で

独特の匂いがした。

それと飼っていたのか野良か分からないが

猫がそこかしこにいたのを覚えている。



家の中には、秘密の倉庫的な物があって

子供ながらに何か大切なものがたくさん

しまってあるのだろうと思っていた。

後で聞いた所、やはりじいちゃんは収集癖があったようで

様々な骨董品を集めては所蔵していたのだそうだ。

うちの親父もたまにそこからカメラなんかを頂いていた様子。



じいちゃんが亡くなってから、法事などで両親が

家に訪れた際に「何か欲しいのあったらもってっていいよ」とおばぁちゃんが

言ってくれたらしく、親父がいろいろと抱えて持って帰ってきた。

前置きが長くなりましたが、今回私が譲り受けた時計はその時のものです。



pate01.jpg

時計好きの方ならこの写真で

なんとなくわかるのでは無いでしょうか?




去年の年末、私の部屋にノックの音が。

母だった。

なんでも親父がじいちゃんからもらった時計を

整理しているとのこと。

欲しい物があったらくれるとの事。

なぁ〜にぃ〜!?

いるいるいるいる!!

とダッシュで親父の元へ馳せ参じる私w


親父の所に行くと

「お前まだ、腕時計あつめてるのか?」と一言。

「あ、うん」とわたし。

別に集めてるわけじゃ無いけどね…。

なんか小学生が妖怪ウォッチのメダル集めてるように

いわれても…w



親父はテーブルに腕時計を並べて楽しそうに整理していた。

「お前、腕時計には詳しいのか?」と聴かれて

「まぁ、そんなには詳しくないけど」といいつつも(多分親父よりは詳しいだろうがね)と心の

中でつぶやくw

なぜ私がそんなふうにおとなしくしていたかというと

少しでも良い時計を発見し頂こうと考えていたからに他ならないw(卑しい人間ですw)


しかしながら親父もそこまでバカじゃない。

高い時計には目を付けて既に自分の物としていた。

ブランド名は控えるが、マジかよ…、という感じの物が数点。

多分、速攻で売っぱらって車でも買うんだろうなぁ…といった感じ。



その他は、私用に用意されたとおぼしき古い時計がいくつか並べられ

「コレ、好きなのあったらやるぞ。これはパテックみたいだな」とかいいだした。

そのとき私の耳がビクン!!となった。

パパパパパ、テック〜!!!だとぉ〜!!

心の中で叫びながらも、平静を装い、まるで何も知らないかのごとく

へぇ〜とかつぶやきながらもパテックフィリップの時計を手に取る。

風防が少し傷つき、ケースも汚れてはいるが、目立った外傷はなく

掃除すれば全然、綺麗になりそうな感じの物だった。

綺麗にしてみました↓

pate02.jpg

文字盤の周囲が若干焼けていますが、私的には味で非常に綺麗に見える。

パテックフィリップなんて高級時計の部類だから

普段、縁がなさ過ぎて、あんまり気にした事もなかったので、初めて手に取った時

コレがどういう時計か全然分からなかった。(ノーチラスくらいしか知らなかったしw)

取りあえず手巻きだ、くらいですw

1950年代の時計でカラトラバというモデルのようですね。

文字盤はノンデイトですっきり、文字もパテックフィリップとジュネーブのみ。

なんかすっきりし過ぎじゃない?って最初思いましたw

ベルトは社外のベルトがついており後で付け替えましたので

残念ながらオリジナル尾錠はありませんでした。

じいちゃんがどういう経緯で購入したのか分からないし

OH歴も不明…。箱や保証書の類いも一切無し。

しかしながら、パテックというだけで神のようにあがめたてまつる私w



ちょっと気になったので調べてみたんですが、パテックはどんな古い時計でも

自社製のものは修理に出せばどんな時計でも直してくれるそうな。

ダイヤルとかも交換してくれるらしい。

しかしながら、あまりに古い物は替えがないので無理なのだが

それでも独自の方法でリダン的な事をしてくれるらしい。

ただ、OHと含めそれらをやろうとすると

軽く20〜30万円ほど取られるそうだがw

すごい話ですよねw



だって、尾錠がオリジナルの無いからヤフーでないかな〜って探したら

ありましたけど、尾錠ですよ!?

あの金属のかけらみたいなものが

パテックってだけで5〜6万円でやりとりされてますからねw

どういう事だと。まぁ、そういうブランドなのだと納得するしかありませんね…。

一生物の時計という言葉にふさわしいほどのブランド価値ではありますね。


腕につけてみました

pate03.jpg

気品がありますね。古い時計を日頃弄んでいる私としては、

やはり腕につけた時の存在感の違いに驚きます。

やはり、違う!!(ほんとかよ!?w)

しかしながら、現在の私の腕につけるには私自身が時計負けしすぎている…。

まさにオーパーツであります!



竜頭を巻いて様子を見ましたがたいした遅れも無く時を刻んでいましたね。

pate04.jpg

ケースの出来がすばらしいですね。

滑らかな曲線美。

私曰く、「食べたくなる時計」の類いですねw




何にも知らないふりして「この時計いいね〜」なんて言って

親父からもらってきましたw

やったー!って、ほんとにこういうの好きで

金貯めて買った人は「ふざけんなよ!」って思うんでしょうね…。(申し訳ありません…)



その他に、なんといいますか親父がジャンクの時計を扱うようにして

ゴロゴロさせていた時計も気になっていくつかもらってきました。

後でみたら全部有名メーカーでした。

じいちゃん…、好き者だったんだね…。(さすが!)


そのうちの1本↓

inta-01.jpg

IWC、通称インターですね。

私、インターの存在は知っていたのですが手にしたのは初めてです。

これもずいぶん古いもののようですね。

1960年代のものと思われます。

シャフハウゼンと社名の下に書いてあります。

コチラは自動巻ですね。

親父からもらった時は、風防傷らだらけ、ケースも汚れだらけ

まさにジャンクの様相を呈していた訳ですが

ケースの汚れを落とし風防を磨き傷を取ったら

いい感じのヴィンテージ時計になりました↓

inta-02.jpg

使っていなかったオレンジのベルトを取りあえずつけてみた(やっぱり黒の方がいいですね多分w)

文字盤は今までで一番やられてますが、コレですらも味と思える最近の私。(成長?)

飽きたら、リダンしてみるのもいいかもしれないですけどね。(何気にリダンてしたことない)



IWCも基本パテックと同じように、自社の時計であれば古い物でもOHしてくれるのだそうだ。

しかし前述したとおり、こちらもお高い。

なので、やるとしても日本の職人さんに任せる事になるでしょうw

でも、いい雰囲気の時計ですよ。お気に入りになりました。

ここまでヤラれてると、気兼ねなくガシガシ使って行けそうですし。

ベルト今度変えますかねw



年末の忙しい時期の話だったので

びっくりしたり嬉しかったりでしたw

しかし、こんな良い時計を果たして私が持っていていいのかと思ったりもしてます(売ったりはしませんよ?w)

取りあえずは綺麗に磨いてから、そっと奥にしまっておきました。

機会があったらちゃんと動いていることですし、つけて出かけたいと思います。

時計ですからね。使わない事にははじまりません。

じいちゃん、ありがとう大切に使うからね。


しかしながら、グランドセイコーの方は未だOHできておらずそちらはそちらで気がかり…。

あぁ…、機械式時計持ちの苦悩…。

だけど…

やめられません!!

ここで思い出しかかのように一言

やっぱり腕時計っていいよね!


新年一発目のいいよねいただきました〜!

今年も、できるだけ多く良い記事を書いて行けるよう

精進致します。コメントいただいたり、見ていただいている方々の

おかげで少しずつではありますが、アクセス数も増えてきました。

ありがとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!!

トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/64-2b5f9a44
トラックバック
コメント
つい2か月前位に来来キョンシーズのDVD借りて観ました。
小学生の時観てたから懐かしかった~w

金おじいさんみたいなおじいさんなら、優しかったんでしょうね!
おじいさんの思い出と一緒にまた宝物がふえましたね(^-^)
セイdot 2015.01.05 21:45 | 編集
セイさん

明けましておめでとうございます!

来来キョンシーズですかwいいですねw

キョンシーが日本でブームになっていた時は、テンテンがギャラで子供ながらに

「金の延べ棒もらっった」なんてインタビューに答えていたのを覚えているのですが

あれは、本当だったんでしょうかね?W(私の記憶ちがいかな?)

おじいちゃんはやさしい人でしたよ。いつも笑顔だった印象です。

そうですね。お宝ですw

大切にして行きたいと思います!

いつもコメントありがとうございます。

また、良かったら読んで、コメント頂けると嬉しいですw

ネジマキdot 2015.01.05 21:55 | 編集
ご無沙汰しております。

本年もよろしくお願い申し上げます。

これは、魂の宿った本当の宝物ですね!。
単なるパテックが叶わない価値があると思います。
OLDインターも・・・。

大切になさってください。(^_^)
セイコーファンdot 2015.01.09 23:12 | 編集
はじめて書きます。

ぼくも古い機械式時計が好きです。
といっても範囲が広すぎるので、国産各ブランドの初期の自動巻に絞っています。

時計を拝見しましたが、良いですね。大切にしてください。
そして、オーバーホールも忘れないでください。
お祖父さん保有だったということなので、いますぐにでもオーバーホールに出したいところですね。

機械式時計はメンテや維持費にお金がかかりますねー(涙)。
全然手がかからない時計がある一方で、困ったヤツもいます。
紺先輩dot 2015.02.03 15:20 | 編集
紺先輩さん

コメントありがとうございます!
国産初期の自動巻ですかwいいですねw

なんだか良い時計ばかりもらってしまって…
オーバーホール…しなければ…w
そうなんですよね…。
いますぐにでも出したい気持ちなんですけどね…w
ブランドがブランドなだけに躊躇がありますw

いずれ、余裕のあるときに…w
あぁ…苦悩です。

最近いろんな方がコメントしてくださって本当に嬉しいです。
良かったらまた読みにきてくださいね。
更新は遅いですけど…、頑張ります!
応援よろしくお願いします!w
ネジマキdot 2015.02.04 01:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top