2016
03.21

シチズン 7400再び 自分自身への復讐

Category: 未分類
私がちょうど学生の頃

その頃はそんなに腕時計というものに対して

興味があった訳ではなかったのですが

ある時計を見て、私のセンスにピンと来たのでしょう。

「これカッコいいっ!!」

と興奮したのを覚えています。



当時はまだ、PCでネットが一家に一台になるかどうか

くらいで、オークションで取引なんてことは

私の頭にはまるでありませんでした。

それでもうちの父はあたらしいもの好きで

PCもあり、ネットもダイヤルアップなるもので繋がっていました。


私は早速ネットで調べて

その時計がシチズンの7400という電波時計である事をつきとめた。


数年前にこのブログを始めて少しのころに

この時計の事を書いた事があるのですが、

その頃はもう既にこの時計を一度手に入れてから売ってしまった

後の事でした。

参考に↓
シチズン 電波初号機


初めてこの時計を目にしてから、

「いつか買ってやる!」と思いながら

日々をすごし、何となく金が貯まった頃に

ふと思い出して、ネットで検索していたらちょうど

出品している人がいて、シェルマンからのデッドストックで

「コレクションとして持っていたが手放す事にした」という人に

質問欄から、即決でくらか?と不躾にも質問した所

丁寧に答えてくれて、105,000円でいいですと言われた。

定価プラス消費税との事。当時は5%だったので。

まさかの価格に、驚き「いいんですか?」と返した所

「僕はコレクターだから元がとれればいいんです」とおっしゃっていました。

私はその言葉を聞いてなんてジェントルマンなんだろうとおもいました。


その後、無事に交渉は終わり、商品を受け取りました。

本当に、新品同様で、ぴっかぴかでした。

元箱もオリジナルで付属品全部そろっていました。

なので、結局傷を付けるのが恐くてw

ほとんど使用しないままでしたw


手に入れてから数年で手放してしまいましたw




何と言うんでしょうか。

私は、自分自身への「復讐」と言っていますが

自分自身の中にああしたいこうしたいという自分がいて

それを理性とか運命とか状況とかが許さないと

その許さない自分を根に持つ感じがあってw

後で絶対に、復讐してやる!とおもうんですw(物騒なものいいですがw)

あくまで自分自身にw


ご褒美ではなく復讐w

そう、だからこの時計を手放した時も

それなりの理由があってw


まぁ、でも一度手に入れているので

そこまで、絶対にほしい!って言う感じでは無かったのですが

なんでしょうね、オークションとかで検索かけている時も

何となく頭の片隅にはあって

時々検索かけたりするんですが、まぁ国内のサイトではほとんど

ヒットしませんね。

なんで○bayなんかで時々検索をかけていました。

○bayは時々ヒットしました。

ただ、状態がいいとは言えない物が多くて

スルーしていました。



前置きが長くなりましたが

ついに再びゲットしました!

c7400-01.jpg

ドイツからの輸送でフランスを経由して参りました。

フランス経由と聞いて大丈夫か…?と思いましたが

なんとか無事にとどきましたよ!w


状態はすこぶる良く、風防の上の方に若干の傷が1カ所あるのみ。

値段も格安でした。

久しぶりに手に取り感無量でした。


前に腕にした時は何となく小振りに感じた物ですが、

再び腕にした時はちょうどいいサイズだと感じました。

受信のボタンをJPNに合わせると

日本時間に変更され、動作も快調です。


c7400-02.jpg

この盛り上がった風防はやはりぶつけやすいようで

オークションなどでみかけても大体が傷だらけです。

しかも、悪い事にアンテナ部をくりぬいてある

特殊風防なのでかえが効かないのです。

ですから、これも一カ所ですが傷がついていました。

なので逆を言うと前みたいにあんまり気を使わずに使えるとw


最近はよく着けてでかけています。

再び手に入れた時はなんか変なテンションだったんでしょうかw

マクドナルドにてiPhoneカメラで撮影していましたw

c7400-03.jpg

なんでしょうこの不思議なコラボw

全く関係ありませんw

私も、私のセンスに戸惑っていますw



c7400-04.jpg


ベルトは2種類あるのでしょうか?

前に買った時は、ベルトが真ん中で外せるタイプだったんですが

これは所謂折りたたみ式?と言った感じのものでした。

でも、ちゃんとオリジナルっぽいし

シチズンのロゴもありました。

ただ、こっちの折りたたみ式のほうが落っことさなそうで

わたしは好きです。



余談ですが、ドイツからということで、説明書のコピー的な物が入っていたのですが

読めずに、断念しシチズンのサイトに言って説明書を検索したのですがなく

ダメ元で、PDFをもらえたりしませんか?とシチズンの質問欄から

メールを送って見た。

多分古い機種なので無理だろうなと思いながら。


すると担当者がきちんとメールを送り返してきてくれて

なんとPDFを送ってくれたw

しかも、慌てて、コピーとりました!みたいな

画像データでしたw

なんかいい人だなとw

「ありがとうございます。大切に使わせていただきます」とお礼のメールを

しておきました。なんかこういうやりとり好きだな。


そういえばこの時計実は3種類くらい確かあるんですよね。

全部金色のやつとシルバーの私のもっているやつと

金とシルバーのコンビのやつ。

コンビのヤツは確か一番少なくて日本で300本くらいだっけ

しか発売されなかったとか。

本当はこのコンビのが私も欲しかったんですが

なかなか出ない上に出ても高いんですよね。

またいつか復讐と銘打ってw

かってしまうのでしょうかw

iPhoneで動画を撮ってみましたw良かったらw↓

シチズン 7400 動画


その前に、この時計一度メーカーにOHに出した方がいいき気がするんだよなぁ。

いろいろなOHをまっている時計が山ほど…。

がんばろっとw




今月、仕事から帰ってタバコを吸いながら

夜の国道を眺めていると

あぁ、明日は…。と思った時がありました。

その次の日は仕事が忙しく、いろいろとあったので

一人で会社の近くの酒場に顔を出して飲んでいたら

上のほうにある液晶テレビで東日本大震災の特集がやっていた。

こんな日に酒場で飲んでいて申し訳ないなぁと思いながらも

私は飲みながらその特集をじっと見ていました。

TVの中では、未だに遺体が見つかっていないという

旦那さんをまっている一人の老女が映っていて

その老女はいまだにその旦那さんの事を待っていて

毎日そのいない旦那さんに向けてラブレターを書いては

壁にはりつけているといった映像が流れていた。

涙が出そうになった。

今、自分に一体何が出来るんだろうと

情けなくなりました。

多分それは、少しでも日本を良くする為に

景気を良くする為に、働いて金を稼いで

いろんな所でそのお金を消費して行く事だけかもしれない。

つまり、自分が一生懸命生きること

それしかできないと思った。

もちろん、積極的に現地の人に何かをするっていうのも

あるかもしれないし、出来る人はそれもすればいい。

いろんな人にいろんな意見があると思う。

でも私は、皆が頑張っていればいつかよくなるよ、と思う。

傷は消えないかもしれないし、無くなったものは帰ってこない

でも、その分周りががんばらなくちゃ。

自分もがんばらなくちゃ。

いけないと思った。


東日本大震災で亡くなられた方に心よりご冥福をお祈りするとともに

被害に遭われた方にこれからのご多幸を祈念いたします。

遅れましてもうしわけありません。



トラックバックURL
http://nejimaki24.blog.fc2.com/tb.php/84-341fd1d8
トラックバック
コメント
CITIZENの初代電波時計いいですねぇ。
現役当時はお世辞にも格好いいなんて思わなかったんですが、いま見るとなんとも言えないあじがありますね!
クォーツファンとして俄然欲しくなりました。

震災の件、心痛みます。
私は3年前に自宅のある姫路から車で福島県まで行きました。たかだか一泊した程度ですからお金を使うと言っても知れてますが気持ちとして行かなければと感じたので行きました。

今年、もう一度行こうと考えています。

また遊びに来ますね。
たかdot 2016.03.23 12:41 | 編集
ネットなんかで見た事はありますが現物は無いですね。
如何にも『電波』って感じです。

なんかキカイダーとか昔のロボットアニメの計器みたいな雰囲気を感じます。
なんと言うか針とかダイヤルはアナログなんやけどデジタルチックと言うか。
ある意味コレもレトロモダンなんでしょう。

しかしネジマキさん面白いわ、やっぱりセンス良いですよ。
ともやんdot 2016.03.24 12:04 | 編集
時間は二の次みたいな時計ですがファーストは技術者の思いが込められている感が強く一度手にしたら手離せない魅力がありますよね、戦中に作られた時計や技術の変換期に作られた物はどこか美しく大好きになります。
強風dot 2016.03.27 07:18 | 編集
たかさん


昔から私は何となくメカニカルなデザインって好きで

今では、スチームパンク的な感じと言うんでしょうか。

むき出しのコイルとか計器的なメーター配置とかが

私のハートに突き刺さりましたねw

私的解釈だと、理科の実験室的な格好よさですかねw

理科の実験室ってなんか変な標本とか置いてあったり

独特なニオイがしたりして違う世界な感じがするじゃないですか(私だけ?W)

そういう感じですw

これをそのまま、フラスコとかビーカーとかと一緒に並べても

絵になるんじゃないかとw

なんならそこで私が白衣を来て

カップヌードル作る為にアルコールランプ使ってビーカーでお湯を

湧かすとかしながら腕にはめていたい感じですw(もはや意味不明)

福島私もいつかいかなきゃと思っています。

機会があれば、私も。

また遊びにきてください!
ネジマキdot 2016.03.27 22:44 | 編集
ともやんさん


いつもありがとうございます!w

キカイダーですかw似ていますかね?w

キカイダーだと私的にブローバ アキュトロンなんですよねw

でも、たしかに言われてみればロボットっぽいかも…。

レトロモダン。

そうですね。

なんだかんだで、これも20年以上前のものになってしまいましたからね。

こじゃれた、アンティークな喫茶店の

木棚の所に何故か古いカメラとかと一緒にポンと置かれていたら

ん?ってなるかも知れませんねw

それを眺めながら、苦いコーヒを細めでそそる私、とかw

いいかもしれませんw

センスがいい!!?

またまたーw

嫌味でしかいわれませんよw

でも私自身はセンスが良いと胸を張っておもっていますがw

ともやんさんとは合うようでよかったです!w
ネジマキdot 2016.03.27 22:51 | 編集
強風さん

やっぱり、「初めての電波時計」という気概というのが

あったんでしょうかね。

腕時計というものの美しさと

科学的な美しさを感じます。

今では普通にある電波時計ですが

こういうものがどだいにあったのだと感じると

着けていてもうれしくなりますねw
ネジマキdot 2016.03.27 22:55 | 編集
こんにちは。

「国産時計博物館」を読んでいた頃の私は、「初めての電波時計」
に興味はありましたが、結局手に入れる方へは向かいませんでした。(まことに残念ギリ 笑 )
今思うとドナーとしても、買っておくべきでした。
mura2683dot 2016.08.16 17:18 | 編集
mura2683さん

7400にはまだ続きがありまして、

近日中にまた記事を書く事になるとおもいます…。
ネジマキdot 2016.09.04 23:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top